禅寺一日入門に参加してきました。 その4(2日目後編)

1泊2日で禅寺一日入門に行ってきました。

午前9時半過ぎからは坐禅。
これで最後なので、大人の参禅者たちはこぞって叩かれていました。
そして、ここにきてもやっぱり雑念と煩悩まみれの私でした。半跏趺坐で座ろうが、結跏趺坐にしようが、無にはなれないことが分かりましたよ…。そりゃ、一朝一夕に身に着く技術ではないだろうけれど。
まあ、坐禅中にそのまま涅槃の境地を彷徨わなかっただけ上出来です。正直、彼岸を渡りそうな瞬間は、結構ありました(!!)
20分の坐禅を2回行って終了。

坐禅が終わると、斎座(お昼ご飯)です。献立は、うどんでした。
素麺のように、大鉢に水と共に盛られたうどんを4人一組でいただきました。薬味は、大葉、海苔、生姜、ごま、七味唐辛子、大根おろしの6種。私が家で素麺を作るときよりも、薬味が充実してました…!
この昼食の時に、ちょっとしたアクシデントがありました。子供の食欲に戦くお寺さんたちの姿は、なかなか見物でした(爆)
お粥やご飯の時は、最後に沢庵でこそいでお茶を飲んでお仕舞ですが、うどんでもやっぱりお茶で濯いで飲み干して終了でした。が、さすがに麺つゆとお茶の混ざった汁は飲めない人が多く、残しても良いですよーとアナウンスされていました。私は、飲み干す事を見越して、麺つゆを少な目にしておいたので、飲んじゃったけど。

ご飯が終わると作文の時間。無地のA4用紙を配布してもらい、好きなように感想を記入するように言われました。びっしり記入してきたので、私の感想が来年のパンフレットに載ることはないでしょう(笑)
これもね、感想文の提出を見越して、行事の隙間隙間にメモっておいたのですが、先を見越して準備しておくのは、「いま、ここ」に集中する、お釈迦さまの言わんとするところではないかも知れません。
が、人生は、Be Prepared、遠慮近憂でもありますよねー。

Untitled
感想文を提出した後、お寺さんによる一日入門の閉会挨拶を聞き、参禅者でお茶をいただき、四弘誓願を唱えました。四弘誓願は、その内容が慈悲の瞑想に近い、と思っているのは私だけではないはず。
前日に書いた写経と、引出物(お土産)を頂戴し解散しました。

P8282342
引出物は、禅語の色紙と御朱印帳でした。
色紙の言葉は、万里一条鉄 内観させられる言葉です…。
御朱印は集めていないので、この御朱印帳は何か別のことに使おうと思います。

前日からお風呂に入れていないので、最寄のスーパー銭湯に寄って、さっぱりして帰路につきました。

今回の禅寺一日入門に参加して感じたことは、私にとっては、これ(参禅会)が修行ではなく、日々の暮らしのほうが余程、修行だなと。毎日を生きることが修行だと思えば、理不尽なことやしんどいことも、仕方ないとやり過ごせます。ま、有り難いことに、今の私の人生は、理不尽なことやしんどい事よりも、愉快で楽しい事のほうが多いのですがね。

そんなこんなな、禅寺一日入門でした。お次は、今回の参禅会の持ち物と服装です。こちらから☆

禅寺一日入門に参加してきました。 その3(2日目前編)

1泊2日で禅寺一日入門に行ってきました。

2日目の朝です。開静(起床)は5時でしたが、普段4時半(アラームは4時20分ですが、10分くらい布団の上で伸びたり縮んだりしています)に起きるので、その癖で4時半に起きてしまいました。静かーに洗面、歯磨きをし、静かーに布団を畳んで、静かーにお寺を抜け出し、こっそりウォーキングに行ってきました(…これって、脱走?!(笑))

5時15分ごろから、朝課と坐禅。
お寺さんの祈祷に、禅寺1日入門の参加者と縁者の家内安全、無病息災の文言が入っていたのが嬉しかったです。その後、参禅者による般若心経。お勤めのあとは坐禅。20分を1回。

