卵巣嚢腫手術録 その23(術後21ヶ月検診編)

手術を受けた総合病院へ、術後21ヶ月検診に行ってきました。
前回の診察から半年。冬です。辛い時期がやってきました。しかも、今回は生理真っ只中…。
問診で先生に「調子はどうですか」と尋ねられ、「良かったり、悪かったり」と返答したところ「あがったり、さがったりって感じですかね」と。うーん、どちらかというと「さがったり、強くさがったり」って感じかも。基本的にローテンション。
問診ののち、内診。結果は、卵巣は異常なしで、子宮筋腫は4㎝と、はじめて筋腫の大きさを言われました。10月の会社の健康診断でウエストが増えてた理由のひとつはこれだったのかも。
「次は6月です。がん検診も行うので、生理だったら日にちを変更してくださいね」と次回の予約を頂戴し終了。お会計は1,810円でした。

前回の診察後から、半年の体調など。
一言でいうと、先にも書いたように「あまり芳しくありません」 
気温の低下、空気の乾燥と比例して、私の気力も削がれている感じです。私みたいな寒がりには、寒いってだけで相当なストレスです。
体重、体脂肪は不摂生とプレ更年期、ストレスの三つ巴でめっきり増えました(体脂肪は25〜28%くらいを行ったり来たり、ヨガに支障があるので、少し落としたいです。具体的には、鋤のポーズの時に圧迫感(笑))
ここ数か月は、精神的なものだけでなく、首から上だけ暑いとか、突然動悸とか、とりわけ体調不良ではないのに頭痛や、腸の膨満感や、便秘と下痢が交互におこる、など、身体症状も出ているので、漢方を抑肝散が含まれているもの(抑肝散加陳皮半夏と抑肝散加芍薬黄連を服用して、抑肝散加芍薬黄連のほうが効いたので、私には、恐らく芍薬が身体に合っているのだと思います。貧血気味ですし)から別のもの(加味逍遥散や桂枝加芍薬湯など)に変えてみようかなと思っています。コスト的に桂枝加芍薬湯が効いてくれるといいのだけれど。
ちなみに、10月に会社の健康診断で胸部レントゲンで要精検が出て、かかりつけ医から紹介で、総合病院でCTを撮ってもらいました。
その時に、かかりつけのお医者様の機転で「せっかくなので、胸部だけでなく骨盤まで写してもらっておいで」と婦人科領域も撮影してもらえるように手配してくださりました。その結果、胸部は問題がなかったのですが「腸内には便秘とガス、骨盤内には腹水と子宮筋腫が認められる」というコメントを頂戴していました。この時の筋腫の大きさが何センチだったかは不明ですが、読影医の先生に指摘されるくらいには育っていたのかも知れません。ここで、大きさが分かっていれば、比較できたのになー。
とりあえず、暖かい時期になるまで、なるべく楽しいことを考えて、(やりたくないことで)やらなくても済むことは避ける方向で生活しようと思います(笑)


卵巣嚢腫手術録 その24(術後27ヶ月検診編)に続きます。
(2019年6月中旬にアップの予定です) 2019/06/07UPしました。

この記事へのコメント