[作ってみた]マカダミアナッツオイル石けん

P3061376
カフェ・ド・サボンさんのミックス油を使って、マカダミアナッツオイルの石けんを作りました。

油脂40℃、苛性ソーダ38℃から撹拌スタート
Untitled
20分撹拌後
トレースはまだまだ。
型入れまで2時間弱かかりました。油脂、ソーダの温度と、室温が低かったためだと思います。

Untitled
3日後、牛乳パックの型から出しました。

Untitled
適当に切ったら、大きさがバラバラすぎw
ひと月乾燥させて完成です。

データ…
作成日 2017/02/12 天気はれ時々曇り 気温16~18℃ 湿度40%前後
マカダミアナッツ油、オリーブ油、ココナッツ油、パーム油、ひまし油 油脂合計505.5g(ミックス油なので割合不明)
水34.7%
鹸化率89~90%(ミックス油の裏書には90%と書いてありましたが、実測してみたら油脂量が5.5g多かったので、恐らくディスカウント10%以上だと思います)

使ってみた感想は…
マイルドな洗いあがりです。超しっとり(夏場は、ちょっとべたつくかも)
それ以外は、オリーブ油メインとの大きな違いは分かりません…。

[作ってみた]キダチアロエチンキ(BG抽出)

実家でローズマリーとキダチアロエを少し貰ってきたので、キダチアロエでチンキを仕込みました。
今回は、しっとり重視でBG(1.3ブチレングリコール)抽出です

P2031300
アロエはチンキにしたけれど、ローズマリーは、用途が思い浮かばず、とりあえずオーブンで乾燥させてあります。酢か油にでも漬け込もうかしら。

P2031302
今回使用する材料と器具。
画像にありませんが、消毒用エタノールも使います(チンキを抽出するビンを消毒します)

P2031303
アロエをザクザク刻んで瓶に投入
風袋引きを行い、BGを注いで量を測ります。

P2031304
BGは48gありました(50g入りを購入しました。2g少ないのは、別の用途で使ったためですw)

P2031305
BGと同量の精製水を注いで、よく振り混ぜます。

P2031306
蓋が緩いので、ラップを噛ませて冷蔵庫で保存。毎日1~2回、適当に振り混ぜています。
保存場所に関しては、いろいろな意見があるようですが、精製水で50%にのばしてあるので冷蔵庫に入れています。グリセリン同様、高濃度なら常温でも腐らないと思うのですが。
毎日振り混ぜていますが、暗くて冷たい場所で保存しているので、抽出には時間がかかるかも…ということで、1ヶ月くらい様子を見てみようと思います。
冬用の化粧水原料のつもりが、寒いうちに化粧水にできるか不安になってきましたw

2017/02/09追記:
調べてみたら、BGは一価アルコール(OH基を一つもつ)の一種だそうです。エタノールの仲間と考えれば、25%くらいの濃度があれば、常温保存で大丈夫かも。抽出用材が痛んでいたらダメだろうけれど。
今回のアロエは、最初から冷蔵庫へ入れているので、このまま冷蔵庫で抽出させますが、次からは常温で保存します。

2017/02/10さらに追記:
ローズマリーは月桂樹と合わせてバスソルトにしました。
P2080018

P2080020
1回分づつ、お茶パックに入れて使います。
使ってみた感想は、普通の浴槽に1個だとちょっと少ないかなー…。大さじ1杯分くらい入っています。
晒袋に大さじ3杯くらい入れると効果を感じるかも?

[作ってみた]リンデンチンキの化粧水

リンデンのハーブティーを焼酎に漬けて、チンキにしたもので化粧水を作りました。

Untitled
消毒したビンにリンデンのハーブティーを入れ、

Untitled
35度の焼酎を、葉が浸る程度に注ぎます。

Untitled
3週間、毎日振り混ぜます。

3週間くらい経ったら、抽出液を濾し取ります。
PB280111
漏斗は(もう毎度のことですが)ペットボトル上部を切り取って作成しました。使い捨てです。

PB280114
ビンとコーヒーフィルターを消毒

PB280115
チンキを濾します

PB280120
濾し取った状態。これをもとに化粧水を作ります。

PB280121
残った葉は、晒袋に入れて入浴剤にします。

化粧水を作ります。
PB280122
今回の道具、材料は、化粧水を入れる空容器、希釈する精製水、化粧水容器を消毒するための消毒用エタノール、精油を溶かすための無水エタノール、精油(今回はユーカリを使用)、リンデンチンキ、グリセリンです

PB280126
消毒用エタノールで空容器を消毒後(毎回のことなので、割愛。消毒の様子は過去の記事を参照してください。レモングラス化粧水柚子の種化粧水)、無水エタノールをティースプーン1杯入れます。