6時すぎ、粥座(朝ご飯)です。
粥座って言うくらいなので、お粥です。さつま芋のお粥と梅干、塩昆布、沢庵。
お粥も前日の晩ご飯のお味噌汁同様に、お寺さんが盛って回ります。合掌してお椀を渡し、手を擦り合せて合図です。ちなみに、記事を打っていて思い出しましたが、合掌低頭している間は、般若心経を唱えるように言われましたが、お経を覚えていないので、てんやわんやでした(爆)
食事の前には、五観文を唱えます。
食後は、こちらも前日の晩ご飯と同様に、お茶と沢庵でお椀をこそいで終了。梅干の種も飲み込んでしまったけれど、これは残しても良かった模様。

7時からは掃除です。参禅者は全員、雑巾での拭き掃除。
真新しい雑巾を1人1枚づつ配布してもらい、障子戸と土間以外を各々担当しました。
禅寺なので、毎日あちこち綺麗にしているだろうと思っていたのですが、窓ふきをしたら雑巾が真っ黒になりました…。
予定表では、1時間くらい掃除に充てられていましたが、子供たちは飽きるわ、年配者は体力が持たないわで掃除は30分くらいで終了しました(笑)

8時過ぎからは講話(子供たちは、禅語かるた)
講話の担当は、偉い老師様(名前分からないです。すみません)でした。
お話の内容よりも、老師様をお迎えするお寺さんたちの緊張感が印象的でした。私たちの世話をしている時は長襦袢の上に紗の直綴を羽織っているだけなのに、老師様が来る数分前あたりから、袈裟を重ね、扇子を持ち…と正装(?)していましたし、お経もはじめて耳にするものでした。線香も異なるものを燻らせていました。禅寺って、体育会系というか、縦社会なのねと思った瞬間でした(それって、お釈迦様の思想とちょっと違う気もするけれど…)
禅寺では、言葉の代わりに鳴り物で意思疎通を図るということは、坐禅や食事で学びましたが、偉い人をお迎えする場合も、やっぱり鳴り物で。眠気覚ましも兼ねていると思いますが、大きな太鼓でドンドコドンドコ。そのグルーブ感が楽しくなっちゃって、正直、笑いを堪えるのが大変でした(爆)
そしていよいよ老師様登場。真っ先に御本尊に三拝(三拝って何?って方は、こちらの動画を参照ください。三拝が始まるところからリンクしてあります)。この三拝が、それはもう美しくて、瞬きを忘れて見入ってしまいました。ケンハラクマのアシュタンガヨーガのようでした(ケンハラクマさんは動画でしか見たことないけど)
肝心の講話は、白隠禅師坐禅和讃からはじまり、一休禅師の「闇の夜に鳴かぬ烏の声きけば、生まれぬ先の父ぞ恋しき」や甲斐和里子先生の「岩もあり、木の根もあれど、さらさらと、たださらさらと、水の流るる」などの和歌や、フジコヘミングさん中村久子さんなど、苦境を撥ねかえして生きてきた方たちの紹介でした。
講話が終わると、老師様、お寺さん、参禅者の皆で四弘誓願を唱え、お寺さんの読経の中、颯爽とお帰りになられました。

9時半すぎからは一日入門最後の坐禅です。
長くなったので分割します。続きはこちらから☆

禅寺一日入門に参加してきました。 その2(1日目後編)

1泊2日で禅寺一日入門に行ってきました。

坐禅の次は写経です(子供たちは塗り絵)
P9032350
むう…字が汚い…。
私は、般若心経を2枚書きましたが、他の方は1枚写経、1枚仏画だったり…とバラエティがありました。仏画も楽しそうでした。

