禅寺一日入門に参加してきました。 その1(1日目前編)

1泊2日で(と言っても、午後スタート翌日午前終了です)禅寺一日入門に行ってきました。
今年の開催場所は、愛知県一宮市の妙興寺(臨済宗妙心寺派)さんです。

2日間のスケジュールは
1日目が
13:00 集合・受付
13:30 開会式 会長、来賓の挨拶、記念撮影
14:00 諸説明、諸堂拝観
14:30 庭詰
15:00 坐禅
16:00 写経(子供たちは塗り絵)
17:00 薬石(夕食)
18:00 休息
18:30 坐禅
19:30 法話(子供たちは握り地蔵つくり)
20:30 茶礼
21:00 解定(就寝)

2日目
5:00 開静(起床)
   朝課(朝のお勤め)、坐禅
6:00 粥座(朝食)
7:00 日天掃除
8:00 講座(子供たちは禅語かるた)
9:30 坐禅
10:30 斎座(昼食)
11:30 感想文
12:00 茶礼、閉会式
12:20ごろ 解散

でした。2日間を一言で表すと「適度な緊張もあり、非日常で楽しかった!」です。
お世話下さったお寺さんは、皆さん優しい方ばかりで窮屈さや不便さは全くありませんでした。
それでは、順を追って詳細な感想など。

Untitled
1日目は午後からスタートなので、午前中は普通に仕事でした。12時ちょっと前に切り上げて、そのまま一宮市大和町の妙興寺さんへ。一宮市博物館に隣接していました。

Untitled
玄関を入ってすぐのところで名前を伝えて受付。

P9032354
↑2日間お世話になった経本。般若心経や五観文、四弘誓願文、白隠禅師坐禅和讃などが記載されています

経本と名札をもらい、貴重品を預けました。
参加会費は5,000円です(お値段以上の価値がありました!)
参加者が揃うまで、本堂でしばらく待機です。

そうこうするうちに、本堂右端に参加者が集められ開会式。参加者は、総勢36人。うち、小学生以下の子供たちが16人くらい(夏休みだからね)男女比は半々くらいでした。
式辞での、偉いお寺さんの「ばかになりなさい」という挨拶が印象的でした。
(そして、この言葉の重さを、その後の坐禅の度に痛感するのでした…)

挨拶、記念撮影が終わり、参加者を3つの班に分けての諸堂拝観
Untitled
仏殿。西洋画家の山喜多次郎太による、油彩の天井画

Untitled
時間や行事を知らせる魚鼓(魚板)
魚鼓に穴が開いたら、3日お休みがもらえるのだそうです。お腹に風穴があいているので、過去にお休みできたラッキーな雲水さんがいたかも?!

次は庭詰(にわづめ)
庭詰の理不尽さについては、玄侑宗久さんのエッセイで読んでいましたが、本当に理不尽で、手を重ねたチャイルドポーズみたいな恰好で「たのーみましょー」と参加者全員で言うこと数回。途中「まだおったのか、出ていけー」と連れて行かれる人とかもいて(もちろん、やらせです。まさかの寸劇)、ええー、以外と本格的なの?!と動揺しつつ15分。
実際はもっと大変なんですよーと説明を受けて、庭詰は終了。

それが終わると、いよいよ坐禅です。
普通の座布団の上に、枕のような半分サイズの座布団を敷いて座ります。手の形は、左親指を右手で掴んで重ねました。両手で卵を作る(法界定印)とか、ヨガの時のように両ひざに置くとかではありません。それから、手の形や足の組み方よりも大事なのが呼吸。数息観と言う、数を勘定する呼吸法を教えてもらいました。ひとーつ、ふたーつ…とゆっくり数えて、10まで来たら、1に戻る…という方法です。が、私はどうにもこれが苦手で、1、2、3、4で吸って、5、6、7、8で吐いてを頭の中でリピートしていました。
戒尺1回、引磬1回で止静、坐禅開始です。時間は20分くらいを、途中5分の休憩をはさんで2回。
ちなみに、戒尺(かいしゃく・音木)は柏木のようなもの、引磬(いんきん)は、小っちゃいお鈴です。
坐禅は数年ぶりなので、様子見を兼ねて、半跏趺坐で座ってみました。
…足は平気なのだけど、止め処なく噴出する雑念と、自分でも笑っちゃうくらいの集中力のなさ。それから、15分くらい経過すると、どうも身体が左に傾いでくることが判明(身体が歪んでいるんですね)しました。
夏休みなので、小学校低学年以下の小さな子供たちも参加していました。子供たちが、微動だにせず座っている…ことはもちろん無理でしたが、奇声を発したり暴れることはありませんでした。十分えらいよね。

