[旅]伊豆畑毛温泉 大仙家に泊まりました(伊豆(2019年12月)その6)

2019年最後の旅行!2泊3日で伊豆へ行ってきました。
その5↓の続きです。


IMG_0998.jpg
(画像は翌朝撮影)
伊豆畑毛温泉 大仙家さんに到着。
HMIホテルグループというチェーンの旅館だそうです。

IMG_0986.jpg
広々としたロビー
フロントの奥は売店です。品揃えは昭和の旅館(笑)

IMG_0956.jpg
お部屋は8畳+床の間、縁側、洗面所、バストイレ付でした。2人には十分な広さです。
チェックインの時に、部屋の鍵を2ついただけました。これはありがたいです。

IMG_0982.jpg
客室はフリーWifi完備。ありがたいですね。

IMG_0961.jpg
お茶セットと浴衣
タオルは、バスタオル、フェイスタオル共に持ち帰り不可でした。旅館の名前の入ったぺらぺらのタオルをお土産に持ち帰るのが楽しみなのでこれは残念でした(旅館のぺらぺらタオルは早く乾くのでGOODです)

IMG_0957.jpg
バストイレ

IMG_0987.jpg
アメニティと温泉バッグ
お風呂に行くとき用のメッシュバッグが用意してありました。これは便利!

IMG_0964.jpg
珍しい温泉とのことなので、ご飯の前にお風呂へGO
脱衣所は、衣類籠に目隠しの布がセットしてあったり、スリッパが混同しないように、各自の棚へ置いておくことができたり…とプラスアルファが光っていました。
洗面所は、化粧水、ドライヤー、ヘアブラシ、ドライヤー完備。
温泉は、湯温の異なる湯舟が内湯3つと露天風呂。小さめのサウナと水風呂もありました。
お風呂の装備品は、シャンプー、コンディショナー、ボディーソープと石鹸。
泉質は、単純温泉とナトリウム炭酸水素塩泉。どちらも肌に優しいアルカリ性です。
(詳しくは旅館のHPを参照ください)
熱いお湯とぬるいお湯を交互に入ると、あっという間に1時間くらい過ぎる…(苦笑)

IMG_0967.jpg
お風呂の次はご飯!
夕・朝ともに、こちらのレストランで頂きました。

IMG_0971.jpg
(左上)みかんの食前酒、前菜(帆立旨煮、蒟蒻、金時豆、黒胡麻豆腐、長芋からすみ和え)、お造り
(右上)薬膳豚のコラーゲン鍋
(左下)鯵なめろう
(下中)金目みぞれ仕立て
(右下)豆腐菊花餡

IMG_0979.jpg
(左)ご飯と赤だし
(中)ご飯は、山葵と鰹節を乗せる、わさびご飯でした。
(右)水菓子はみかんと小さいケーキ

デザート以外は、アラフォーにはどれもしみじみと美味しいお味でした。
あっさりとしたお料理が多いので、どちらかというと年配者向けの献立かなと感じました。

IMG_0970.jpg
館内は、随所に活け込みがあって素敵。旅館!って感じです。

食後、周囲を40分くらい散歩し(田畑の広がる長閑な場所でした)、部屋に戻ったら既にお布団が敷いてありました。
再度お風呂に入って就寝。湯冷めしにくい温泉なので、朝までぐっすり眠って、すっかり元気に。

翌朝
IMG_0994.jpg
部屋からは富士山が望めました。朝からいい眺め。

IMG_0988.jpg
朝ご飯も昨日と同じ場所で。
ご飯、お粥、納豆、パン、果物、ジュース、牛乳などはこちらからセルフサービスです。
お味噌汁、鯵の干物、陶板焼きは配膳してくださりました。

IMG_0992.jpg
陶板焼き(左下)の茶色いえのきが美味しかったです。
白いえのきよりも、しっかりした歯応えと旨味がありました。
(右下)牛乳は丹那牛乳。静岡だわ!

IMG_0996.jpg
ウェルカムドリンクの抹茶と胡桃餅を帰り際にいただいて(笑)、チェックアウト。
全体的な感想は、細かいサービスがきらりと輝く素敵なお宿でした。温泉も珍しく、食事も美味でお勧めです。

それでは、最初の目的地・三島スカイウォークに向かいます。
続きはこちら↓


この記事へのコメント