大森神社(大森城址)さんぽ(2020年12月)

可児市の大森神社(大森城址)を歩いてきました。
大森城は、土岐三河守悪五郎(久々利頼興)に仕えた奥村元信の嫡子・元広(又八郎)によって築城されました。又八郎は美濃金山城主・森長可に仕えていましたが、謀反の企てが明るみとなり、天正10(1582)年、森長可に攻められ落城。その後、小牧長久手合戦の際に、美濃金山城の南方防衛として長可によって利用されたと伝えられています。

今回のGPSログ(ルート)はこちら↓ その他のデータは記事後方に記載しています。
Screenshot_20201228002YAMAP.png

Screenshot_20201228001YAMAP.png
神社にあった縄張り図を見ると、ピンク色で囲んだあたり一体がお城だったっぽい感じです。
間違ってるかもだけど…。

oomori-2020dec-01.JPG
鳥居をくぐっていざ登城
(12:19)

oomori-2020dec-02.JPG
土岐桔梗の紋とお城の概略

oomori-2020dec-03.JPG
大森神社
岐阜県神社庁のHPによると、
当社は、大森城(城主、奥村又八郎)のあった位置から、約50米下方に鎮座し、城主が鬼門除けの護神として崇拝していたと推察されている。
だそうです。
(12:20)

oomori-2020dec-04.JPG
大森城と城址東にある吹ヶ洞砦の案内と縄張り図
(12:21)

oomori-2020dec-05.JPG
神社の脇から城址に入ります(赤い矢印のところ)
(12:22)

oomori-2020dec-06.JPG
小さいけれど目立つ案内表示もあります。
(12:23)

oomori-2020dec-07.JPG
後ろしか見えない石碑
藪すぎて表に回るどころか近づきもできなんだ。この時期に藪なので、夏場は草木に埋もれそう(笑)
(12:24)

oomori-2020dec-08.JPG
堀切?
(12:34)

oomori-2020dec-09.JPG
本丸跡かな?
案内表示はここまでしかありません。
(12:35)

oomori-2020dec-11.JPG
本丸跡の周囲はこんな感じの堀になっていました。
(12:39)

oomori-2020dec-12.JPG
こちらも堀切かなあ
(12:41)

oomori-2020dec-14.JPG
踏み跡を辿って進みます
(12:47)

oomori-2020dec-15.JPG
麓に下りてきました
(12:51)

oomori-2020dec-16.JPG
オレンジ色の建物の奥あたりが吹ヶ洞砦跡
大森城址以上に説明がなく、ルートが不鮮明だそうで、探索に躊躇しています。夏場はもっと条件が悪くなるけど…。
(12:52)

oomori-2020dec-18.JPG
大森川沿いに石仏群
(12:57)

当日のデータ:
所要時間と距離は、41分(休憩なし)、累積距離1.1㎞、累積標高48m
天気 晴、気温9℃
トイレはありません。

大森神社(大森城址)はこんな感じ。
」吹ヶ洞砦は…記事にも書いたように探索は厳しそう。ちなみに、大森神社から吹ヶ洞砦までは15分くらいの距離です。この近辺の山城跡で未訪なのが、塩河城址(塩河=しゅうが)、室原城址、土田城址、羽崎城址。気が向いたら探索してきます。(どれも、結構な藪とのこと。行くなら今の時期だな…)
さて次はどこに行こうかな。

関連記事:
奥村元信の主君・久々利頼興の居城だった、久々利城へ訪れた様子はこちら↓



この記事へのコメント