坐禅が終わると、写経(子供たちは仏画塗り絵)です。
長くなったので分割します。続きはこちらから☆

[旅]和歌山ダイビング(2017年8月) その7(金銭出納編)

今年は、仕事の都合で長期の休みが取れないので、自家用車で行ける範囲でダイビング、ということで、8月14日~16日の2泊3日のスケジュールで串本で潜ってきました。

支出一覧です。
wakayama201708.PNG
支払総額は、155,527円、1人当たりは77,764円でした。
今年の旅行代の累計は、6月の長崎、佐賀が99,791円、今回が155,527円で255,318円です。
次の旅行は、現段階では未定ですが、あと3ヶ月強あるので1泊2日くらいで、山間の温泉とかに行けたらいいなと思っています。

ダイビング代は、通常2ボート1人17,000円/日ですが、ダイコン割引がきいたので16,000円でした。ダイコン当然と思っているので(重器材よりダイコン。いのちだいじに)驚くと同時に、値引きは素直に嬉しかったです。
食事は、普段の3倍くらい魚介を食べた気がします。和歌山の魚、美味しすぎる…!!

お土産一覧です。
P8162310
自宅用とそれぞれの会社用です。
レトルトカレーとか、ワッフルとか和歌山に関係ないものも混じっているのは、地元のスーパーで見たことがないためです(笑)
ちなみに、私は小麦粉の主食をあまり食べないので、主に家人用です。

2泊3日の短いスケジュールでしたが、ご飯も美味しく、海も楽しく、景色も美しい、大満足の和歌山旅行でした。

それでは、今回の旅行記は、この辺でお開きにいたします。ご高覧いただき、ありがとうございました。



posted by サク at 13:12Comment(0)

[旅]和歌山ダイビング(2017年8月) その6(3日目)

今年は、仕事の都合で長期の休みが取れないので、自家用車で行ける範囲でダイビング、ということで、8月14日~16日の2泊3日のスケジュールで串本で潜ってきました。

楽しい時間はあっという間に過ぎていくもの。家に帰る日です。
普段、4時半に起きる生活をしているので、朝食7時なんて全然よゆーとか思ったいたのに、起きたら時間ぎりぎりでした(爆)

朝ご飯です。場所は昨日の晩ご飯と同様、老松で。
P8162286
真ん中の空間には、干物、出汁巻き卵、お味噌汁など、温かい料理がすぐさま配膳されました。

P8162287
干物はカマスでした。他のテーブルを見ると、昨日の海老で出汁を取ったお味噌汁でしたが(お椀から海老が頭を出していました(笑))、私たちは白身魚のお味噌汁でした。家人に合わせた配慮が嬉しかったです。

P8162292
途中のスーパーで、自宅用のお土産(地元の調味料など)を調達。
三重、和歌山と言えば大内山牛乳
さらっとしていて飲みやすかったです。
牛乳は季節によっても味が変わるので、寒い時期に飲むと、また違った感想が出るかも。
ちなみに、普段は牛乳を飲みません。旅行の時のお楽しみです。普段は豆乳・アーモンドミルク派。

P8162294
紀宝町の道の駅「ウミガメ公園」で会社用のお土産を購入
敷地内には、無料のウミガメ展示施設もあります。見に行きましょう。

P8162295
ウミガメの剥製

P8162296
生きてるのもいるよ!

P8162301
「ウミガメ公園」から、ほんのしばらく行くと、別の道の駅「パーク七里御浜」があります。こちらのほうが、昔からあるっぽいです。

P8162302
国道42号線を挟んだ向こうは、太平洋!

P8162305
陸橋を渡って、海辺に寄ってみましょう。

P8162303
水切りに具合が良さそうな、丸くって平たい小石の転がる礫浜です。

ハマゴウ
ハマゴウ

そんなこんなで、5時間くらいかけて(途中で、寄り道してるから)自宅へ帰ってきました。
海も楽しく、ご飯も美味しく大満足の旅でした。

お次は、みんな大好きお金の話。旅行にかかった費用のまとめです。こちらから☆

posted by サク at 07:29Comment(0)