正倉院展、興福寺金色堂、頭塔、新薬師寺を見てきました。 後編

奈良国立博物館正倉院展、300年ぶりに再建された興福寺中金堂、春と秋のみ特別公開される頭塔と頭塔から歩いてすぐの新薬師寺に行ってきました。

もちいどのセンター街から、頭塔へはだらだら歩いて15分くらいの距離でした。
IMG_4276.jpg
足元を見てみると…
奈良市のマンホールの蓋は、桜と鹿のデザイン。素敵。

IMG_4283.jpg
渋い酒屋さんがあったり…

IMG_4286.jpg
あちこち眺めつつ、ホテルウェルネス飛鳥路に到着。
頭塔は、ホテルの敷地内から入りました。看板が出ているので、迷うことなく辿りつけました。
ホテルでも見学受付を承っているようです)

IMG_4291.jpg
ピラミッド状に基壇が積んであります。瓦葺きの箇所(覆堂)には浮かし彫りの石仏がありました。ざっと見た感じ、如来像が多かったです。
以前は、奈良時代の僧侶・玄昉の首塚との言い伝えがあり、そこから「頭塔」と呼ばれるようになったそうです。
また、こちらも奈良時代の僧侶・実忠が、東大寺別当の良弁の命によって造られたとも言われています。実忠は、二月堂修二会(お水取り)をはじめた僧侶としても知られています。

IMG_4397.jpg
こうして地図で見てみると、東大寺からほぼ真っ直ぐ南に位置するので、首塚というより、東大寺に纏わる宗教的な意味のほうが大きいのかなと。

IMG_4296.jpg
東面端の如来三尊像と如来座像

IMG_4298.jpg
南面
手前に五輪塔も建立されていますが、五輪塔はもうちょっと後の時代(平安あたり。空海の頃から建てられ始めました)なので、こちらは後から建てられたものかなと。

IMG_4300.jpg
南面の如来三尊像。五輪塔の後ろあたりにありました。

IMG_4303.jpg
石柱には大正11年の文字が彫ってありました。
この年に、史跡として指定されました(…多分)

IMG_4302.jpg
平成12年に設置された案内表示板

IMG_4304.jpg
以前は、こちらが入口がだったようです。

IMG_4307.jpg
西側は、まだ一部発掘途中の様子

IMG_4313.jpg
北面の如来三尊像

頭塔をあとにし、次は新薬師寺
IMG_4321.jpg
天平時代、光明皇后が夫・聖武天皇の病気祈願のために創建したお寺さんです。もとは大きなお寺さんでしたが、度重なる災害で次々にお堂を失い、今残っているのは本堂のみという…。
本堂にはご本尊の薬師如来座像とお薬師さまを囲む十二神将立像が安置されています。
ちなみに、子供の頃に読んだ歴史本の影響で「光明皇后は弱者救済の慈悲の人」というイメージです。

IMG_4327.jpg
実忠和尚御歯塔
先ほどの頭塔造成に携わった実忠の歯が納められています。

IMG_4322.jpg
静かで落ち着いた中庭を抜けて庫裏へ
庫裏の一部を開放し、ビデオ上映が行われていました。

IMG_4324.jpg
まだ少しだけど萩の花が残っていました。秋だわー

IMG_4329.jpg
奈良駅に戻ってきました。
こちらの建物、今は観光案内所ですが、ちょっと前まではJR奈良駅でした。屋根の相輪が寺町っぽい!

IMG_4328.jpg
スターバックスがテナントとして入っています。座席がちょっと少ないかな…。

IMG_4330.jpg
ポストの上にも、ちっちゃいお寺さんが!

IMG_4335.jpg
IMG_4331.jpg
ガードレールに五重塔と鹿の模様が入っていました。奈良っぽくて楽しいです。

IMG_4340.jpg
コインパーキングで車をピックアップして、関西スーパーでお買い物をして帰宅しました。「関西」って名前からして、ローカル感満載です。イイネ!
朝早くに出発したので、まるっと一日、充実のお出かけでした。宝物も仏像もたんまり見れて眼福、よもぎもちも超絶美味しくて口福、たくさん歩いて元気回復、大満足です。
さて、次はどこに行こうかな。



この記事へのコメント