金華山(岐阜城)に登ろう!(2021年6月)

ロープウェイでしかアクセスしたことのなかった岐阜城。初めて登ってきました(去年は大河ドラマの影響があるかと思い、放送終了を待ちました) 森あり、岩場あり、沢の渡渉、お城と石垣もあって超楽しかったです!しかし、お城はコロナで閉館。無念…(7月現在は開館しています)

今回のGPSログ(ルート)はこちら↓
Screenshot-mt-kinka-2021june.png
当日のデータ:
所要時間と距離は 2時間33分、累積距離3.5㎞、累積標高429m
天気 晴時々雲
気温 29~28℃
湿度 32~36%
岐阜公園 第1駐車場駐車場(マップコード28 648 876*65)スタート/ゴール
駐車料金1回310円

mt-kinka-2021june-02.JPG
さあ、登るよー。
往路は馬の背登山道、復路はめい想の小径(水の手登山道)を歩きました。
(14:17)

mt-kinka-2021june-04.JPG
三重塔
大正天皇即位の御大典奉祝記念事業として岐阜市が企画、市民からの寄付金で大正6(1917)年に建てられました。
(14:23)

mt-kinka-2021june-05.JPG
信長居館跡
俯瞰するとこんな感じなのね。
(14:23)

mt-kinka-2021june-11.JPG
ちょっと戻って、丸山(旧伊奈波神社伝承地)
斎藤道三が稲葉城を居城にするにあたり、現在の場所へ神社を移転させました。ここより若干、南西方向です。
(14:32)

mt-kinka-2021june-08.JPG
烏帽子岩と旧跡を示す石碑
こちらの岩は、もとからここにあったのではなく、ご神託を受けて長良川の川底から引き揚げて安置したものだそうです。
(14:32)

mt-kinka-2021june-10.JPG
社殿の基礎が少し残っています。
(14:32)

mt-kinka-2021june-12.JPG
めい想の小径、馬の背登山道分岐
往路は、馬の背登山道を使います。
(14:35)

mt-kinka-2021june-14.JPG
ゴジラの背びれみたいー(笑)
(14:41)

mt-kinka-2021june-16.JPG
中間点に到達
(14:55)

mt-kinka-2021june-17.JPG
立ち入り禁止や危険個所には、ロープが張ってあって親切安心、ありがたいわね。
(15:08)

mt-kinka-2021june-19.JPG
石垣が出てきました。
(15:13)

mt-kinka-2021june-21.JPG
階段を登れば頂上です。
(15:18)

mt-kinka-2021june-23.JPG
あら素敵ー
(15:18)

mt-kinka-2021june-25.JPG
井戸跡
雨水を貯めて、非常用の貯水施設として使われたそうです。
(15:20)

mt-kinka-2021june-29.JPG
岐阜城はコロナで閉館…(6月21日より開館しています)
(15:23)

mt-kinka-2021june-31.JPG
御嶽神社
(15:24)

mt-kinka-2021june-33.JPG
橋脚のように石組みが組まれています。カッコいい!
(15:26)

mt-kinka-2021june-34.JPG
題目塚
傍らの案内看板によると、斎藤道三、織田信長ともに日蓮信者だった、と記載があるのですが、道三はともかく信長はどうだろう。
(道三の父、長井新左衛門尉(松波庄五郎)は、還俗前、京都・妙覚寺の僧侶でした)
…分かんないけど。
(15:31)

mt-kinka-2021june-35.JPG
伝下台所跡
家臣、使用人たちの調理を行ったり、食事を取った場所
(15:31)

mt-kinka-2021june-36.JPG
二の丸橋
(15:32)

mt-kinka-2021june-37.JPG
本丸井戸
(15:33)

mt-kinka-2021june-38.JPG
信長が入城した後に造成された石垣。さっき、上から眺めたところです。
谷を埋めるように石垣が組まれています。これは大変な作業だわ…。
(15:33)

mt-kinka-2021june-42.JPG
岐阜城資料館(東隅櫓跡)も閉館
こちらも現在は開館しています。内部リニューアルを施して、「麒麟がくる」コーナーができたそうです。
(15:35)

mt-kinka-2021june-43.JPG
ここからの眺め
(15:35)

mt-kinka-2021june-44.JPG
家人と合流、めい想の小径から下山します。
こちらのルートでも「急坂・岩場」なのね。チャート地質だものねー。
(15:39)

mt-kinka-2021june-45.JPG
お城裏側(だと思う)から下ります。
(15:40)

mt-kinka-2021june-46.JPG
岐阜城裏門があった場所だそうです。
こちらのめい想の小径(水の手登山道)は、有事で城主が脱出するときに使う道でした。
しかしまあ、主が城を棄てて逃げるとか、状況としては最悪なので、うまく逃げても、その後の再興は相当厳しいと思うの。
(岐阜城じゃないけど、茶碗担いで逃げる荒木村重の姿が目に浮かんでしょうがない。どんだけ「へうげもの」が好きなんだ(笑))
(15:45)

mt-kinka-2021june-48.JPG
鼻高ハイキングコース分岐
登山道が10コースもあるんですってよ。他の道も歩きたいわー。
(15:46)

mt-kinka-2021june-52.JPG
ビュースポットからの眺め
(15:50)

mt-kinka-2021june-50.JPG
手前にある、右向きに伏せたネズミみたいな山(というか丘みたいな)のが鷺山
道三が義龍へ家督を譲ったのちに隠居した居城です。天文18(1549)年、帰蝶はあの山城から、古渡城の信長のもとへ嫁ぎ「鷺山殿」とよばれました。
(15:50)

mt-kinka-2021june-53.JPG
森を進みます。金華山は植生が豊かねー。
(15:56)

mt-kinka-2021june-57.JPG
「水の手」と命名されているだけって、沢や泥濘がちょいちょいあります。じめっとしてる。
(前日が雨がだったことも大きいけれど)
(16:10)

mt-kinka-2021june-59.JPG
沢を渡渉
(16:14)

mt-kinka-2021june-60.JPG
中間点
めい想の小径の距離が2,300mなので、1,150m地点に到達。
(16:16)

mt-kinka-2021june-61.JPG
階段破損中
(16:17)

mt-kinka-2021june-62.JPG
はい、おつかれー。無事戻ってきました。
(16:42)

金華山(岐阜城。馬の背登山道~めい想の小径) はこんな感じ。案内もハイカーも多くて安心安全、見どころも多くて超楽しい!素敵すぎる!
他のルートもぜひ歩いてみたいです。お城内部、資料館も見てないしね(お城内部は、15年くらい前に見に行きました。展示が変わってるかも)
さて次はどこに行こうかな。



この記事へのコメント