下街道を歩こう![7] 大曽根口〜伝馬町札の辻 'n 名古屋城 その1(2021年12月)

今回は、下街道を歩こう![5]終了地点の大曽根口から、下街道起点の伝馬町札の辻まで。そこから名古屋城へ向かい、お城の観光もしますよ。復元本丸御殿は、どこもかしこも眩かった…!
その1は、大曽根駅から下街道起点・伝馬町札の辻まで。

今回のGPSログはこちら↓
december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-01.png

当日のデータ:
所要時間と距離は4時間40分、累積距離10.4㎞、累積標高22m
天気 薄曇り
気温 6~7℃
湿度 55~60%
JR大曽根駅スタート/地下鉄市役所駅ゴール

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-01.jpg
大曽根駅からスタート
うっかり南口へ出てしまい、初っ端から結構な距離を戻ることに…。
(1105)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-03.JPG
下街道 道標
E6出口階段付近にひっそり建っています。
(1111)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-02.jpg
ありがたい説明
(1111)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-05.jpg
下街道に沿って、商店街になっています。この日は、オレンジリボン運動のイベントが行われていました。児童に限らず、虐待ダメ。ゼッタイ!

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-06.jpg
ロバのパン屋さんも来てました!(*´▽`*)チンコロリン♪
(1115)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-08.jpg
名古屋大曽根局の風景印にも採用されているオズモールの標識
(1120)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-09.JPG
名鉄瀬戸線・森下駅の前を通過し、国道19号に沿うように左折します。
(1123)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-12.jpg
善行寺
お東のお寺さんです。
(1132)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-13.JPG
赤塚神明社
天照大神を主祭神に、天神社、山神社、須佐之男神社、八幡社、金比羅社、秋葉社、大楠公(湊川神社)の七つの末社もお祀りされています。
神社のパンフレットによると「創建は大変古く不詳」とのこと。
(1135)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-16.jpg
東区最大の灯籠(1基しか写っていませんが、対で残っています)
昭和3年11月の御大典記念に、大鳥居と共に奉納されました。

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-17.JPG
赤塚交差点を渡ります。画像右の茶色い建物の裏を進みます。
(1138)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-18.JPG
表具屋さん(左)と和ろうそく屋さん(右)
(1141)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-19.JPG
薬碑
傍らの案内によると、彫られている文字は、
 右:あかなべ(屋号) はらくすり(腹薬)
 中:せんき(疝気) せん しゃく(癪)の薬
  玉丹 コレイキ散(コレイキ=疝の蘭語)
 左:なかぢ しらぢ の大妙薬 たいどく(胎毒) ねぬきのくすり
で、明治の頃は、名鉄小牧駅前の街道(上街道)沿いで薬やを営んでいた「鎌薬」の看板として建っていたものだそうです。
(1148)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-21.JPG
平田町交差点を渡ります。

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-23.jpg
鍋屋町通り(現在の東区泉)を西へ進みます。
通りの名前の由来は、鍋職(鋳造業)が多くいたことから。後述する旧大津町同様、家康の清洲越しで、町ごと清須からやってきました。

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-24.jpg
通りの角にある道標
 右(指差マーク) 京 大坂 左(指差マーク)善光寺道 
と彫られています。
(1154)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-25.jpg
弘法様かな…?
(1154)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-26.JPG
松嶋山円明寺
延宝3(1675)年 に伊勢国長島から当地へ移った、お東のお寺さんです。
(1156)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-27.jpg
石鐘
戦時中の金属供出で、梵鐘の代わりとされました。戦後、銅鐘に掛けかえる計画が上がりましたが、慙愧のため現在でも石鐘のままなのだそうです。
(1157)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-29.JPG
松山神社・本殿
地域の氏神様です。
(1159)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-31.jpg
紫金堂
尾張藩御釜師・加藤忠三郎が興した屋号です。現在はご子孫が鋳物のギャラリーを営んでいます。現在13代目だそうな。すごい!
(1205)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-32.jpg
喫茶ボンボン
昭和レトロな佇まい。変わらないねー。いいわねー。
(1206)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-33.jpg
久屋大通まで来ました。テレビ塔
あ、今はネーミングライツで中電ミライタワーでしたな。
(1216)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-34.jpg
素敵建物発見。行ってみましょう。

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-35.JPG
交差点の角に建つ「丸の内3 旧大津町」道標
さきの鍋屋町同様、清洲越しで…(以下略)
(1219)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-36.jpg
交差点の向こうから見た素敵建物に到着。
名古屋の超老舗製薬会社・伊勢久さん(現在は総合化学メーカー)
宝暦8(1758)年に、初代が伊勢屋久兵衛として創業したことから「伊勢久」の屋号になりました。
(1220)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-37.JPG
隣は愛知県庁大津橋分室
(1221)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-38.JPG
内部もアールデコ調で素敵ー。
(1222)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-39.JPG
黒川紀章のお父さんの設計だそうな。というか、黒川紀章って愛知生まれだったのね。
(1224)

1階は、愛知・名古屋 戦争に関する資料館として公開されています。
december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-40.JPG
防衛食
陶製の缶詰です。開封するときは、蓋のくぼみに孔をあけて通気します。
一説には、中に詰める食糧も不足していたとのこと。辛いなー…。

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-41.JPG
戦時債権
各務原空襲資料室を見学した時の記事にも書きましたが、こうして展示されているということは紙くz…(略)
ちなみに、今現在、この債権を握りしめて財務省に駆け込んでも消滅時効が成立しているので換金できません。

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-43.JPG
山本五十六揮毫の軸
日常の生活には、あまり支障のないことだけど、ブーゲンビルがソロモン諸島かパプアニューギニアか、いつも迷うのよね。ガ島も。
(ブーゲンビル島はパプアニューギニア、ガ島(ガダルカナル島)はソロモン諸島です)
(1231)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-44.JPG
第3師団パネル展示
戦前名古屋城内に、陸軍第3師団(名古屋鎮台の後身)が置かれていました。現在の守山駐屯地、春日井駐屯地の前身です。

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-46.JPG
焼夷弾で焼けた床板

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-47.JPG
焼夷弾尾翼

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-49.jpg
少彦名神社
医薬と農業を司る神様です。このあたりに製薬会社が多いのはそのためなのねー。
(1241)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-50.JPG
中日病院前の新しい道標
 東 ぜんこうじみち 西 みのじ 南 あつた 北 おしろ
と彫られています。「北 おしろ」いいね!
(1245)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-52.JPG
街道から少し寄り道、桜天満社、時分鐘
織田信秀が北野天満宮から勧請し、那古野城(昔の名古屋城)に祀ったことが始まりだそうです。

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-54.jpg
拝殿
(1254)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-55.jpg
尾張名所図会に描かれた時分鐘

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-57.jpg
本町通、伝馬町交差点。下街道起点、伝馬町札の辻に到着。
(1256)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-56.jpg
尾張名所図会に描かれた伝馬会所 札の辻
下街道起点を示すものは、こちらのプレートだけ(笑)

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-58.JPG
目印はマセラティやさん(表現がひどい)
(1256)

下街道を一寸戻って、名古屋城を目指します。
december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-60.jpg
道すがらのインドカレー屋(ウッタムカレー)さんでお昼にしましょう。

december2021_SKD-ozone-fudanotuji-nagoya-61.JPG
日替わりカレー
カレーはマイルドで美味!ナンはめっちゃボリューミーでした。

お城はもうすぐ!
その2へ続きます。こちら☆







この記事へのコメント