土岐高山城址周辺 and 下街道高山宿 さんぽ その3(2021年5月)

土岐源氏の館(浅野館、大富館)を護るため、砦を築いたことが始まりとされる、土岐高山城址。城下の穴弘法、南宮神社、土岐源氏の館跡などをぐるっと周ってきました。
その3は、大富館跡→土岐川(中央橋)→極善寺跡→高山公園帰着まで。

その2↓の続きです。


toki-takayama-2021may_104.JPG
高架をくぐりました。こちら側のタイル画は登り窯の絵柄。元屋敷東窯みたい(適当)
さらに市街地を進みますよ。
(15:18)


大富館跡

toki-takayama-2021may_105.JPG
伍所公園という児童公園の片隅に記念碑とプレートが据えられています。
ここも児童公園ってことで、長居できなかった…。
頂いた散策マップによると、
清和源氏の流れをくむ源国房は平安時代に美濃国に勢力を伸ばし、その孫光信は土岐郡大富に館を設けたと言われています。孫の源光衡は土岐氏を名乗ったことから一族を土岐源氏と言います。土岐光衡はその後、館を一日市場(瑞浪市)に移しましたが、その子光行は浅野(土岐市)に館を移し、その孫、頼貞は再び大富に館を構えました。
とのこと。
一日市場(瑞浪市)が最初かと思っていましたが、そうじゃなかったー。
(15:25)

toki-takayama-2021may_106.JPG
記念碑には「美濃国土岐源氏発祥地 大富館跡 土岐章 著」の彫字
土岐章は沼田藩主土岐頼知の7男で貴族院議員を務めた方です。

toki-takayama-2021may_107.JPG
読めないプレート(笑)
拓本が要るわねー。

さて、高山公園方面へ向かいます。
toki-takayama-2021may_109.JPG
JR中央本瀬の高架をくぐります。
(15:31)

toki-takayama-2021may_110.JPG
第7回日本現代陶芸展 川合牧人さんの情景―1998
(15:38)

toki-takayama-2021may_113.JPG
土岐川河畔に来ました。
川べりに下りれるところはあるかなー…。
(15:40)

toki-takayama-2021may_115.JPG
川べりに下りられる場所が見つけられないまま、中央橋まで来ました。土岐川を渡ります。
(一箇所あったけれど、先客さんたちが楽しんでらしたので遠慮しました)
(15:48)

toki-takayama-2021may_116.JPG
上流側の眺め
(15:49)

toki-takayama-2021may_117.JPG
道案内のタイルがカワイイ!
(15:50)

toki-takayama-2021may_118.JPG
ここにも、親柱に陶製オブジェ
(15:50)

川沿いを上流方面に歩きます。

慈光山極善寺跡

toki-takayama-2021may_119.JPG
頂いた散策マップによると、
江戸時代初めに常照寺が金山に移転。その後。極善寺が開創されましたが土岐川の氾濫で流失。極善寺は河合に移転しました。 

だそうです。常照寺は、森長可家臣の林為忠が開創した林家の菩提寺。現在の可児市兼山・常照寺(妙願寺跡。森家の移封に伴い妙願寺も移転しました)です。
(15:54)

下街道・御小休所跡

toki-takayama-2021may_123.JPG
高山交差点まで戻ってきました。
(15:59)

toki-takayama-2021may_124.JPG
古くから営んでいそうな醸造場・大竹醸造
「天下一手前味噌」ですって。相当美味しいに違いないわ。
(16:01)

toki-takayama-2021may_125.JPG
明治天皇高山御小休所跡
(16:02)

toki-takayama-2021may_126.JPG
素敵坪庭
(16:04)

toki-takayama-2021may_127.JPG
はい、おつかれー。
無事、区民館に戻ってきました。
(16:06)

toki-takayama-2021may-a3.jpg
散策マップ(pdf

toki-takayama-2021may-a2.jpg
城址周辺マップ(pdf

土岐高山城址周辺 and 下街道高山宿 さんぽ はこんな感じ。穴弘法、超穴場!
高山城址と高山宿は、地元の方に大切にされているのが伝わってきて、とても素敵でした。頂いた散策マップの半分も見ていないので、ぜひ再訪したいです。下街道も、もっと歩いてみたいしね。
さて次はどこに行こうかな。

この記事へのコメント