下街道を歩こう![7] 大曽根口〜伝馬町札の辻 'n 名古屋城 その2(2021年12月)

今回は、下街道を歩こう![5]終了地点の大曽根口から、下街道起点の伝馬町札の辻まで。そこから名古屋城へ向かい、お城の観光もしますよ。復元本丸御殿は、どこもかしこも眩かった…!
その2は、本町通を北に名古屋城へ。お城の観光をしますよ。


december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-62.jpg
本町橋を渡ります。
(1354)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-63.JPG
外堀
昔、ここを電車が走ってました。今の名鉄瀬戸線です。「お堀電車」と呼ばれていました。
(1354)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-65.jpg
西南隅櫓(未申隅櫓)と天守
(1433)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-66.JPG
表二之門
(1435)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-67.jpg
復元された本丸御殿を見に行くよー
(1436)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-68.jpg
天守は現在、非公開
こちらも、いつか木造復元されるといいねー。
(1438)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-71.jpg
本丸御殿へ
御殿内部は、どこもかしこも煌びやかで眩しかった…!
(1444)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-75.jpg
上洛殿
本丸御殿のなかで最高位の殿舎です。

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-76.jpg

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-77.jpg
消化器も金色
(1456)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-78.jpg
豪華すぎる募金箱(笑)
(1458)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-79.JPG
清正石
傍らの説明によると、
名古屋城で最大の石垣石材。ここ本丸搦手枡形(からめてますがた)の石垣は黒田長政の担当であったが、巨石であるがゆえ普請の名手加藤清正が積み上げたと伝えられ、清正石と呼ばれてきた。

とのこと。
(1502)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-81.JPG
不明門
(1511)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-82.jpg
(1512)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-83.jpg
旧天守礎石

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-85.JPG
御深井丸(おふけまる)の乃木倉庫
明治に弾薬庫として作られました。
(1517)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-86.JPG

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-87.JPG
西北隅櫓(戌亥隅櫓)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-88.jpg
(1525)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-89.jpg
素敵モザイク

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-90.jpg
はい、おつかれー。
市役所駅から地下鉄で帰ります。奥の素敵建物は名古屋市役所。その向こうは愛知県庁です。
(1546)

下街道を歩こう!7回目、大曽根口〜伝馬町札の辻 'n 名古屋城はこんな感じ。下街道起点・札の辻に到着したので、終点・槙ケ根追分を目指します(どちらが起点/終点か分からないけど…) それから名古屋城。駆け足で見学したので見ていない箇所だらけ。再訪必須…!

さて次回は、[6]終了地点の土岐市の高山交差点(高山)から、瑞浪市の松坂町交差点(土岐)までを歩きます。瑞浪なのに土岐とか地名がややこしいなー(土岐氏発祥の地なので瑞浪市土岐町)



この記事へのコメント