中山道を歩こう![24]垂井宿~関ヶ原宿~今須宿~柏原宿 その2(2021年11月)

今回は、垂井宿~関ヶ原宿~今須宿~柏原宿(1里14町(5.7㎞)と1里(4.1㎞)と1里(3.3㎞)計3里14町(13.1㎞))。中山道を歩こう![21-2]終了地点、垂井駅から、柏原駅までを歩きます。
その2では、家康最初布陣地の少し先から今須峠手前の常磐地蔵まで。

その1↓の続きです。


今回のGPSログはこちら↓
november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-01.png

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-03.png
↑家康最初布陣地から常磐地蔵まで

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-51.JPG
町内の至る所に武将の幟が立っています。超たのしい。
(1122)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-53.JPG
関ヶ原町非公認(笑)無料休憩所
有志のボランティア、ありがたいですね。
(1126)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-54.JPG
地元のおじちゃんに柚子を貰いました。わぁい(*´▽`*)ありがとう!
(1128)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-55.JPG
馬頭観音
(1129)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-57.JPG
若宮八幡神社
(1134)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-58.JPG
七つ井戸跡
(1141)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-59.JPG
関ヶ原駅と観光案内所に寄り道
(1142~50)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-61.JPG
東首塚も気になるけれど…次の機会に
(1152)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-62.JPG
八幡神社
関ヶ原の合戦で焼失しましたが、のちに家康が再建しました。
(1154)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-63.JPG
社号標の揮毫は、何もせんじゅうろう先生(ひどい言われようだ…)
(1154)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-64.JPG
本陣跡。
神社の一角に看板とスダジイが植わっています。
(1155)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-67.JPG
宗徳寺
欧州の城みたいな門構えですが、お東のお寺さんです。
(1157)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-68.JPG
大神宮常夜灯
この辺りが、関ヶ原宿の西端です。
(1201)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-69.JPG
西首塚
関ヶ原の合戦(緒戦なども含む)で動員した兵は東西合わせて約15~18万人。うち、戦死者は東軍で約8,000~30,000人、西軍で約4,000~10,000人にも上りました。
(1202)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-70.JPG
月見の宮・福島陣跡一丁 石碑
ここから南東へ110mくらい進んだところにある春日大社を示しています。関ケ原合戦で福島正則(東軍)が布陣しました。
(1207)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-71.JPG
道路に消雪パイプが埋まっています。豪雪地なのねー。
(1207)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-72.JPG
美濃不破の関 東山道と東城門跡
(1208)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-74.JPG
不破関庁舎跡、大海人皇子の兜掛石、沓脱石を見に行きます。
よそ様の敷地みたいなところを進みます。緊張したわー。
(1210~11)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-76.JPG
兜掛石
説明看板と庇がなかったら、多分気が付かないでしょう(笑)
(1211)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-77.JPG
沓脱石
説明看板…(以下略)
壬申の乱で大海人皇子が履物を脱いだ時に足を掛けた石です。慶長年間の関ケ原合戦から遡ること一千年弱、西暦でいうと672年、飛鳥時代ですかね。1500年も前の石が伝承されてるとかスゴイ話だよ…。
(1211)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-78.JPG
不破関跡
東海道の伊勢鈴鹿関、北陸道の越前愛発関(愛発=あらち)とともに、古代律令制度下の三関のひとつです。
(1213)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-82.JPG
左 旧中山道 右 中山道 石碑
(1214)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-83.JPG
不破関資料館
展示が気になるけれど、今回は先を急ぎます…。
(1215)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-84.JPG
ピースプレイ不破の関
ここで言う、ピースプレイは「平和の祈り(peace pray)」のほうよね(それでも不思議な文法だけど…)
(1216)

旧街道に戻ります。
november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-86.JPG
戸佐々神社
このあたりに、不破関西城門がありました。
(1218)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-87.JPG
小さな祠がお祀りされています。
(1218)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-88.JPG
藤古川にかかる藤下橋を渡ります。
壬申の乱では、大友皇子と大海人皇子(後の天武天皇)がこの川を挟んで対峙しました。その後、関ケ原合戦では大谷吉継(西軍)が上流右岸に布陣しました。
(1219)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-90.JPG
山中村の立場跡
旗本竹中氏の知行地として高札場(もう少し西)が置かれ、間の宿として酒造業をはじめと数十件の商人が営んでいました。
(1227)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-92.JPG
若宮八幡神社
壬申の乱で敗れた大友皇子(弘文天皇)がお祀りされています。
(1229)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-93.JPG
山中村高札場跡
ちなみに上の用水は枯れてました。冬だからね…。
(1231)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-97.JPG
黒血川(下流側)
壬申の乱による、両軍の流血で川底の岩石が真っ黒に染まったことが由来だそうです。KOEEE((((;゚Д゚))))
(1233)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-99.JPG
鶯の滝
平坦地なのに落差5mもあります。柳ヶ瀬・関ヶ原断層帯の一部かしらね。
ちなみに、これ以上滝には近づけません(橋の上から撮影)
(1234)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-100.JPG
滝の対面には三地蔵
(1234)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-101.JPG
東海道新幹線、東海道本線交差
在来線が新幹線の上を走っています。
(1234)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-102.JPG
新幹線の高架をくぐります。
米原はJR東海の管轄なのね。西日本管区かと思ってました。
(1235)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-103.JPG
見真大師
光背に「右 聖蓮寺道」と彫られており、道標も兼ねています。ちなみに「見真大師」とは親鸞を指します。
(1239)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-104.JPG
常磐地蔵
この地で賊に殺められた常磐御前を弔うため、村人によって安置されました。源義経(牛若丸)は東国から上洛する際、地蔵に亡き母の冥福を祈ったそうです。
義経と言えば、来年の大河で菅田将暉さんが演じられますね。野村宏伸といい、タッキーといい、義経はイケメンしかできない役なのね(笑)
(1240)

november2021_NSD-tarui-sekigahara-imasu-kashiwabara-105.JPG
東海道本線のトンネルを眺めつつ、今須峠に向かいますよ。
(1248)

続きはこちら☆





この記事へのコメント