[旅]コロールの老舗タイ料理やさん・スリヨタイ(パラオダイビング(2019年9月)その18)

9月22日から27日まで5泊6日の日程で、10年ぶりにパラオへダイビングに行ってきました。
その17↓の続きです。


晩ご飯を食べに出かけますよ。
IMG_9106.jpg
日本でこれをやるとお巡りさんに怒られますが、パラオでは荷台に普通に人が乗ってます。

IMG_9113.jpg
道すがら、パラオコミュニティカレッジに寄り道してみました。
パラオの伝統的建築物バイ

IMG_9111.jpg
リー・ブー王子(Prince Lee Boo)の像
イギリスを初めて訪れた太平洋島嶼人(という表現でいいのかしら。ウィキぺディアにはone of the first people from the pacific islanders to visit Great Britainと書いてありました)です。

IMG_9126.jpg
(帰りに写したので、真っ暗です…)
パラオは今年独立25周年。おめでとうございます!
あちらこちらに独立記念の看板や国旗が掲げられていました。

IMG_9121.jpg
スリヨタイに到着
以前は旭運動場(Asahi stadium)の裏にありましたが、メイン通り沿いに移転しました。
お店の規模は以前よりちょっとコンパクトに。

IMG_9115.jpg
ビール(ハイネケン)とタイアイスティー(練乳入り激甘ミルクティー)
隣のテーブルでは、お店の子が母親と一緒に算数の宿題をやっていました(笑)
パラオはとてものんびりした国ですが、教育には熱心で小学校でも落第とかがあるらしいです。

IMG_9119.jpg
パッタイ(焼きそば)
前回食べた時は、生のもやしと砕いたピーナッツがトッピングされていましたが、もやしも一緒に炒めてありました。

IMG_9120.jpg
白身魚甘酢炒め
誰にでも食べやすい、くせのないケチャップ味です。ご飯はサービスで付いてきます。
ミルクティ、ビール、焼きそば、甘酢炒めで31.90usd(サービス料込み)でした。支払いは、ニコニコ現金払い。

メイン通りを挟んで対面のスランゲルズというスーパーに寄ってみました。
個人的な感想は、お土産になりそうな品は、WCTCの方が多いかも。
IMG_9125.jpg
生鮮食料品のコーナー。スランゲルズに限ったことではなく、どのスーパーも生鮮食料品は少なく、生活に必要な品(食料品、日用品、医薬品など)は基本的に輸入なので物価は高めです。
さらに、海況が悪い日が続いて船が入港できないと、途端に品薄になるらしいです。
あ、でもバナナとかパパイヤなどの果物や、魚介はある程度自給しているかも。

IMG_9124.jpg
関東ではもう売っていないカールがこんなところに。お値段1.79usd

さて、ホテルに戻って翌日に備えます。
明日はペリリュー島の戦跡ツアーに参加です。
続きはこちら↓


この記事へのコメント