[旅]万座亭に宿泊(群馬と長野(2020年9月)その4)

GoToトラベルを利用して、1泊2日で群馬と長野に行ってきました。往訪先は、1日目が鬼押出し園、白糸の滝、草津温泉、万座温泉(宿泊も)、2日目が軽井沢と小諸です。

その3↓の続きです。


草津をあとにし、万座温泉へ。途中、国道292号線の通行止めで大幅う回させられるわ、通行料は課金されるわ、宿到着が遅れるわでテンションだだ下がり。国道292号線を通るときは交通情報に気をつけて…(涙)

gunnag-2020sep-00120.JPG
投宿地、万座亭に到着(翌朝撮影)


客室

gunnag-2020sep-00101.JPG
7畳半の和室です。洗面所、トイレはありますが、バスなしです。
座卓には、お茶セット、お茶菓子、ミネラルウォーター、消毒、TVリモコンが用意されていました。

gunnag-2020sep-00102.JPG
お茶菓子は笹まんじゅうと豆菓子。消毒用スプレーも装備されていました。
コロナのせいで接客のお仕事は手間と心配が増えて本当に大変だと思います。頭が下がるわー…。

gunnag-2020sep-00103.JPG
嬬恋村オリジナルのミネラルウォーター

gunnag-2020sep-00104.JPG
お茶セット

gunnag-2020sep-00106.JPG
タオルと歯磨き

gunnag-2020sep-00105.JPG
温泉用のかごとバスタオルも準備されています。

gunnag-2020sep-00118.JPG
スキンケアアメニティは、ミキモトのトライアル品でした。何だかキレイになれそう(笑)

gunnag-2020sep-00117.JPG
洗面所
ドライヤーは左の茶色の巾着に入っていました。

ドリンクサービス

gunnag-2020sep-00114.JPG
フロントの右手側、館内閲覧用の書庫の一角にフリードリンクのスペースが設置されていました。
夕方17:00~20:00まで。

gunnag-2020sep-00115.JPG
内容はコーヒー、紅茶など。

大浴場「白鐵(鉄の旧字)の湯」

gunnag-2020sep-00107.JPG
草津温泉をもうひとつ濃厚にしたような、パンチの効いたお湯です。身体にぐいぐい迫るワイルドな泉質、いやあ、もう本当に最高でした。
また漬かりに行きたい。今すぐにでも!
部屋にあった成分表によると、湧出地測定でPHは2.8、泉質は酸性・含硫黄-Mg,Na-硫酸塩温泉だそうです。身体に効きそう。

貸切温泉

gunnag-2020sep-00144.JPG
朝、誰もいなかったので激写。同じタイプのお風呂がふたつあります。

gunnag-2020sep-00145.JPG
こじんまりとしていて素敵。ほっこりできそう。

晩ご飯

gunnag-2020sep-00113.JPG
夕食、朝食ともに食事処でいただきました。

gunnag-2020sep-00108.JPG
感染対策のため、席は対面でなく横並びで着席。

gunnag-2020sep-00110.JPG
めっちゃボリューミーでした。どのお品も手が込んでいて、とても美味しかったです。

774177417741.jpg
お品書き

朝ご飯

gunnag-2020sep-00143.JPG
一転、朝ご飯はオーソドックスな和定食です。朝は調理専門の方が少ないのかも。

もう一度、温泉に入ってから宿をアウトし、周辺の観光へまいりますぞ。
万座温泉周辺を観光(その5)に続きます。こちらから☆



この記事へのコメント