リトルワールド(2013年10月)その2

リトルワールド その1からの続きです。

本館展示の続き
トルコ・イスタンブールの街の展示オープン記念イベント(?)として、エキゾチックトルコ文化展が開催されていました。きらびやかで素敵空間でした…!!
Untitled
モザイクガラスのランプが沢山吊ってありました。キレイ!!

Untitled
伝統レース編み、オヤ
スカーフやクロスの縁飾りに使われることが多いそうです。繊細で素敵ですね。

Untitled
カリグラフィー?

Untitled
織物いろいろ

Untitled
影絵人形

Untitled
光にかざすと、こんな感じ

Untitled
王族の衣装
トルコの王族って言うと、今でいうオスマンオウルですかね。

Untitled
ちなみに、足元はスリッパ
スリッパって言っても、錦糸織物だけど。

Untitled
チャイセット…かな?

Untitled
こちらも、チャイセット
エキゾチックで素敵です!

Untitled
水差し

トルコの展示は、どれもこれもエキゾチックで素敵でした。さっそく「死ぬまでに行ってみたいところリスト」に付け加えました。貯金しないと(笑)

それにしても、リトルワールドはいつ行っても楽しい施設です。楽しすぎて1日では周りきれません(と、毎回言ってる)行くたびに新しい発見があります。展示も、少しづつ変えているのかも。


リトルワールド(2013年10月)その1 

割引券を貰ったので、リトルワールドに行ってきました!
新しくトルコの家もできたしね(というわけで、今回はトルコの家がメインです)

Untitled
恒例のサーカスは、カンボジアサーカスが来ていました。

DSC_0025
ネパール仏教寺院
いつもは中に入るので、この位置から見るのは初めてです。こういう風になってるのね…。

トルコ イスタンブールの街の展示
Untitled
台所

Untitled
女の子の部屋
ドレッサーの前に敷いてある布がラブリーです

Untitled
民家2階から、階下を見下ろしたところ。床のタイルが素敵

Untitled
学校内部は、イスラム文化や、神学校の展示がありました。

Untitled

Untitled
書見台、便利そうです。


本館展示
Untitled
刺繍の型(中国)

Untitled
経典(ビルマ)

Untitled
経文の版木(チベット語、インド)

Untitled
祈祷旗(ネパール)

Untitled
影絵(インドネシア)

Untitled
影絵(インドネシア)

Untitled
ニューギニアの祖先のお祭り

Untitled
十字架、お守り販売セット(ペルー)


多くなってしまったので、その2へ続きます。

博物館明治村(2013年1月) その3

その2からの続きです(その1はこちら)

Untitled
オムライス&グリル 浪漫亭にて、明治のカレー
チキンカレーでした。

Untitled
内閣文庫の内部で常設展示しているミニチュア建築
こちらは赤坂離宮(迎賓館)

Untitled
バンパイン宮殿
タイ・アユタヤにある建物です。

Untitled
六華苑
三重県桑名市にあります。実際の建物は、こういう感じ。水色でカワイイです。

Untitled
小沢昭一さん・・・゜゜(´□`。)°゜。ウワーン!!

Untitled
京都中井酒造の内部、尾張茶寮にてぜんざい(HPのなか井茶寮は、旧店名です)
ここの甘味屋さんは冬場になると炬燵が出ます。ぬっくぬく。

Untitled
京都中井酒造
ここにもちょこっとお正月。

Untitled

その4に続きます(鋭意作成中です)


博物館明治村(2013年1月) その2

その1からの続きです。

Untitled
長崎居留地二十五番館

Untitled
長崎居留地二十五番館
すてきなタッセル

Untitled
長崎居留地二十五番館
食器はノリタケ

Untitled
長崎居留地二十五番館
ボランティアのおじちゃんによる、芝川又右衛門邸の説明中

Untitled
長崎居留地二十五番館
ステンドグラスの説明中

Untitled
北里研究所
ドンネル先生!