一心不乱に般若心経を書き散らした後は、薬石(夕食)です。
献立は、ご飯、根菜のお味噌汁、精進筑前煮、がんもどきの含め煮(大根おろしのせ)、いんげんの胡麻和え、沢庵でした。
料理は朱塗りの持鉢(曹洞宗で言うと応量器)に盛られていました。ご飯とお味噌汁は、雲水さんが桶を持って順番に配膳に回ってくださります。自分の番が来たら、合掌低頭してよそって下さるのを待ちます。ご飯、お味噌汁どちらも、丁度良い量になったら手を擦りあわせて合図をすると、盛りが止まります。合図をしないと、器から溢れるまで盛られます(笑)
食事の前には、五観文を唱えます。
食べ終わると、雲水さんがやかんを持って回ってきます。ご飯の器にお茶を注いでもらい、皆さんご存知のように、箸ですべての器にお茶を順に回しいれ、沢庵でこそいで、お茶を飲んで沢庵を食べきって終了です。ご飯の器は、布巾で拭って、翌日まで自分の鉢として布巾で包んで保管しました。
P9112363
お椀を包む布巾をお寺さんが配布してくれました。使用後は、そのまま持ち帰り。
布巾の画像は自宅撮影です。

食後はしばらく休憩。歯磨きをしたり、スマホ見たり、日記を書いたりして過ごしました。

午後6時半、夜の坐禅開始です。時間は先ほどと同じ20分×2回。
昼の坐禅で、次から次に雑念が沸いてくるのは、安穏と座っていたからと(間違った)思考のもと、今度は結跏趺坐で座れば足の痛さに雑念も沸かないはず、と、がっちり身体がホールドされる結跏趺坐で座ってみました。
足は確かに痛い…けれど、やっぱり雑念だらけ。離島か温泉に行きたいなあとか、焼き肉やら刺身が食べたいなとか、もう本当にくだらないことばっかり思い巡らしていました(爆)
ところで、坐禅と言うと、警策でバシーン!ってイメージだと思うのですが、今回は「叩かれたい人は自己申告制」でした。
物事は経験なので、お寺さんが前を通る瞬間を見計らって合掌低頭。坐禅は2人のお寺さんが警策を持って回っていたので、両方に叩かれてみました。感想は、どちらのお寺さんの警策も、音のわりに痛くありませんでした。まあ、手加減して下さったのだろうと思いますが…。

午後8時からは法話。
担当は春日井市上条町にある泰岳寺副住職さまでした。今年早春までテレビ放送していた、ぶっちゃけ寺にも出演なさっていたそうです。
お話のテーマは「当たり前が、ありがとう」でした。興味深い内容でしたが、聞いたお話を文章で上手にまとめられないので、備忘も兼ねて、その時のメモをもとに箇条書きにしてみます。
 ・今日日、仏教のイメージというと、葬のイメージが強く感じられるけれど、仏教とは、死後のことではなく、私たちが日々を心安らかに生きていくための智慧である。
 ・ブッダの死因が豚もしくはきのこの食中毒だったと言われている(花園大の佐々木閑先生)
世界3億8千万の信仰者に「お釈迦様」と奉られてるのに、死因が食中毒(2600年前のインドで80歳まで生きたってのは十分、凄いことだけれど)とか、お隣のじいちゃんみたい。でも、その人間ぽさが仏教のいいところ。
 ・私たちが普段使っている言葉は、仏教の教えがもとになっているものが結構ある。
例えば、「微妙」という単語は、ネガティブなイメージを持たれがちだけれど、仏教では、「みみょう」と読み、細かいところまで行き届いている、という意味になること。ファンデルローエのGod is in the detail(神は細部に宿る)みたいなものでしょうかね。
 ・「旦那(檀那。だーな)」は「布施」とイコールであること。そして、布施は、見返りを求めない施しという意味。世間の旦那さんは戦慄しそう。
 ・「有難う」も実は仏教の言葉。有り難し、つまり珍しいこと、稀なこと。「有難う」が謝意を表すようになったのは、江戸時代になってから。それまでは「忝い」が有難うの意味だった。それと、有難うの対語は、当然、当たり前。
 ・仏教では、対のものがイコールになる。当たり前の生活が(できることが)有り難い。
「当たり前が有難う」と思えるためには、自分が足りていることを知ることから。龍安寺の蹲踞ですね。

