尾張白山から入鹿池へ行ってみよう!その3(2021年3月)

尾張白山に登ってきました。今回は、尾張白山から神尾集落を抜けて入鹿池南端をタッチして戻るルートです。
その3では、龍洞院~ふれあいの森駐車場まで。

その2↓の続きです。


owarihakusan-2021march-75.JPG
東に進路を取り、県道453号線の交差点を渡って(高架をくぐらず真っ直ぐ進めば20分弱のショートカットです)、北清山龍洞院
曹洞宗のお寺さんです。
(17:05)

owarihakusan-2021march-76.JPG
本堂
葉っぱ一枚落ちてない…!
(17:06)

owarihakusan-2021march-77.JPG
野口観音
(17:06)

さらに道なりに進むと…
owarihakusan-2021march-78.JPG
関無院の霊苑傍らの観音様
(17:19)

owarihakusan-2021march-79.JPG
お稲荷さん(野口稲荷)
(17:22)

owarihakusan-2021march-80.JPG
右隣の白い建物は、関無院の本堂
(17:22)

owarihakusan-2021march-81.JPG
石が花形に埋めてある通路。かわいい!
(17:23)

owarihakusan-2021march-83.JPG
ヒマラヤユキノシタ
(17:24)

owarihakusan-2021march-84.JPG
折角なので、本堂にもお参りしときましょう。
ちなみに、山号は北応山。臨済宗のお寺さんです。
(17:25)

owarihakusan-2021march-85.JPG
境内と周辺は花がいっぱい。素敵ー。
(17:25)

owarihakusan-2021march-86.JPG
山門には仁王像。立派なお寺さんですねえ。
(17:27)

owarihakusan-2021march-88.JPG
白木蓮が満開!
(17:28)

owarihakusan-2021march-90.JPG
優美な花ですねー。
(17:29)

owarihakusan-2021march-92.JPG
コブシ(辛夷)も満開!
(17:30)

owarihakusan-2021march-93.JPG
レンギョウも咲き始めました。春だわー。
(17:30)

owarihakusan-2021march-94.JPG
ツツジは種類が多すぎて分からない…。
2021/03/31追記;多分、ミツバツツジです。
(17:32)

owarihakusan-2021march-95.JPG
はい、おつかれー。
無事、ふれあいの森駐車場に戻ってきました。すっかり夕暮れだわ。
(17:40)

owarihakusan-2021march-96.JPG
駐車場にいつもいる猫。ここの主ですな。
(17:41)

当日のデータ:
所要時間と距離は 2時間57分、累積距離8.4㎞、累積標高368m
天気 晴、気温15~12℃、湿度35~40%
トイレは、関無院にはありました。ちごの森にもあります。

尾張白山から入鹿池往復はこんな感じ。私は無駄に長距離を歩きましたが、神尾集落を最短で抜け、県道453号線沿いを進めば、かなりのショートカットです。これで、尾張白山、尾張本宮山、尾張富士の位置関係がばっちり掴めました。三山駆けは体力的に全く自信がありませんが、二山縦走という新たな目標ができました(笑)
さて次はどこに行こうかな。

おまけ
owarihakusan-2021march-97.JPG
本日の戦利品

18march2021-02.JPG
実山椒と合わせて佃煮にしました。結構な量を摘んできたつもりだっけれど、調理したら嵩が半分以下になった(笑)

林道大山池野線、小牧側が気になったので、翌日、小牧側から見に行きました。
hohak-chigonomori-2021march-01.JPG
ふれあいの森、ちごの森分岐のあたりです。小牧側もがっつり通行止め。
脇の隙間から入れそうだけれど、問題が起こるとマズイので止めとこう…。

ついでに、ちごの森から天川山へアプローチするときの踏み跡も見に行ってみました。
hohak-chigonomori-2021march-08.JPG
この画像の下矢印マークのところです。

hohak-chigonomori-2021march-09.JPG
木の柵から、さらに虎ロープが伸びていた…。
以前はここまでがっつり進入禁止ではなかったのですが…。もう、ここも通れないわね。

hohak-chigonomori-2021march-12.JPG
この花は何ー?樹木に咲いていました。直径3~4㎜くらいで、花弁は4枚。木から直接咲いています。ちごの森だけでなく、結構、あちこちで見かけます。
2021/03/31追記;名前が判明。ヒサカキ(姫榊)の花です。

この記事へのコメント