[旅]大覚寺に行ってきました(京都と滋賀(2020年2月)その1)

2020年最初の旅行。1泊2日で京都(嵯峨野、亀岡)と滋賀(大津)へ行ってきました。
必殺シリーズファンの家人の希望で大覚寺へ。
比較的早い時間に到着したので、門前の寺院専用の駐車場に停めることができました。
駐車場代は1回500円。車から降りた途端に集金のお兄さんが徴収にきました。抜かりがない。
IMG_2139.jpg
はじめて来ました。立派なお寺さんですね。

IMG_2090.jpg
大玄関
緑青の吹いた銅板屋根が素敵ー。
参拝者は左側から受付と沓脱。

IMG_2091.jpg
玄関・松の間
後ろの襖絵は、狩野永徳「松に山鳥図」、手前の御輿は後宇多法皇が実際にお使いになられたものだそうです。

IMG_2092.jpg
松の間から上り框(という表現でいいのだろうか…)を見たところ。

IMG_2094.jpg
回廊を渡って宸殿へ。
左近の梅と右近の橘が植わっており、京都御所のようです。

IMG_2107.jpg
御簾の縁や房飾り(左上)や彫金(左下、右)など、どこを見ても細工が繊細で目移りしっぱなし。

IMG_2108.jpg
襖絵は、どこもかしこも金碧画。華やかです。

IMG_2115.jpg
御影堂(心経前殿)の扉
菊のご紋がカッコいいです。大正天皇ご即位で建てられたものを移築したのだそうです。

IMG_2116.jpg
御影堂からは勅使門と石舞台が望めます。

IMG_2110.jpg
村雨の廊下
時代劇でよく見るやつだ!

IMG_2109.jpg
廊下の蕪懸魚

IMG_2105.jpg
村雨の廊下からみた正寝殿
上段の間は後宇多法皇が院政を執った部屋です。明徳の和約がここで行われたと伝えられているそうです。

IMG_2132.jpg
村雨の廊下からみた安井堂

IMG_2137.jpg
安井堂軒裏天井画
屋外なのに、この美しさ!

IMG_2117.jpg
廊下を渡って、五大堂(本堂)へ
勧月台から見た大沢池

IMG_2119.jpg
大覚寺の絵馬は蓮華の花びらの形。散華みたい。

IMG_2121.jpg
ペットの柄のもありました。

IMG_2122.jpg
勅封心経殿
奈良の法隆寺・夢殿に倣い、大正14年に再建されました。

いけばな嵯峨御流の案内や物販を覗いたあと、物販室手前で返却箱にスリッパを戻して屋外へ。
IMG_2197.jpg
明智門
明智光秀が居城としていた亀山城(丹波亀山城)の一部を移築したものだそうです。
中村主水が奉行所から出てくる場面で見た気がする…。必殺シリーズは、おりくが良いよねー。楽器できる人って素敵(違)

IMG_2200.jpg
門から明智陣屋を望んだところ。

では、隣の大沢池へ向かいますよ。
続きはこちら↓


この記事へのコメント