Untitled
法話の後は、茶礼
適当に3つの班に分かれて、ミーティングです。班それぞれに、お寺さんが1人担当。
しばらく後に、握り地蔵つくりが終わった子供たちも適当に加わりました。子供が加わると、話題がそっちに振られるので良いですね。
私が参加させてもらった班に加わったちびっ子は、小学校2年生なのに、1人で知多から来たそうです。偉いわー!(電車で2回くらい乗り換えがあるんだよ)

午後9時、解定。般若心経を唱えて、本日のスケジュールは終了です。
男女で部屋を分けて、各々で布団を敷いて雑魚寝です。お風呂に入れないので、希望者には汗拭きシートの配布がありました。
私もシートを1枚分けてもらい、あちこち拭いて、布団の上でいつものストレッチの簡単バージョンをやって就寝。どこでも寝れるので、気がついたら翌朝でした。

その3(2日目前編)に続きます。こちらから☆

禅寺一日入門に参加してきました。 その1(1日目前編)

1泊2日で(と言っても、午後スタート翌日午前終了です)禅寺一日入門に行ってきました。
今年の開催場所は、愛知県一宮市の妙興寺(臨済宗妙心寺派)さんです。

2日間のスケジュールは
1日目が
13:00 集合・受付
13:30 開会式 会長、来賓の挨拶、記念撮影
14:00 諸説明、諸堂拝観
14:30 庭詰
15:00 坐禅
16:00 写経(子供たちは塗り絵)
17:00 薬石(夕食)
18:00 休息
18:30 坐禅
19:30 法話(子供たちは握り地蔵つくり)
20:30 茶礼
21:00 解定(就寝)

2日目
5:00 開静(起床)
   朝課(朝のお勤め)、坐禅
6:00 粥座(朝食)
7:00 日天掃除
8:00 講座(子供たちは禅語かるた)
9:30 坐禅
10:30 斎座(昼食)
11:30 感想文
12:00 茶礼、閉会式
12:20ごろ 解散

でした。2日間を一言で表すと「適度な緊張もあり、非日常で楽しかった!」です。
お世話下さったお寺さんは、皆さん優しい方ばかりで窮屈さや不便さは全くありませんでした。
それでは、順を追って詳細な感想など。

36463594650_e315975262_o.jpg
1日目は午後からスタートなので、午前中は普通に仕事でした。12時ちょっと前に切り上げて、そのまま一宮市大和町の妙興寺さんへ。一宮市博物館に隣接していました。

36860036245_eeb3744bf5_o.jpg
玄関を入ってすぐのところで名前を伝えて受付。

36617737110_0c07efe1b5_o.jpg
↑2日間お世話になった経本。般若心経や五観文、四弘誓願文、白隠禅師坐禅和讃などが記載されています

経本と名札をもらい、貴重品を預けました。
参加会費は5,000円です(お値段以上の価値がありました!)
参加者が揃うまで、本堂でしばらく待機です。

そうこうするうちに、本堂右端に参加者が集められ開会式。参加者は、総勢36人。うち、小学生以下の子供たちが16人くらい(夏休みだからね)男女比は半々くらいでした。
式辞での、偉いお寺さんの「ばかになりなさい」という挨拶が印象的でした。
(そして、この言葉の重さを、その後の坐禅の度に痛感するのでした…)

挨拶、記念撮影が終わり、参加者を3つの班に分けての諸堂拝観
36025571304_866b61e9c0_o.jpg
仏殿。西洋画家の山喜多次郎太による、油彩の天井画

Untitled
時間や行事を知らせる魚鼓(魚板)
魚鼓に穴が開いたら、3日お休みがもらえるのだそうです。お腹に風穴があいているので、過去にお休みできたラッキーな雲水さんがいたかも?!

