[旅のTIPS]療養泉一覧(ほぼ個人用メモ)

療養泉とは、温泉(水蒸気その他のガスを除く)のうち、特に治療の目的に供しうるもので、以下の温度又は物質を有するものと定義されています(環境省HP該当ページより)

療養泉として認められる条件、
 1、源泉温度が摂氏25℃以上であること。
 2、以下掲げるもののうち、いずれかの物質が温泉水1kg中に含まれていること。
 ・ガス性のものを除く溶存物質 総量…1000mg以上
 ・遊離二酸化炭素…1000mg以上
 ・総鉄イオン…20mg以上
 ・水素イオン…1mg以上
 ・ヨウ化物イオン…10mg以上
 ・総硫黄…2mg以上
 ・ラドン…30(100億分の1キュリー単位)以上
これらの成分や温度を元に、現在、療養泉は10種類に分類されています。

療養泉と呼ばれる泉質一覧
 ・単純温泉
 ・塩化物泉
 ・炭酸水素塩泉
 ・硫黄泉
 ・酸性泉
 ・硫酸塩泉
 ・含鉄泉
 ・放射能泉
 ・二酸化炭素泉
 ・含よう素泉


療養泉における全泉質共通一般的適応症・禁忌症
適応症(浴用)
筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期)運動麻痺における筋肉のこわばり、冷え性、抹消循環障害、胃腸機能の低下(胃がもたれる、腸にガスがたまるなど)軽症高血圧、耐糖能異常(糖尿病)軽い高コレステロール血症、軽い喘息又は肺気腫、痔の痛み、自律神経不安定症、ストレスによる諸症状(睡眠障害、うつ病など)病後回復期、疲労回復、健康増進

禁忌症(浴用)
病気の活動期(熱のあるときなど)活動性の結核、進行した悪性腫瘍又は高度の貧血など身体衰弱の著しい場合、少し動くと息苦しくなるような重い心臓又は肺の病気、むくみのあるような重い腎臓の病気、消化管出血、目に見える出血があるとき、慢性病気の急性増悪期


この記事へのコメント