[旅]勝龍寺城公園に行ってきました(奈良・京都(2019年11月)その4)

今年も行ってきました、正倉院展。1泊2日で翌日は京都を少し観光しました。
その3↓の続きです。

サントリー京都ブルワリーを後にして、勝龍寺城公園へ。駐車場は、公園に併設されていました(ただし、狭くて数台しか停められなさそう)
IMG_0155.jpg
公園入口には「細川ガラシャが嫁に来た城だよ」の石碑が建っていました(玉はガラシャの本名)
このお城で、挙式を執り行い、新婚時代の2年間を過ごしたそうです。
ところで、細川ガラシャというと魔界転生(深作バージョン)の「おほほ…上様~」のイメージが強烈で、真っ先にこれを思い出してしまう…(大間違い)

IMG_0156.jpg
来年の大河ドラマ(麒麟がくる)、ガラシャ役がまだ未定ですが、それよか濃姫の場面がどうなるのか気になって仕方がないです(爆)

IMG_0165.jpg
お城が公園の管理棟になっています。2階は展示スペースになっていました。

IMG_0158.jpg
お城の裏は高台になっていてよい眺望です。

IMG_0160.jpg
下半分くらいが、当時の石垣です。自然石の形状を生かした野面積みと呼ばれる工法です。

IMG_0163.jpg
石垣などに転用されたお石塔、石仏など。
これらは、石材不足を補う以外に、お城守護の目的もありました。

IMG_0167.jpg
細川忠興、ガラシャの像
このお二人、仲が良かったと言われている一方で、ガラシャの侍女の鼻を削いだり、光秀謀反のあおりで彼女を丹波(味土野)に幽閉(数年後大坂玉造の細川屋敷に呼び戻しています)したりとよく分からんです。幽閉は彼女の身を案じての行いかもだけど。

IMG_0168.jpg
長岡京市のマンホールの蓋は、竹とたけのこの柄でした。

IMG_0169.jpg
近くのうどんやさん「花車」であんかけ卵とじうどんをいただきました。風が冷たい日だったので、暖まりました。美味しかったー。

次は、伏見稲荷へ。
続きはこちら↓


この記事へのコメント