[旅]和歌山ダイビング(2017年8月) その6(3日目)

今年は、仕事の都合で長期の休みが取れないので、自家用車で行ける範囲でダイビング、ということで、8月14日~16日の2泊3日のスケジュールで串本で潜ってきました。

楽しい時間はあっという間に過ぎていくもの。家に帰る日です。
普段、4時半に起きる生活をしているので、朝食7時なんて全然よゆーとか思ったいたのに、起きたら時間ぎりぎりでした(爆)

朝ご飯です。場所は昨日の晩ご飯と同様、老松で。
P8162286
真ん中の空間には、干物、出汁巻き卵、お味噌汁など、温かい料理がすぐさま配膳されました。

P8162287
干物はカマスでした。他のテーブルを見ると、昨日の海老で出汁を取ったお味噌汁でしたが(お椀から海老が頭を出していました(笑))、私たちは白身魚のお味噌汁でした。家人に合わせた配慮が嬉しかったです。

P8162292
途中のスーパーで、自宅用のお土産(地元の調味料など)を調達。
三重、和歌山と言えば大内山牛乳
さらっとしていて飲みやすかったです。
牛乳は季節によっても味が変わるので、寒い時期に飲むと、また違った感想が出るかも。
ちなみに、普段は牛乳を飲みません。旅行の時のお楽しみです。普段は豆乳・アーモンドミルク派。

P8162294
紀宝町の道の駅「ウミガメ公園」で会社用のお土産を購入
敷地内には、無料のウミガメ展示施設もあります。見に行きましょう。

P8162295
ウミガメの剥製

P8162296
生きてるのもいるよ!

P8162301
「ウミガメ公園」から、ほんのしばらく行くと、別の道の駅「パーク七里御浜」があります。こちらのほうが、昔からあるっぽいです。

P8162302
国道42号線を挟んだ向こうは、太平洋!

P8162305
陸橋を渡って、海辺に寄ってみましょう。

P8162303
水切りに具合が良さそうな、丸くって平たい小石の転がる礫浜です。

ハマゴウ
ハマゴウ

そんなこんなで、5時間くらいかけて(途中で、寄り道してるから)自宅へ帰ってきました。
海も楽しく、ご飯も美味しく大満足の旅でした。

お次は、みんな大好きお金の話。旅行にかかった費用のまとめです。こちらから☆

[旅]和歌山ダイビング(2017年8月) その5(2日目後編)

今年は、仕事の都合で長期の休みが取れないので、自家用車で行ける範囲でダイビング、ということで、8月14日~16日の2泊3日のスケジュールで串本で潜ってきました。

串本ダイビングセンターを後にし、途中、少し観光しつつ本日の宿・万清楼に向かいます。

DSでお勧めしてもらった水門まつりでお昼ご飯
P8152243
キハダマグロ切り落とし丼定食
いろんな部位が入っていてお得感満載でした。美味しかったあ!

P8152246
家人が食べた、マグロカツ定食
カツがさくさくでした。パンにはさんでも旨そうです。

P8152247
鯛餃子
たれが梅風味で絶品!

P8152249
捕鯨船の内部が見たくて来てみたものの、捕鯨資料館は、くじら博物館に吸収合併されたっぽく、船を外側から見学することしかできませんでした。むう、残念。
内部公開すると、面倒な人たちが面倒を起こしかねない杞憂があるのかも知れません。

展示されている調査捕鯨船は共同船舶の第一京丸
丸にSは共同船舶のファンネルマークです。
ファンネルマークってのは、大きい船の煙突に描かれている識別マークです。このマークを見れば、どこの船かが一目瞭然です。

P8152251
お花のような5枚スクリュー
推進力がありそうです。奇数スクリューだと、強度的な問題もクリアできますね(適当)

P8152252
船首を見上げたところ。カッコイイ!!

P8152253
上を見たら、下も見てみましょう。マンホールの蓋のデザインが鯨!

