[旅]大沢池を散策(京都と滋賀(2020年2月)その2)

2020年最初の旅行。1泊2日で京都(嵯峨野、亀岡)と滋賀(大津)へ行ってきました。
その1↓の続きです。



大沢池


IMG_2147.jpg
維持管理のため、3月16日から大沢池エリアの拝観料が別途徴収(1人300円)になるそうです。

IMG_2150.jpg
IMG_2149.jpg

池周辺は、あまり人がいなくて落ち着いた雰囲気です。

IMG_2153.jpg
五社明神

IMG_2182.jpg
大日堂(左)と聖天堂(右)

IMG_2159.jpg
こちらの石仏群には、平安後期のものもあるそうです。
平安後期というと、混沌とした時世からの末法思想蔓延というイメージ(偏見)

IMG_2154.jpg
心経宝塔
昭和42(1967)年に、嵯峨天皇心経写経1150年を記念して建立されたそうです。1967-1150=817、弘仁8年。ちなみに、前年弘仁7年は、空海が金剛峯寺(高野山)を開いた年です。

IMG_2165.jpg
梅園は丁度、満開でした。近くを通るといい香り♪

IMG_2173.jpg
梅園の裏手には竹林。嵯峨野っぽい(適当)
このほかにも、名古曽の滝跡、嵯峨天皇詠碑など見どころ満載で、考えてみると、逆に今までタダだったのが申し訳ないような。
とは言え、300円はちょっと考えてしまわないこともないけど…。

お昼ご飯は門前町の民宿・食事処、嵯峨 一休さんへ。

嵯峨 一休


IMG_2196.jpg
大覚寺から徒歩7~8分くらいです。

IMG_2187.jpg
店内の様子(上)
家人は湯豆腐定食(1,650円)を選択(このほか、胡麻豆腐、煮物、ご飯、お漬物、お吸い物)(写真下)
お豆腐は森嘉のお豆腐だそうです。木綿と言っていたけれど、どーみても絹豆腐にしか見えなかった…。

IMG_2193.jpg
私はランチ(1,800円)を。
お値段以上にボリューミーでした。

嵯峨野をあとにして、亀岡に向かいますよ。
新型コロナウィルスの影響でインバウンドが減りつつある時期でしたが、しっかり渋滞。亀岡まで1時間くらいかかりました。
電車だったら30分弱の距離です。

続きはこちら↓


"[旅]大沢池を散策(京都と滋賀(2020年2月)その2)"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。