PB280128
次にユーカリの精油を2滴、滴下。よく振って、精油をエタノールに溶かします。

PB280129
リンデンチンキを加えます。

PB280130
量はティースプーン1杯。さらに振り混ぜます。

PB280131
保湿剤としてグリセリンを加えます。

PB280132
こちらもティースプーン1杯。そしてさらに振り混ぜます。

PB280134
精製水を容器の肩まで注ぎます。

PB280136
よく振って完成。写真では分かりづらいのですが、わずかに琥珀色がかった化粧水です。

今回は、リンデンの花と葉からチンキを抽出しました。リンデンの花、葉の効能は、精神の鎮静だそうです。
作った化粧水の使い心地は、ユーカリの香りも手伝って、さっぱりしています。リンデンの効能は感じ…ません。このハーブは、お茶として飲んだほうがよさげです(笑)
ちなみに、過去の自作化粧水同様、(グリセリンを少な目にしているせいか)これだけでは保湿効果は足りません。オイルやクリームなどで蓋をする必要があります。でも化粧水を手作りするのは低刺激だからです。何より、楽しいですし!

[作ってみた]柚子の種化粧水

先日作ったレモングラス化粧水を使い終わったので、焼酎漬けにした柚子の種と精製水で化粧水を作りました。

PB280139
塩柚子を作った残りの種を焼酎に漬けて、毎日1回ビンを振りつつ、3週間放置
種から、てろっとしたペクチンが抽出できます。

PC090171
今回つかう道具は、焼酎漬けにした柚子の種、化粧水を入れる空容器、希釈する精製水、化粧水容器を消毒するための消毒用エタノール

PC090172
化粧水を入れる空容器を消毒します。しゃかしゃか振って、エタノールを捨てて自然乾燥
奥のコップで、種を濾しています。焼酎をケチったので、化粧水を作るのにギリギリの量のペクチンしか抽出できませんでした(苦笑)

PC090175
空容器に抽出したペクチン大さじ1を入れて、

PC090177
精製水で5倍くらいに希釈して完成です。

PC090180
使用感は、前回のレモングラス化粧水よりも少ししっとりしています。柚子の香りはありません。
少ししっとりタイプですが、これだけでは保湿力不足なので、クリームも併用しています。
使い方、保存方法は、レモングラス化粧水と同じです。1週間で使い切り、冷蔵庫で保管です。

柑橘類には光毒性がありますが、柚子の種は大丈夫らしいです。が、メラニンの量やシミ、ソバカスのできやすさは人によって異なると思います。シミができやすい方は気をつけたほうがいいかもです。

[作ってみた]レモングラス化粧水

普段使っている化粧水がなくなったので、グリセリンと精製水、レモングラスのエッセンシャルオイルで化粧水を作りました。

Untitled
使う材料はこちら。
精製水、グリセリン、無水エタノール、消毒用エタノール、レモングラスのエッセンシャルオイル、化粧水を入れる空容器(今まで使っていた容器を再利用。容量は100ml)
消毒用エタノールは、容器の消毒に使うだけなので、無水エタノールに水を加えて濃度を薄めれば(70%くらいにする)消毒用として使えます。無水エタノールは、アルコール濃度が高すぎるので、そのままでは殺菌力が発揮されません。

Untitled
化粧水を入れる容器を消毒します。
消毒用エタノールを入れて、しゃかしゃか振って中身を捨てて自然乾燥。蓋もね。

Untitled
乾いたら、容器に無水エタノールをティースプーン1杯入れます。

Untitled
レモングラスのエッセンシャルオイルを3滴、滴下します。
よく振って、アルコールとオイルを混ぜます。

Untitled
混ざったら、そこへグリセリンをティースプーン1/2杯
グリセリンには、肌を保湿する効果がありますが、入れすぎるとべたつきや痒みなどの原因になるので、加える量は全体の10%まで。

Untitled
精製水を容器の肩くらいまで注ぎます。

Untitled
さらによく振ってできあがり。
保存料、防腐剤が入っていないので、冷蔵庫で保存し、1週間~10日を目途に使い切ります(100mlの場合、お風呂上りに全身に使えば1週間くらいで使い切れます)

使い心地は、リーフ&ボタニクスのレモングラスフェイスウォーター(廃盤)をさらにさっぱりさせたような感じです。アルコールが入っているので、肌がキュッと引き締まります。
ただ、特に今の時期はこれだけでは保湿効果が薄いので、蓋になるクリームや乳液などの油分が別途必要です。

注意:
簡単に作れ、しかも手に入れやすい材料ばかりです。敏感肌の私でも、問題なく使えています。
が自作の化粧水を初めて使う場合は、必ずパッチテストを行ってください。また、普段の使用は、よく振って化粧水を混ぜてから使ってください。
レモングラスはイネ科植物なので、イネ科にアレルギーのある方は、使わないほうがいいかもです。収斂作用があるので妊婦さんにも禁忌です。また、普通に使えていても体調の変化などで、異常が出ることがあります。そのような場合も、使用を中止して迷わず皮膚科のお医者様を受診してください。