P8152256
風車も鯨。ラブリー!
太地町にとって、鯨と暮らしは切り離せないものなのですね。益々もって、よその人にいちゃもんつけられたくないですわー。

万清楼に到着。駐車場は、宿の隣にありました。
P8152257
昨日とはうって変って、広い部屋です(笑)

P8152263
お茶菓子は3種。甘、鹹、酸と揃っていました。こういうのって、嬉しいですよねー。

P8152264
部屋のクロゼットには、大きさ別に浴衣が3枚、足袋、フェイスタオル、外湯用ポーチ(ホテル浦島の温泉に入浴できる)が用意してありました。

P8152259
お茶セットとコーヒー、ポット、冷蔵庫

P8152260
洗面所

P8152262
アメニティは、歯ブラシ、剃刀、ヘアブラシ、ヘアキャップでした。

P8152261
洗面所の奥は、部屋風呂
滞在中、洗濯物干場と化していました(笑)

P8152268
晩ご飯の前にお風呂へ。

P8152266
脱衣所には宿泊者向けに、フェイスタオルとバスタオルが準備してありました。
うっかり手ぶらでお風呂に来ても大丈夫。

P8152267
含硫黄ナトリウムカルシウム塩化物温泉の源泉かけ流しです。
硫黄泉ですが、刺激が少なく湯上りはさっぱりしていました。

晩ご飯は、食事処・老松で。
P8152269
食前酒は梅酒
手前の先付は、わさび漬け、鱧南蛮漬け、烏賊金山寺味噌和え、鮪玉子〆
枝豆豆腐、鮪治部煮
その上がお刺身。勝浦産の鮪と子持ちこんにゃく。その隣にサラダ
さらにその上に伊勢海老寿司。家人は海老アレルギーなので、鮪のお寿司でした。
伊勢海老寿司の右手が鮑陶板焼き。バターとレモン添え
刺身、サラダの左手にあるのが、鮪石焼き(お刺身と同じ鮪だそうです)
もう、これだけでお腹いっぱいのボリュームでした。どれも美味しすぎ!

P8152270
道明寺むし 鯛入りそばの実
むっちりとしていて、しみじみ美味しかったです。

P8152272
陶板焼きの鮑
めっちゃ柔かかった…!バター不要のジューシーさでした。

P8152273
里芋の湯葉揚げ。下にとうもろこしのソースが敷いてありました。

P8152274
梅雑炊

P8152275
デザートは杏仁豆腐

ホテル前の岸から船で、ホテル浦島へお風呂に入りに行きますよ。
P8152276
結構遅い時間にも関わらず、次々と乗客が乗り込んできました。
この写真では、まだ余裕がありますが、出航するころには、客席がほぼ埋まっていました。

P8152278
5分強でホテル浦島に到着。すごく立派で、不夜城のよう…!

P8152280
忘帰洞の入り口
(温泉内部の様子は、公式サイトへのリンクからご覧ください)
打ち寄せる波の音がダイナミックでした。裸で海を感じるなんて、なかなかできない経験です(水着一枚、あるとないでは大違い!)ひとしきり感動しました。

暗かったこともあって、私は全く気づきませんでしたが、虫が苦手な家人曰く「フナムシがいっぱいいて怖かった…」とのことです。虫が苦手な方は、海から離れた湯船に入るとかしたほうが良いかもです。
ただし、露天の解放感も半減ですが(苦笑)

P8152282
同じく洞窟温泉。こちらは玄武洞
忘帰洞より、若干小さめですが、こちらのほうが野趣溢れるお風呂でした。
ところで、玄武洞と聞くと兵庫の名勝地を思い出します。びっしり並んだ柱状節理が見ものです(2014年5月の旅行では、心太と表現していました)
泉質は、万清楼と同じような刺激の少ない硫黄泉でした。
あ、でもお風呂から上がるときに、掛け湯してるせいもあるかも…。

P8152285
解放感満点のお風呂と広すぎるホテル館内を満喫したら、船に乗って宿に戻ります。

部屋に戻り、ふっかふかの布団で適当なストレッチをしつつ寝落ち。最高の瞬間です。

その6(3日目前編)に続きます。こちらから☆
posted by サク at 14:40Comment(0)

[旅]和歌山ダイビング(2017年8月) その4(2日目中編)

