化石林と太田の渡しを見に行こう!(2021年3月)

以前、可児郷土資料館へ行ったときに、職員さんから「木曽川に化石林がある。右岸(美濃加茂)側は公園になっている」と言われました。
先日、ふとその話を思い出したので、すき間の時間に見てきました。

kasekirin-2021march-1.JPG
リバーポートパークに車を停めて散策スタート。
オサレアウトドアに目もくれず、化石林を目指します(笑)

kasekirin-2021march-23.JPG
水位が低いときがベストだけれど、平水時でも展示物がある、との事前情報を頼りに周囲を見渡すと…

kasekirin-2021march-24.JPG
案内板と共にコンクリ土台でガッチリ固定された、それらしきブツを発見

kasekirin-2021march-26.JPG
泥岩が欠けただけにしか見えません…。これは違うわね。

kasekirin-2021march-27.JPG
こちらの岩も化石かしら…。
ちなみに、前日は大雨でした。ぬかるんでて足元不安定すぎる(笑)

kasekirin-2021march-3.JPG
化石より数段分かりやすい(笑)、渡し跡を見に行きましょう。
中山道の三大難所、太田の渡し跡です(他の二つは、長野の木曽の桟と群馬の碓氷峠)
街道浮世絵(東海道とか中山道とか)いいよねー。浮世絵は美人画や役者絵もいいけど、個人的には、風景や漫画のほうが眺めていて楽しいと思います。はい。

kasekirin-2021march-2.JPG
石畳がゴツゴツだわー。いいねー。

kasekirin-2021march-6.JPG
現在は滔々とした流れが風光明媚ですが、その昔は上流のダムや大がかりな治水工事もなかったので、今とは随分景色も異なっていたことでしょう。

kasekirin-2021march-5.JPG
昭和2年にかけられた太田橋。この橋が架かったことで渡船は廃止されました。

kasekirin-2021march-10.JPG
川に沿って少し上流に向かってみましょう。

kasekirin-2021march-11.JPG
この辺りは粒子の細かい、泥岩ぽい地層なのね。
先日さんぽした栗栖の河畔とも様相が異なるし、鳩吹山から見たのとも違う、さらに米田富士の帰り見た(飛騨川だけど)時とも違う。ついでに、2018年、飛水峡(これも飛騨川)で見た景色とも全くの別物で、ロケーションを変えるたびに、新しい発見があって面白すぎだわー。
註:太田橋から2.1㎞上流で、木曽川と飛騨川が合流します。

kasekirin-2021march-14.JPG
水神様がお祀りしてありました。

kasekirin-2021march-18.JPG
地層がボーダーに露出しています。
この辺は、中村累層という120m厚の地層で、礫岩、凝灰質砂岩、シルト岩の互層からなる下部と、凝灰質砂岩、シルト岩、礫岩、亜炭を挟む上部に分けけられています(下記画像参照)

kasekirin-2021march-19.JPG
甌穴ができてるー。

kasekirin-2021march-21.JPG
砂浜には、いろんな足跡がいっぱい。楽しー。
さて、そろそろ戻りますかね。

Screenshot-20210329081657.png
参考画像『ジオランドぎふ』様。ありがとうございます。

美濃加茂の化石林公園、太田の渡し跡からの川沿いはこんな感じ。木曽川面白すぎです!
もうちょっと掘り下げたくなってきました(笑)
さて次はどこに行こうかな。


この記事へのコメント