中山道を歩こう![26]柏原宿~醒井宿 その1(2022年6月)

昨年11月から7ヶ月ぶりの中山道ウォーク。今回は、JRさわやかウォーキングに便乗して柏原宿~醒井宿(1里半)。中山道を歩こう![24-3]終了地点、柏原駅から醒ヶ井駅までを歩きます。
その1は、JR柏原駅から梓河内まで。

今回のGPSログはこちら↓
26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-106.png
(↑全体)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-108.png
(↑JR柏原駅から梓河内まで)

当日のデータ:(2022/06/25)
所要時間と距離は1時間56分、累積距離6.8㎞、累積標高15m
天気 晴れ
気温 28~31℃
湿度 84~72%
柏原駅スタート/醒井駅ゴール

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-02.JPG
柏原駅からスタート
(0759)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-01.JPG
さあ、歩くよー!
(0759)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-03.JPG
丁字を右折します。旧街道に合流。
(0801)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-05.JPG
問屋場跡
相変わらず絶賛改修中。隣は東の荷蔵跡です。
(0803)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-06.JPG
脇本陣跡
本陣の南部家の分家・南部源右衛門が問屋を兼務し勤めていました。
(0803)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-08.JPG
道の真ん中に融雪装置が埋まっています。雪深い場所なのねー。
(0803)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-09.JPG
映画監督 吉村公三郎の実家
問屋場と庄屋を兼務していました。
(0804)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-10.JPG
柏原宿本陣・南部家
現在は酒屋(澁谷佐治郎酒店)さん
(0804)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-11.JPG
上の酒屋さんから、このあたりまでが本陣だったようです。
南部辰右衛門が勤めました。徳川14代将軍・家茂は第二次長州征伐の折、こちらに宿泊しました。
(0805)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-12.JPG
秋葉山常夜灯、高札場跡
前回は、ここまで歩きました。目指せ三条大橋!(いつになることやら…)
(0805)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-13.JPG
旧柏原村役場跡
中央の建物はきれいなトイレ。ありがたいねー。
(0806)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-15.JPG
日枝神社 拝殿
(0810)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-16.JPG
艾(よもぎ。お灸の原料です)屋さん
伊吹堂亀屋佐京商店は現在も柏原宿で唯一営業している艾屋さんです(店舗はもう少し東。ぼんやりしてて見落としました…)
(0811)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-18.JPG
西の荷蔵跡
(0813)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-19.JPG
柏原銀行跡
明治34(1901)年、山根為三が開設しました。
(0813)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-20.JPG
薬師道  道標
最澄がひらいたという 明星山明星輪寺泉明院 への道標です。
(0814)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-23.JPG
金毘羅山常夜灯
(0817)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-24.JPG
柏原一里塚(復元)
江戸日本橋から115里。南塚、北塚ともに3本の榎が植えられていたそうです。
ちなみに、一里塚に榎が採用されることが多い理由は、樹の成長が早く、根を深く張るので、塚の補強に役立つため。
(0818)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-26.JPG
西の見附跡
この辺りまでが柏原宿内だったのね。結構な規模の宿場だわ。
(0820)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-28.JPG
石柱にカバーが被せてあります(右の画像)
気になるー。
(0821)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-31.JPG
北畠具行卿墓所 入口
北畠具行は元弘の乱(元弘元(1331)年)で失脚した鎌倉時代末期の公卿です。鎌倉への移送中、当地で斬首されました。
辞世の歌は「消えかかる露の命の果ては見つさてもあづまの末ぞゆかしき」
(0822)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-32.JPG
傍には五輪塔。墓所も気になるけど、次回にしよう…。
(0822)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-35.JPG
掃除丁場と並び松
スペースを定めて二十一ヶ村が労役に当たっていました。
(0828)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-36.JPG
薬師道  道標
(0830)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-37.JPG
白山神社
応永13(1406)年に創建されました。
(0830)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-38.JPG
拝殿
(0831)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-40.JPG
菖蒲ヶ池跡
(0835)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-41.JPG
小川の関跡
右の山道が旧中山道です。旧道、行っちゃよねー。
(0835)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-42.JPG
イノシシ除けのフェンスを開閉して進みます。
(0836)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-43.JPG
(0837)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-44.JPG
館跡 小黒谷遺跡
東山道時代に館があったそうな。
(0837)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-46.JPG
山道を進むよー
(0840)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-48.JPG
程なく新道に合流
傍に「歴史街道 旗本西郷氏領 東河内村(東地先)」石碑が建っています。
(0843)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-49.JPG
石仏いっぱい
(0845)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-50.JPG
飛び出し坊や。滋賀っぽい!
(0845)

26june2022-NSD-kashiwabara-samegai-52.JPG
梓河内まで来ました。
東山道時代は宿駅がありました。
(0846)

続きはこちら☆





この記事へのコメント