今年は、仕事の都合で長期の休みが取れないので、自家用車で行ける範囲でダイビング、ということで、8月14日~16日の2泊3日のスケジュールで串本で潜ってきました。

宿から串本までは車で40分くらいの距離です。
DSに到着したら、すでに他のゲストの方たちはスタンバイ。すみません(汗)
P8152189
前日同様に器材をセッティングして、ウェットを着ていざ出航。
天気は曇り時々雨。日焼けしなくて良いです。

本日のガイドは、やまぴーさんです。
P8152196
1本目は、イシズミ礁
前日に「地形が好き」と伝えたので、アーチがあるポイントに連れていってくださりました。わーい。

P8152198
ゴンズイかな。ヒレに毒があります。死んでも不活性化しないので注意が必要ですが、タンパク質の毒性なので、加熱すれば無毒です。身は食べられるそうです。食べたことないけど。

P8152200
海底はサンド

P8152206
ネッタイミノカサゴがいました(ミズヒキミノカサゴかも)
後姿だけど…。
彼岸花のような華やかさですが、こいつも有毒魚(ヒレに毒がある)です。

P8152214
浮上、休憩も兼ねて一旦DSに戻ります。若干、うねりがあるものの、穏やかに凪いでいました。

休憩中、前日までのゲストさんの置き土産のおやつがでました。ダイビング休憩中のおやつって、特に嬉しいですよね!心が和みます。

img388
ログブックはこちら↑
09:00→09:52
最大水深 18m 平均水深 14.7m
潜水時間 52分

P8152220
休憩後、2本目です。
ポイントは備前。

P8152225
魚の名前を聞いた気もするけれど、ログブックを見ても書いてないし。謎w

P8152229
スパッと切断したような切り立った岩もありました。潮岬近辺の地層は火成岩[←リンク先PDF]なので、節理を形成することもありそうです。海金剛とか、柱状節理っぽい形ですし。

P8152234
大きすぎるウミウシ

2本目のダイビングは、サーモクライン(水温躍層)の差が激しく、泳いでいたら急に冷たくなったり、温くなったりと、ちょっと楽しかったです。
ずっと冷たいままだったら、心が折れたことでしょう…(笑)
水深5mで3分の安全停止後、浮上。

img389
ログブックはこちら↑
11:24→12:13
最大水深 23.4m 平均水深 14.5m
潜水時間 49分

DSに戻って、器材をざぶざぶ洗って、水切り。着替え、片付け、ログ付け、お会計です。
ちなみにダイビング器材は、BCとレギュを防水バッグに、他の器材はメッシュバッグに入れて、それらをさらに大きいPP袋(工事現場などでガラを入れる袋。こんな感じのです)に入れて車に搭載しました。
さらに、これだけでは水漏れが不安なので、ラゲージスペースには、防水用にブルーシートとバスタオルを敷き詰めました。真水だったら、あまり気にしないけど、海水は車が錆びてしまうー…。
(懸案の水漏れは、防水バッグとガラ袋が優秀で、大丈夫でした!)

さて、本日の宿に向けて出発です。那智勝浦の万清楼です。
その5(2日目後編)に続きます。こちらから☆

posted by サク at 09:53Comment(0)

[旅]和歌山ダイビング(2017年8月) その3(2日目前編)

今年は、仕事の都合で長期の休みが取れないので、自家用車で行ける範囲でダイビング、ということで、8月14日~16日の2泊3日のスケジュールで串本で潜ってきました。

今回お世話になった、勝浦シーハウス熊野灘は朝6時から温泉に入浴できるので、朝食の前にお風呂に入ってきました。
P8152179
脱衣所
奥の暗いところがお風呂です(一番乗りで電気もついていませんでした(笑))

P8152180
お風呂
温泉は、源泉かけ流しでした。うっすらと硫黄のような香りがしました。お湯は超ぬるめです。

P8152182
洗い場は4つ(一カ所は離れたところに)あります。ボディシャンプーとリンスインシャンプーが備え付けてありました(ブランドは不明です)

ひとっ風呂頂戴し、荷造りをしたら朝ご飯です。
P8152186
食事の場所は、1階フロント横のレストラン。
あらかじめ時間を指定しておいたので、すぐに準備してもらえました。有難いです。

