志段味古墳群さんぽ その2(2021年2月)

青塚古墳ガイダンス施設でいただいた、「歴史の里 しだみ古墳群」のパンフレットを参考に、名古屋市守山区を歩いてきました。
その2は、白鳥塚古墳と勝手塚古墳です。

その1↓の続きです。


shidami-2021feb-34.JPG
埴輪と葺石でミニ古墳風。かわいい!

shidami-2021feb-47.JPG
住宅地を抜けて5分くらいで到着。道路を挟んで3、4台停めれる駐車場とトイレ、案内看板もあります。

shidami-2021feb-37.JPG
4世紀前半に造られた墳長約115m、県下3番目の大きさを誇る前方後円墳です。

shidami-2021feb-38.JPG
登ります。

shidami-2021feb-40.JPG
後円部墳頂に再現された石英小礫の石敷

shidami-2021feb-42.JPG
渡土手
幅が9mあり墳丘に登る通路として使われていたそうです。

shidami-2021feb-44.JPG
墳丘斜面の葺石再現
斜面には、人頭大の円礫、角礫が葺石として敷かれ、その上に石英が散りばめられていたとされています。
石英が太陽光を反射し、さぞ神々しい姿だったことでしょう。

shidami-2021feb-46.JPG
前方部の端っこ
この先は大矢川で崖になっています。

shidami-2021feb-48.JPG
勝手塚古墳まで来ました。白鳥塚古墳から10分くらい。公民館があるので車は数台停められそう

shidami-2021feb-52.JPG
公園になっています。ちびっ子(と保護者)がいっぱいで、見学をちと憚られる雰囲気…。

6世紀はじめに造られた墳長約55mの帆立貝式古墳で、後円部と前方部どちらにもお社が祀られています。
shidami-2021feb-49.JPG
後円部の舞台殿と本殿

shidami-2021feb-50.JPG
本殿裏手

shidami-2021feb-51.JPG
神社裏には堤と濠が残っていました
しだみゅーに戻ります。ここから2分くらい。

しだみゅー、大塚・大久手古墳群地区、白鳥塚古墳、勝手塚古墳はこんな感じ。ちょっと歩き足らないので、東谷山白鳥古墳も見てこればよかったなと反省。東谷山に登ったら見てこようと思います。
さて次はどこに行こうかな。




この記事へのコメント