次は庭詰(にわづめ)
庭詰の理不尽さについては、玄侑宗久さんのエッセイで読んでいましたが、本当に理不尽で、手を重ねたチャイルドポーズみたいな恰好で「たのーみましょー」と参加者全員で言うこと数回。途中「まだおったのか、出ていけー」と連れて行かれる人とかもいて(もちろん、やらせです。まさかの寸劇)、ええー、以外と本格的なの?!と動揺しつつ15分。
実際はもっと大変なんですよーと説明を受けて、庭詰は終了。

それが終わると、いよいよ坐禅です。
普通の座布団の上に、枕のような半分サイズの座布団を敷いて座ります。手の形は、左親指を右手で掴んで重ねました。両手で卵を作る(法界定印)とか、ヨガの時のように両ひざに置くとかではありません。それから、手の形や足の組み方よりも大事なのが呼吸。数息観と言う、数を勘定する呼吸法を教えてもらいました。ひとーつ、ふたーつ…とゆっくり数えて、10まで来たら、1に戻る…という方法です。が、私はどうにもこれが苦手で、1、2、3、4で吸って、5、6、7、8で吐いてを頭の中でリピートしていました。
戒尺1回、引磬1回で止静、坐禅開始です。時間は20分くらいを、途中5分の休憩をはさんで2回。
ちなみに、戒尺(かいしゃく・音木)は柏木のようなもの、引磬(いんきん)は、小っちゃいお鈴です。
坐禅は数年ぶりなので、様子見を兼ねて、半跏趺坐で座ってみました。
…足は平気なのだけど、止め処なく噴出する雑念と、自分でも笑っちゃうくらいの集中力のなさ。それから、15分くらい経過すると、どうも身体が左に傾いでくることが判明(身体が歪んでいるんですね)しました。
夏休みなので、小学校低学年以下の小さな子供たちも参加していました。子供たちが、微動だにせず座っている…ことはもちろん無理でしたが、奇声を発したり暴れることはありませんでした。十分えらいよね。

坐禅が終わると、写経(子供たちは仏画塗り絵)です。
長くなったので分割します。続きはこちらから☆

[日記]旅の続き 3

グアムで買ってきた、マコーミックのチリミックスを使ってチリビーンズを作ってみました。

本来のチリは、キドニービーンズ(金時豆)で、お肉も牛肉もしくはターキー(七面鳥)を使いますが、うちには牛肉アレルギーがいるので、豚肉で作っています。お豆も、金時豆、うずら豆、黒いんげん豆が手元になかったので、冷凍庫に常備してある自家製水煮大豆を利用。また、普段家で作るときに、ピーマンと玉ねぎのみじん切りを加えて作っているので、今回も同様にピーマン、玉ねぎを入れています(すっかり別物ですね…)

PB200033
こちらを使います。TEX-MEXの意味は、メキシコ風アメリカ料理だそうです。私は長いこと、テキサス料理の意味だと思っていたわ…。

PB200035
裏書で作り方を確認(開封後に、慌てて写したので、上が切れてます(汗))
You will need…
1 pkg. McCormick seasoning mix
1 lb lean ground beef or turkey
1 can(14 1/2 oz) diced tomatoes,undrained
1 can(15 to 16 oz) kidney,pinto or black beans,undrained
Assorted toppings,shredded cheese,sour cream,chopped onions,tomatoes or cilantro
材料は、チリミックス1袋、牛肉もしくはターキー 約450g、トマトカット水煮缶1個(約400g)、金時豆、うずら豆、もしくは黒いんげん豆水煮缶1個(約425~450g)
お好みで、こま切れチーズ、サワークリーム、玉ねぎ、トマト、コリアンダーのみじん切り

Directions…
1,Brown meat in large skillet on medium-high heat.Drain fat.
2,Stir in seasoning mix,tomatoes and beans.bring to boil.cover reduce heat and simmer 10 minutes,stirring occasionally.serve with toppings,if desired.
作り方は、1、お肉を中火で炒めて、余分な脂を捨てます。1のお肉に、チリミックス、トマトを加えて、一度沸騰させたのち、弱火で10分くらい煮込みます。お好みでトッピングをのせていただきます(注:超絶意訳です)

