迫間城址に登ってきました。その1(2020年8月)

この地を支配していた大島光俊の一族の居城があったと言われている、迫間城址に登ってきました。今回は、ふどうの森駐車場からスタート、のべぶり岩〜金比羅山〜迫間不動〜城址の周回ルートです。

今回のGPSログ(ルート)はこんな感じです。所要時間と距離は、1時間54分(休憩15分含む)、4.2㎞です。
screenshot_hazama.png
うっかり、こんぴら道に進んでしまったため、登り直しの鍛錬ルートです(爆)

hazama-29aug2020-01.JPG
ここから登ります。車輛通行止め(自転車もお断り)ですが、人及び獣は通行可(15:29)

hazama-29aug2020-03.JPG
分岐をのべぶり岩、金毘羅山方面へ(15:36)

hazama-29aug2020-04.JPG
こんな感じの山道を進みます。

hazama-29aug2020-07.JPG
のべぶり岩に到着(15:46)
名古屋の米相場を、小牧山からの旗信号で美濃飛騨方面に伝えた場所、だそうです。岩に登ってみましょう。

hazama-29aug2020-08.JPG
岩からの眺め
伊木山しか分からん…。冬だともっとクリアに見えるかしら。

hazama-29aug2020-10.JPG
コースの案内標識に沿って、不動の展望台へ。(15:55)
関市のHPに掲載されているものと同じ地図(PDF)看板が建っています。

hazama-29aug2020-11.JPG
金毘羅山へ向かいます。(15:57)

hazama-29aug2020-013.JPG
道なりに進んで、金毘羅山に到着。神社がお祀りされています。(16:00)
お社の脇を通ってきました。

hazama-29aug2020-014.JPG
各務原市最高峰(383m)です

hazama-29aug2020-015.JPG
二等三角点「鵜沼村」があります。

hazama-29aug2020-017.JPG
来た道を戻って迫間山へ。こんぴら道を経由します。(16:07)

hazama-29aug2020-018.JPG
岩ごっつごつの山道を下ります。
「金毘羅」って言ったら、♪お舟に揺られてしゅらしゅしゅしゅ~っていう優雅なイメージなのに…(?)
追記;ぐぐってみたら、正しい歌詞は「金毘羅船々(こんぴらふねふね) 追風(おいて)に帆かけて しゅらしゅしゅしゅ」でした。
順風満帆で縁起がいいね!と同時に、自分の不確かさを反省…。

hazama-29aug2020-022.JPG
ゴツゴツ道を下ったところに、迫間不動を示す看板が設置されています(16:23)

hazama-29aug2020-023.JPG
本堂前に出てきました。(16:25)

hazama-29aug2020-024.JPG
振り返って撮影。迫間城址って書いてあるわね…(16:26)
こんぴら道に進まず、稜線に沿って歩くとそのまま迫間山に行ける感じ。

hazama-29aug2020-025.JPG
迫間不動奥之院、八方不動を経由して迫間城址へ向かいます。(16:27)

続きはこちら↓


令和2年の初詣に迫間不動へお参りした時の様子はこちら↓


この記事へのコメント