[食べてみた]ウォーターゲートサラダ(Watergate Salad)を食べてみよう

グアムで買ってきた、Jell-oのピスタチオプディングの素を使って、家人がウォーターゲートサラダ(Watergate salad)を作りました。

PA211012
これを使います。ピスタチオプリンの素

PA211013
裏書の最もポピュラーなレシピを見て驚愕しました。プリンの素に冷えた牛乳(豆乳はNG)混ぜて出来上がりー!
って、どんだけ雑なのー(笑)

PA211014
側面には、プディングポップス(凍らせた棒付きプリン)の作り方が載っていました

PA211015
先月買って、今月賞味期限って!

PA221023
冷蔵庫に鎮座していたブツを出してきました。見た目がヤバすぎる…。
ちなみにレシピ(これも箱側面に掲載してありました)は、
材料が、
1 can(20oz.)crushed pineapple in juice,undrained (パイナップルの缶詰 1個、汁ごと)
1 pkg.(3.4oz)JELL-O pistachio flavor instant pudding (プリンの素 1パッケージ)
1-1/2 cups JET-PUFFED miniature marshmallows (小さいマシュマロ1と1/2カップ)
1 cup thawed COOL WHIP whipped topping (解凍したクールウィップ 1カップ)
1 cup chopped PLANTERS pecans (細かくしたピーカンナッツ 1カップ)
作り方は、
COMBINE ingredients (材料を混ぜる)
REFRIGERATE 1hour.refrigerate any leftovers (冷蔵庫で1時間以上冷やす)
注意;
アメリカの1カップは240cc、20オンスは、567gです。
JET-PUFFEDってのは、クラフトフーズのマシュマロのブランドです。近所の小さなスーパーには売っていなかったので、エイワのホワイトマシュマロで代用しました。
COOL WHIPは同じくクラフトフーズから出ている、冷凍ホイップです。これも、日本では入手できないので、それっぽい品のトーラクのらくらくホイップで代用。
ピーカンナッツも近所のスーパーでは、ミックスナッツに入っているものしか見つけられなかったので、胡桃で代用。
こうして見ると、代用品ばっかりじゃないですか。やだー(古)

PA221024
取り分けてみました。
サラダと言っても、ただ甘いだけの何か、って感じの代物でした。パイン缶も、マシュマロも、ホイップクリームも日本の物を使っているのに、ただ甘いだけの何かって…((;゚Д゚))

PA231027
凍らせてみました。甘さが軽減されて、アイスクリームとシャーベットの中間のような食感になりました。
これなら食べられる…!
そして確信。リピはないです。む…無理…!!

[飲んでみた]イエニラク(Yeni raki)を飲んでみよう!(家人が)

以前、リトルワールド(愛知県犬山市にある野外博物館)で購入してきた、トルコのお酒「イエニラク
1年半くらい台所の片隅で放置熟成されていたので、そろそろ飲んでみよう!と相成りました。
私はアルコール類一切が苦手なので、家人が試飲。
10september2016-01
こちらが、そのお品。確か500円くらいだったと思います。
干しブドウから作られたリキュールだそうです。アルコール度数は45度。

10september2016-02
コップに注いでみました。無色透明です。

P9100403
炭酸水を加えた途端、うっすらと白濁。

10september2016-04
香りだけ嗅がせてもらいました。
アニスで香りづけが施されているそうです。そのためでしょうか、THE薬草!な香りでした。
イメージとしては、アメリカとかで販売されている、黒いグミのにおい(リコリッシュだっけ?)個人的には、ちょっと勘弁って感じですが、Dr.ペッパーとか、ルートビアが好物な家人には、堪らないお味だった模様。

[食べてみた]鹿肉のワイントマト煮

Untitled
鹿肉を入手したので、トマトワイン煮にしました。

Untitled
入手先は、猪肉と同じくとれったひろばという産直販売所。
ちなみに、岐阜県における鳥獣被害は、全国で20番目(H23年度)、被害額は約4億3千万円(H24年度)となっているそうです。全国で見ると、被害が最も多いのが北海道の約44億円で、突出しています。次いで、長野県の9億8千万円、それから福岡県の9億6千万円です(H20年度)

Untitled
水に晒して、血抜きします。

Untitled
Untitled
獣臭さが気になりそうな場合は、水の中で2、3回揉んで、水に晒します。

Untitled
しばらく水に晒した後に、下茹で

Untitled
茹だったら、

Untitled
Untitled
ビニール袋に入れて、適当なスパイスと塩胡椒を揉み込みます(今回は、スパイスにパセリ、バジル、ナツメグを使用)

Untitled
はじめにワインだけで、肉を煮ます。今回は、台所にあった、残り少ないグラッパもぶち込んでみましたw

Untitled
赤ワイン400cc(とグラッパ適当)を沸かして…

Untitled
下茹で後にスパイスを揉み込んだ鹿肉を投入。4〜50分煮ます。

Untitled
肉を煮ている間に、野菜の準備をします。今回は、冷蔵庫にあった、玉ねぎ、金時人参、冷凍庫にあった、きのこ。

Untitled
Untitled
Untitled
トマト缶、野菜を投入。塩胡椒、砂糖で味を整えて更に、煮込みます(10分くらい)

Untitled
ローリエを加えて…

Untitled
シャトルシェフで保温調理。半日くらい放置します。

Untitled
温め直して…

Untitled
完成です。味見をして、味が薄いなと感じたら、好みでケチャップ、砂糖などを足してください。
今回は、血抜きをしっかりしたので、獣臭さは全くありませんでした。お肉料理というより、さっぱり味の野菜の煮込み、肉入りを食べている感じ(まあ、実際に野菜が大量に入ってるしw)個人的には、もう少し獣感があってもよかったかも。食べながら、このお肉でハヤシを作ったら美味しいだろうなーと思ったので、次回は、鹿肉でハヤシを作りたいです。