PB200034
お肉を炒めます(上にも書いてあるように、豚ひき肉です)

PB200037
炒めたお肉に、チリミックスを投入。

PB200038
ミックス粉はこんな感じ。パッケージには、チリペッパー、レッドペッパー、ハラペーニョペッパー、玉ねぎ、塩、にんにく、グリーンペッパー、パプリカが入っていると書いてありました。

PB200040
お豆とトマト缶を投入。

PB200041
10分煮込みます。
味見をしたら、ちょっと大味だったので、塩コショウ少々、砂糖とケチャップをカレースプーン1/2づつ足しました。

煮込み10分で食べられますが、一晩おいたほうが、スパイスの角が取れてお勧めです。
PB200055
出来上がり
クラッカーを砕いたものをトッピングしていただきます。

食べてみた感想は、とってもスパイシー!!…メキシコ風味だもんね。
スパイスの辛さがくせになる美味しさです。

これはうちのレシピで作っているので、次回は(もう1個買ってきてあります)カルディとかで売っているミックスビーンズ缶もしくは、うずら豆と七面鳥を使って、肉&豆で作ってみようと思います。

[日記]旅の続き 2

今使っているフロスを使い切ったので、グアムで買ってきたものを一つ開封しました。
PA261057
J&Jのミントフレーバーとシナモンフレーバーを買ってきました。今回は、シナモンを開封。シナモンフレーバーは恐らく日本未発売。お値段は$2.75(リーズナブルです!)
このパッケージは、リーチとでかでかと書いてありますが、リーチのサイトを見に行くと"REACH FLOSS IS NOW LISTERINE FLOSS."とあります。いつ一緒になったのか分からないけれど、大人の事情があるんでしょう。

PA261063
パッケージから出してみました。

PA261059
歯を磨く糸はブラジル製

PA261060
パッケージ裏には、糸の切り方のイラスト付き

PA261061
使い方のメモも入っていました(日本国内製品は、パッケージ裏にプリントされています)

PA261062
フロスは赤!
香りは、シナモンスティックやパウダーのあの香りといより、まんま八つ橋のニッキ(笑)
いや、もちろんどちらもシナモンの樹皮ですが…。
そして、シナモン特有の辛さはありません。ミントフレーバーのすっきり感も、もちろんありません。
でも、エキゾチックな風味が新鮮です。しばらく楽しめそうです。


[日記]旅の続き

チュークからグアムに移動する日に、ホテルのフロントで投函をお願いしたハガキが届きました。
img208
切手の柄は、アルフォンス・ミュシャサラ・ベルナール(「サマリアの女」のポスターの一部)でした。ミュシャの絵はロマンチックで素敵ですね!
出したのは22日、消印は23日。翌日には郵便局に出してくださったようです。有難いです。
到着までの所要時間は2週間くらいです。

PA020976
グアムで買ってきたゼリーの素(Jell-o)を作ってみました。アメリカ版ゼリエースみたいな商品です。
2カップのお湯(アメリカの1カップは240㏄)で、粉を溶かした後、水2カップを加えて冷蔵庫で4時間程度冷やします。

PA020977 (2)
色といい、味といい、身体に悪そうです!
すごく美味し…くはないけど、固めの食感が癖になります。

[日記]貧血治療、1年後

昨年の貧血判明から1年、週1×4回のフェジン静注を経て、週1が月1になり(相変わらず4回毎に検査)1年。
先日の血液検査の結果は、
 白血球数 6,100
 赤血球数 432
 血色素量 13.2
 ヘマクリット値 40.4
 MCV 94
 MCH 30.6
 MCHC 32.7
 血小板数 25.5
 Fe 120
でした。もう、すっかり健やかな血液です。素晴らしい。
ということで、フェジン静注は2ヶ月半のインターバルになりました。万歳!
次は11月中旬に血液検査で、今後の治療は結果次第です。
ちなみに、健康関連でこの1年で大きく変わったことは、国保から社保になったことです。