[旅]白糸の滝を見てきました(群馬と長野(2020年9月)その2)

GoToトラベルを利用して、1泊2日で群馬と長野に行ってきました。往訪先は、1日目が鬼押出し園、白糸の滝、草津温泉、万座温泉(宿泊も)、2日目が軽井沢と小諸です。

その1↓の続きです。


白糸ハイランドウェイを通って白糸の滝へ。
駐車場が独特すぎました…(路駐みたいな感じ。駐車無料なのがありがたいです)
gunnag-2020sep-0051a.JPG
滝へ続く遊歩道手前にあった標識。イヌワシ生息地域なのねー。

gunnag-2020sep-0050.JPG
地すべりでもあったのかしら…。

gunnag-2020sep-0051.JPG
10分程度で滝に到着。
結構な賑わいです。日本人だけでなく外国の方も沢山来ていました。

gunnag-2020sep-0053.JPG
伏流水が異なる地層の境から滴って滝になっているのですね。珍しいわー。
(後で調べたら、このような重要情報が。「庭を眺める感覚で」…なるほど)

gunnag-2020sep-0054.JPG
この説明に「ここは長野だから!」という勢いを感じました。群馬だとばかり思ってた。ごめん…。

gunnag-2020sep-0056.JPG
クマ生息地域の看板。
まあ、こんだけヒトが騒いでたらクマが出てくる可能性は低いと思う。分かんないけど。

gunnag-2020sep-0057.JPG
森に続く高台から俯瞰

gunnag-2020sep-0055.JPG
中部北陸自然歩道の一部(長野コース28「軽井沢木漏れ日の道」)のようです。
日本各地、様々な自然歩道が整備されていますねー。自然歩道のトレッキングする場合には、クマ除け持ったほうがいいかも。特に今年は。
そして、「碓氷峠」の標識を見て、家人と一通り、「下り最速」だの「豆腐屋」だのと大盛り上がり。痛々しい夫婦だ…。

gunnag-2020sep-0058.JPG
人の手が入っていたとしても、美しく優雅であることに変わりはないですよね。素敵だわー。

さて次は、草津温泉へ向かいます。こちらから☆



この記事へのコメント