[旅]熊本・宮崎・鹿児島(2018年9月) その8(4日目前編)

秋の行楽に、熊本、宮崎、鹿児島へ行ってきました。
4日目が悪天候でしたが、それ以外は雨に降られることもなく、4泊5日の盛り沢山旅行です。
1日目は夕方便で熊本へ移動、市内で宿泊、2日目は鹿児島市内を観光、宿泊、3日目は鹿児島市内から鹿屋、内之浦、霧島へ移動と観光、宿泊、4日目は高千穂観光、黒川温泉宿泊、5日目は阿蘇周辺観光、夜便で帰ってきました。

旅行4日目です。
朝ご飯前の散歩に、旅館から15分の花房の滝を見に行ってみることにしました。
IMG_3420.jpg
こちらから入っていきますよ。
サンクチュアリ…鳥獣保護区かなと思った私はジビエ脳。

IMG_3404.jpg
案内表示に沿って進みますよ。

IMG_3406.jpg
こんなところにも「旅行人」が

IMG_3407.jpg
滝まで残り1/3くらいのところまで来ました。猪は怖いけれど、鹿は見たいかも。
案内表示にある林田温泉は、龍馬・お龍が新婚旅行に訪れた温泉だそうです。
そして残念なことに、林田温泉を擁するホテルは閉館された様子…

IMG_3412.jpg
下草が刈ってあって、歩きやすいように整備されています。静寂で気持ちのよい遊歩道でした。
ただ、粘土質っぽい地べたで、ちょっと滑りやすいです。霧島火山群から噴出された火山灰由来の黒ボク土かと思います。分かんないけど。

IMG_3408.jpg
花房の滝に到着
結構な水量の立派な滝です。

IMG_3411.jpg
ちなみに、実際は滝から結構離れています(笑)
「危ないから、この先進入禁止」の看板があります。そもそも崖みたいになってて、これ以上は進めなさそう。

IMG_3416.jpg
七宝焼きのような美しい模様の落ち葉。
ふちが小さくぎざぎざ(鋸歯)しています。でも、そういうのに疎いので木の種類は分かりません。

IMG_3417.jpg
宿の手前まで帰ってきました。靴底の泥を落とす洗い場がありました。なんて親切!
絶妙な水量で、見事に靴底の泥のみ流れて、靴は濡れませんでした。素晴らしい!

ホテルに戻ると、フロントの係員さんに、「ちょっと雨が降ってきちゃいましたねー」と声を掛けられました(実際、雨が降りかけていました) 周囲をよく見ているんですね。
しかも、にこやかに挨拶しつつも、手はタオルを畳むという働き者っぷりに心がときめきました。

さて、朝ご飯!
昨日と同じ「天望」で。
IMG_3424.jpg
席からの眺め。霧島連山が一望できました。
画像下のほうは、露天風呂の屋根です。お風呂からも同じように美しい山並みが臨めました。

IMG_3421.jpg
盛り沢山な朝ご飯。
手前真ん中は薩摩揚げ。左上のお豆腐は自家製です。

IMG_3423.jpg
ドレッシングは旅館オリジナルでした。

食後に再度、温泉に入って、宿をチェックアウト。

IMG_4110.jpg
チェックアウトの際、お土産のタオルと湯の花を頂戴しました。おうちでも霧島温泉気分、素敵!

本日最初の目的地・宮崎県高千穂町に向かいます。
せっかく九州に来たので、海沿いを走りたかったのですが、ナビの設定を間違えて、昨日と似たような山中を走るコースに…。
旅行人山荘から高千穂までは、九州自動車道を経由して途中休憩も含めて3時間半くらいでした。

高千穂に到着。丁度、お昼だったので、先にお昼ご飯を食べることに。
IMG_3426.jpg
宮崎に来たら、チキン南蛮!
ということで、レストハウス雲海橋にてチキン南蛮(胸肉) 1,050円くらい(もも肉バージョンもあります。200円くらい高いです。このときのメモを見ると、胸肉ともも肉で2,300円)

IMG_3425.jpg
注文したら、あっという間に運ばれてきました。
胸肉なのに、すごくジューシー!タルタルソースもマヨネーズよりもフルーティな甘酢が強い感じでした。今まで私が食べたチキン南蛮とは、全くの別物でびっくりしましたが、とても美味しかったです。

IMG_3445.jpg
しっかりエネルギーチャージをしたら観光です。
天岩戸神社に到着。駐車場も完備、しかも無料!
雨なのに、係員さんが誘導してくださりありがたかったです。

IMG_3446.jpg
まずは西本宮を参拝
天照大神と天照大神が怒って隠れてしまった天岩戸をご神体にお祀りしているそうです。灯籠の形が印象的でした。苔むしてて綺麗。
ちなみに、岩戸伝説を謳う地域は国内に結構あります。それほど、私たち日本人にとって普遍的な伝説です。
昨年10月に訪れた戸隠神社もその一つです。

次は、八百万の神様が「(引き篭もった)天照大神に出てきてもらうにはどうしよう」と協議したという天安河原(あまのやすがわら)へ
IMG_3435.jpg
天安河原は人同士のすれ違いもちょっと厳しいくらいの幅(この日は雨で、傘をさしている人が多かったため余計に狭く感じました)の歩道を突き当たりまで進んだ先にありました。所要時間はだらだら歩いて10分弱。
ここには、思兼神(オモイカネ。知恵の神様)とその他、諸々の神様(八百万の神様)が祀られています。

IMG_3432.jpg
昼間でも薄暗く、積石もたくさんあったりして神秘的な空間でした。

IMG_4076.jpg
家人のthetaで写した画像を人物が入らないようにトリミング→キャプチャしてみました。
theta+で加工するほうが自由度が高いかも。
カメラそのものは超たのしいです!(ただ、手持ちだとどうしても撮影者が写り込んでしまう…)

IMG_3444.jpg
太鼓橋を渡って…

IMG_3431.jpg
岩戸川に沿って、来た道を戻ります。
次は東本宮です。

つづきはこちらから☆

この記事へのコメント