Untitled
北里研究所
流し鉢とガス栓

Untitled
北里研究所
廊下

Untitled
カレーパン買い食いw

Untitled
東松家住宅
名古屋にあった商家です。

Untitled
東松家住宅
この時期は、お正月の飾りが施してあって、とっても華やかです。

Untitled
東松家住宅
油を売って、稼いだお金で、金融業を行っていました。
いや、そっちの油を売るじゃなくてw

その3に続きます(鋭意作成中です)

博物館明治村(2013年1月) その1

毎年恒例の正月行事、博物館明治村訪問。今年も行ってきましたよ!
2009年の訪問2011年の訪問2012年の訪問
今年は、ちゃんとメイン機の電池も確認しました(爆)

SLと市電が復活していました。鉄道会社ですから!
何にしろ、おめでたいです。万歳!

Untitled
帝国ホテルの裏手を走るSL
ちなみに、帝国ホテル裏側は、現在修復中でした。

Untitled
ザビエル天主堂

2011年に行った時は、アンダーに写していました。

Untitled
宇治山田郵便局

Untitled
このポストに投函すると、素敵な風景印でお便りできます。

Untitled
私も、文友さんにお便り投函~

Untitled
千客万来☆

Fushimi line of Kyoto electric railway
市電復活しました!ワンダホー!

Fushimi line of Kyoto electric railway

Master controller
市電のマスコン

Railwayman
肩掛け鞄がカワイイ♪

その2に続きます。

昭和日常博物館(2012年10月)

2012年10月7日来訪
北名古屋市の昭和日常博物館に行ってきました。
こちらの博物館へ行くのは、2度目です。前回は、合併前の師勝町のころで、施設の名前も「師勝町歴史民俗資料館」でした。
展示が増えてる…。素晴らしいですー!

The showa era life style museum
入ってすぐのところに、ミゼットや陸王が展示されています。

The showa era life style museum
陸王のメーター部分

The showa era life style museum
お茶の間再現。

The showa era life style museum
みっしり並んだレトロな化粧ビン。
しまった、自分が写りこんでるー!

The showa era life style museum
元祖PEN

The showa era life style museum
最近、すっかり見かけなくなった赤チン。私が子供の頃は、まだ現役で使われていました。
三十年も前の話です(それこそ昭和だ)

The showa era life style museum
下駄屋さん
赤チンが現役のころ、下駄とか、雪駄履いてるおっさんって沢山いたのに…。いなくなりましたねえ。

The showa era life style museum
床屋さん
清潔感漂う白いタイルがステキです。髭剃り用の刷毛の持ち手も、いい感じですねえ。

The showa era life style museum
どこの喫茶店にも、若干タイプは違えど、こういう感じの砂糖入れって置いてあった気がします。
カフェじゃなくて、喫茶店なの、昭和の時代は。

The showa era life style museum
鮭加えてる熊の木彫りは、よく見かけるけど、ウィスキーの瓶を抱えてるバージョンもあったなんて…。

The showa era life style museum
洗濯バサミ

The showa era life style museum
ヨーグルトの瓶とか。

The showa era life style museum
粉末ジュース!

The showa era life style museum
ペコちゃんの顔が、今とちと違う。

The showa era life style museum
アセモ、タダレに薬局ボーダー
レトロパッケージがイカス!

The showa era life style museum
アルマイトの食器、懐かしいです。
汁物入れると、熱くて持てなかった(笑)

The showa era life style museum
ライオンの歯磨き

The showa era life style museum
椿のイラストの容器もかわいい、資生堂の歯磨き。
といういか、資生堂って昔は、歯磨きも作ってたんだ…。

The showa era life style museum
海の誉って名前がカッコいい。波のイラストもステキです。
パッケージデザインって大事だなって思います。

The showa era life style museum
広告入り自転車。
安定感のあるスタンドですなあ。