[旅]鬼押出し園に行ってきました(群馬と長野(2020年9月)その1)

GoToトラベルを利用して、1泊2日で群馬と長野に行ってきました。往訪先は、 1日目が鬼押出し園、白糸の滝、草津温泉、万座温泉(宿泊も)、2日目が軽井沢と小諸です。

gunnag-2020sep-002.JPG
東美濃を朝8時頃出発して、昼前に鬼押し出し園に到着しました。
入園料はJAF割引が効いて大人1人550円
到着までに高速道路以外の有料道路料金所が3回くらいあって、中世の関所かよ…って思った…。

gunnag-2020sep-001.JPG
タモさん来たのねー(浅間山はブラタモリ#145だそうです)
ブラタモリ面白いよねー。タモリ倶楽部も。

gunnag-2020sep-003.JPG
どこからでも浅間山(標高2,568m)が見えます。いいわね。

gunnag-2020sep-004.JPG
ヒカリゴケ
この写真では分かり難いけれど、ウランガラスみたいな蛍光緑色が妖しくて素敵。
発光の仕組みは、原糸体(苔、羊歯の胞子発芽後に形成される構造)のレンズ状細胞が光に反射するためだそうです。ウコンハネガイの発光の仕組みに似てるー。ちなみに、ウコンハネガイってこんな貝。外套膜細胞が外の光を反射して輝きます。

gunnag-2020sep-007.JPG
画像を見直して、台湾の野柳地質公園を思い出したけど、今ググって見たらあまりにも違いすぎた…。

gunnag-2020sep-009.JPG
「堤(義明)」と聞くと、もれなく「沢口靖子」とか連想するけど、これこそググっちゃだめなやつだ…。 
背後に写っているお寺さんは、東叡山寛永寺別院 浅間山観音堂
東の叡山(比叡山)だから東叡山。ってことは天台宗のお寺さんってことねー。

gunnag-2020sep-0012.JPG
絵馬は細長い短冊タイプ

gunnag-2020sep-0014.JPG
敷地の一番端、奥之院に向かって進みます。

gunnag-2020sep-0015.JPG
今年はコロナで人があまり山に入っていないのと、天候不順からどんぐりが不作で、各地でクマ出没が相次いでいるとか。
数時間トレッキング程度の低い山でもクマ鈴を持参したほうがいいのかしら。でも、こんな意見もある…。

gunnag-2020sep-0020.JPG
トウゴクミツバツツジ
5~6月に濃い桃色の可憐な花が咲きます。ツツジなのに、アジサイみたいな葉っぱねー。

gunnag-2020sep-0025.JPG
奥之院参道から軽井沢方面の眺め

gunnag-2020sep-0026.JPG
何の五輪塔だったか失念…。

gunnag-2020sep-0030.JPG
ガンコウラン
ローズマリーみたいな枝ですね。
wikiによると、実はジャムなどにして食用可能とのこと。食べてみたいー。

gunnag-2020sep-0034.JPG
面白い礫岩

gunnag-2020sep-0039.JPG
イブキジャコウソウ
麝香って名前なくらいだから、さぞかし良い香りがするのでしょう。

gunnag-2020sep-0044.JPG
石割の松
樹齢100年くらいだそうです。

gunnag-2020sep-0045.JPG
惣門と浅間山鬼押出之碑
石碑は、古っぽい書体(篆書体)で書いてあったので、さぞかし謂れがあるんだろうと眺めたところ「昭和39年」の文字が。
いやいや、最近じゃん(笑)

gunnag-2020sep-0047.JPG
惣門の巴瓦がオサレ

09595419202010oosd.png
端から端まで歩いて1時間ちょっとくらい。奇岩ごろごろで超楽しい施設でした。
平均標高は1,300mくらい(GPSログ、標高ログ共に赤丸で囲んだところが鬼押し出し園)です。高原の気候が爽やかでした。

次は、白糸の滝に向かいます。こちら☆


この記事へのコメント