御嵩城跡とみたけの森さんぽ(2020年3月)

みたけの森と御嵩城(本陣山城)跡を散歩してきました。
御嵩城は2か所あると後日知ったので、もう片方のお城(権現山城)も後日訪問しました。


みたけの森


IMG_2830.jpg
駐車場はしだれ桜が咲きかけでした。
みたけの森は、どこまでも林道が続く楽しい山道でした。地図で確認すると、高原湿原、ゴルフ場横、製薬工場を越えて久々利城跡まで踏破できそうな感じです。

IMG_2829.jpg
山茱萸(さんしゅゆ)…かな。

それでは城跡へ。

御嵩城跡(本陣山城)


IMG_2826.jpg
なかなかカジュアルな城址です(笑)

IMG_2969.jpg
説明看板
この説明によると、天文年間に小栗信濃守が築城、当初は東の権現山に城を構えていましたが、さらなる防備のためこちらに移ったとされています。
天文21(1552)年、小栗信濃守は高山城(土岐市土岐津町)侵掠するも失敗、小里城拠点の小里出羽守光忠及び、明智(白鷹)城拠点の遠山与助に逆寄せられ敗走、小栗信濃守は自刃、二十歳になる娘も自害、配下は離散、御嵩城は落城したそうです。

IMG_2970.jpg
縄張図

IMG_2827.jpg
標高は243m(地理院地図では241m)

IMG_3219.jpg
二の丸跡

IMG_2828.jpg
二の丸だったと思しきところの隅に、小さな石塔が建っていました。
正面には金毘羅大権現、瑜伽山大権現と刻んであります。横面には、文久三年亥春建為、反対の横面には建主者かな、名前っぽい文字が彫ってありました(読めませんでした。拓本取れば読めたかも…)
文久3年は西暦でいうと1867年、幕末です。この年に起こったことは、徳川家茂の上洛(3月)、薩英戦争(7月)など。

IMG_3221.jpg
本丸跡は展望台になっています。

IMG_3223.jpg
南西方向を望んだところ

IMG_3226.jpg
北東方向を望んだところ

後日訪問。権現山城

御嵩城跡(権現山城)

城跡は現在、本丸だったところに金峯神社が祀られ、山全体は金峰ふれあいの森という公園(?)として整備されています。所在地は御嵩町御嵩1849。

IMG_2971.jpg
可児川沿いの北入口から登りました。

IMG_2972.jpg
北入口から登ると、(この画像には映ってないけれど)さまざまな椿を鑑賞することができました。
普通、椿って直径5㎝くらいだと思うのだけれど、にぎりこぶしくらいの大きさのものもあったり。種類としては、見上げる高さだったので藪椿だと思います。

IMG_2973.jpg
それっぽい石垣があったりして、本陣山城よりも、こちらのほうが古城の趣があります。

IMG_2974.jpg
土橋だったと思しき場所に、本丸と出丸への標識があります。

IMG_2976.jpg
本丸だったところは、金峯神社が祀られていました。

IMG_2975.jpg
古いお石塔もありました。彫字などは見つけられず…。

IMG_2977.jpg
本丸の標高は170m

IMG_2978.jpg
出丸から本陣山城を見たところ。小さーく本陣山城頂上の展望台が見えました。

IMG_q2978.jpg
本陣山城展望台のアップ。〇で囲んだところです。
直線距離にして500mくらい。

IMG_2984.jpg
出丸の標高は180m




御嵩城跡(本陣山城、権現山城)はこんな感じ。


この記事へのコメント