P8152187
ボリューミーな和朝食

ご飯を食べたら、身支度して宿をチェックアウト。本日のダイビングに向かいます。
その4(2日目中編)に続きます。こちらから☆
posted by サク at 13:17Comment(0)

[旅]和歌山ダイビング(2017年8月) その2(1日目後編)

今年は、仕事の都合で長期の休みが取れないので、自家用車で行ける範囲でダイビング、ということで、8月14日~16日の2泊3日のスケジュールで串本で潜ってきました。

宿に向かう道すがら、ちょこっと観光しました。
P8142137
高いところから、本州最南端を見てみようてな具合で、潮岬観光タワーへ。
ちなみに、本州最北端は青森県の大間崎本州最西端が山口県下関市の毘沙ノ鼻本州最東端は宮城県宮古市のトドヶ崎です。
本州四端すべてを踏破すると、がんばった証明書がもらえます。

P8142139
とっても素敵な証明書をいただけます。

裏はこんな感じ
img3772

P8142141
タワーから臨む太平洋

P8142142
キャンプしている人たちが沢山いました。楽しそう!!

P8142148
タワー1階には、エルトゥールル号の資料館が併設されていました。

P8142149
制服がオサレ!
映画「海難1890」の映像展示もありました。

道路を渡って、本州最南端へ。
P8142155
本州最南端の碑

P8142152
展望台から臨む太平洋

P8142162
すぐそばに、潮風の休憩所があります。
畳の小上がりもあってくつろげます。

P8142156
内部の様子
貝ボタンの材料である白蝶貝の採取のため、ダイバーとしてオーストラリア・木曜島へ渡った移民の展示がありました。司馬遼太郎の「木曜島の夜会」に詳しく書かれています。

P8142159
捕鯨の展示もありました。
個人的には捕鯨に賛成です。古来からの文化ですからね、よその国にとやかく言われることではないですよ。

P8142158
潮岬を含め、ここら一帯は南紀熊野ジオパークに認定されているので、地形、地質のなりたちなどが詳細に説明してありました。
潮岬って、大昔は陸繋島だったのですね。確かに、潮崎本之宮神社あたりを地図で俯瞰するとくびれてます。その、くびれてるところが、土砂が堆積した部分です。

くしもと大橋を渡って、紀伊大島へ。

P8142166
日米修交記念館を過ぎて、木のトンネルを抜けると…

P8142168
海金剛と呼ばれる景勝地があります。
眼下に広がる絶景。消炭色の火成岩と瑠璃紺色の海のコントラストが美しいです。

紀伊大島を後にし、本日のお宿、勝浦シーハウス熊野灘に向かいます。急遽の旅行だったので、那智勝浦しか宿が取れませんでした。
料金は1泊2日朝食付きで1人5,800円でした。
部屋の扉が、重い鉄扉で開け閉めの度に神経を使いました(油断すると、大きな音が出るので…)

P8142175
部屋にはすでに布団が敷いてありました(笑)
小さいベランダがあるので、ダイビングで着たラッシュガードや水着を干すことができました。
部屋に(水しか出ませんが)洗面所もありました。

P8142176
お茶セット
ちなみに、部屋に冷蔵庫はありません。フロントの対面に宿泊客共用の冷蔵庫と冷凍庫がありました。

P8142177
クロゼットの中に、浴衣とフェイスタオル、カミソリ、歯ブラシが準備されていました。

部屋は広いわけでも、すごくキレイなわけでもなく、至って普通です。寝るだけと割り切って泊まっているので問題ありません。

P8142178
晩ご飯は、徒歩7分のところにある、めはり寿司二代目さんへ。こじんまりとしたアットホームなお店でした。
まぐろ丼 1,000円なり
漬けまぐろが絶妙な美味しさ!
刻み海苔が味付け海苔で、関西だ!と小さく感動しました。

途中、コンビニでドリンクを購入し、宿に戻って温泉に浸かり、テレビを見ながらゴロゴロしているうちに寝落ちしてしまいました(笑)

その3(2日目前編)に続きます。

posted by サク at 18:11Comment(0)