[旅]いけだ の鰻と三嶋大社参拝(伊豆(2019年12月)その8)

2019年最後の旅行!2泊3日で伊豆へ行ってきました。
その7↓の続きです。


三島スカイウォークを後にし三島駅前へ。
IMG_1041.jpg
三島に来たからには、うなぎを食べずして帰れません。駅前のコインパーキングに駐車して隠れた名店・いけださんへ。
11時半少し前で、運良く待たずに入店。私たちの後のお客さんは、しばらく待っていました。

IMG_1040.jpg
うな重・並 2,800円
関東のうなぎなので、ふかふかトロトロでした。うんまーい!
普段食べている、関西風の皮目をかりかりに焼いたうなぎも良いですが、関東風のふかっとしたうなぎも侮れない美味しさ。
どちらもそれぞれに美味しいので、どちらが良いというのはありません(味も異なるので別物だと思います)が、敢えて棲み分けるなら、気合や活力を注入したい時は関西風のがっつりしたうなぎ、仕事やプライベートで心が折れて、癒されたい時は関東風をいただきたい感じ。
ま、実際は関東風にしろ、関西風にしろ、そうしょっちゅう食べられるもんじゃないけれど。だってうなぎだもん。

三嶋大社へ。
IMG_1032.jpg
三島市内のマンホールの蓋は桜の柄でした。

IMG_1042.jpg
大社前の歩道に埋め込んであった、箱根旧街道の銘板
三島宿〜箱根関所は15km。おおよそ3里半。当時の旅人は1日40km(10里。「男十里 女九里」なので、女性は36km)歩いたと言われているので、その日の行程の半分ちょっと前、くらいの距離ですかね。
さらに足元、草鞋履きでしょ、私には絶対無理だな!

IMG_1047.jpg
伊豆国一之宮だそうです。立派なはずだわ!
祭神は、大山祇命と事代主神(恵比寿さん)で、まとめて三嶋大明神。本地仏は薬師如来だそうです。

IMG_1059.jpg
紅白でなく鯨幕と結界が張られた祭壇がありました。これは何をするところなんだろう?

IMG_1048.jpg
三嶋大社の絵馬は、祭神の恵比寿さんが2つ、源頼朝騎乗図も2つ、流鏑馬、七五三でした。
(源頼朝は三嶋大社で源氏再興の祈願を行ったとされています)


IMG_1061.jpg
大社のよりどころ(休憩、お土産物やさん)で一休み
福太郎餅とお茶セット。200円。
福太郎餅は、赤福の草餅バージョンって感じでした。勿論おいしかったけれど、お茶も美味でした。茶どころだもんね。
(後で調べたところによると、草餅なのは、ヨモギで邪気を払うという意味があるそうな。なるほどな)

IMG_1062.jpg
福太郎爺ちゃん、飄々としてていいねー。

三嶋大社を後にし、コインパーキングへ車を取りに戻り、近くのスーパーマーケットをパトロールして帰ってきました。
大晦日でしたが、ありがたいことに渋滞にも巻き込まれませんでした。
初日夜が寒くて、体調不良になってしまったほかはトラブルもなく楽しく旅ができてよかった!

さて次は、みんな大好きお金のはなし。旅のまとめです。





この記事へのコメント