[旅]熊本・宮崎・鹿児島(2018年9月) その7(3日目後編)

秋の行楽に、熊本、宮崎、鹿児島へ行ってきました。
4日目が悪天候でしたが、それ以外は雨に降られることもなく、4泊5日の盛り沢山旅行です。
1日目は夕方便で熊本へ移動、市内で宿泊、2日目は鹿児島市内を観光、宿泊、3日目は鹿児島市内から鹿屋、内之浦、霧島へ移動と観光、宿泊、4日目は高千穂観光、黒川温泉宿泊、5日目は阿蘇周辺観光、夜便で帰ってきました。

大隅半島を後にし、本日宿泊の霧島温泉に向けて出発です。
道すがら、霧島神宮に寄り道
IMG_3325.jpg
三の鳥居が見えてきました。

IMG_3334.jpg
入母屋造の荘厳で美しい本殿に到着
こちらの神社には、天饒石国饒石天津日高彦火瓊瓊杵尊(ニニギ。天照大神の孫。天照大神に稲穂を渡され「これを育てて、国を治めるがいいさ!」と託されました)を主祭神に、木花開姫尊(コノハナサクヤヒメ。ニニギの奥さん)、彦火火出見尊(ホオリノミコト。山幸彦)、豊玉姫尊(トヨタマヒメ。山幸彦の奥さん)、鵜鷀草葺不合尊(ウガヤフキアエズ。山幸彦の息子)、玉依姫尊(タマヨリヒメ。ウガヤフキアエズの奥さん)、神倭磐余彦尊(神武天皇)の7柱が祀られています。

IMG_3330.jpg
唐破風の彫刻アップ
画像ではちょっと分かり辛いですが、左右に象、正面には獅子、欄間部分に梅、松、菊などの植物、雲文が彫られています。
どことなく中華風の意匠が薩摩藩統治を感じますねー。

IMG_3332.jpg
絵馬の柄は、霧島九面太鼓のお面と…

IMG_3333.jpg
坂本竜馬・お龍の新婚旅行ゆかりの柄
絵馬の左に描かれているのが、龍馬が引き抜いてみせたとされる天逆鉾です。
いつぞやの大河で龍馬役の福山雅治さんが引き抜いた場面を見たとき、我が家では「エクスカリバーかよ!」と夫婦で盛り上がってしまったけれど、ウィキペディアみたら、本当に引き抜いたことになってました。笑いものにしてごめん…。

IMG_3336.jpg
本殿、参道の向いの高台にある展望台

IMG_3337.jpg
曇ってて霧島連山しか見えませんでした…

霧島神宮の名物土産・鉾餅を買って、本日のお宿に移動。
ちなみに、鉾餅は、甘さ控えめの餡子を米粉と薩摩芋粉で作った皮で包み、肉桂粉をまぶしたものでした。
ニッキの刺激が穏やかで、優しい味わいの生八つ橋って風味でした。こちらのほうが、生八つ橋より好き(個人の感想です)

IMG_3340.jpg
霧島温泉郷に入りました。湯けむりが温泉街ぽい!

IMG_3418.jpg
本日のお宿・旅行人山荘に到着(画像は翌朝撮影)
ゴーゴーインドなどで知られる、蔵前仁一さんの実家です。
こちらのお宿は、予約完了後すぐと、旅行前の2度に渡り電話を下さったり、家人の食物アレルギーにも柔軟に対応してくださったりと、ホスピタリティが最高でした。宿泊料金を考えると、すこぶるコストパフォーマンスが良い宿です。

IMG_3343.jpg
部屋は洋室

IMG_3344.jpg
洗面台だけ独立したつくりになっていました。
シンクが大きくて使いやすかったです。

IMG_3347.jpg
アメニティは、歯ブラシ、剃刀、ヘアブラシ、髪を束ねるゴム、石鹸

IMG_3349.jpg
スリッパとか、

IMG_3353.jpg
ルームキーにも「旅行人」のマークが入っていました。

IMG_3379.jpg
お茶セット
マグカップの鹿柄が可愛い!

IMG_3380.jpg
湯のみもありました。「旅行人山荘100周年記念の銘」が入っていました。
どうやら昨年が100周年だったそうです。歴史がありますな。

IMG_3351.jpg
湯沸しポットと冷水ピッチャー

IMG_3352.jpg
お茶菓子は3種類

IMG_3354.jpg
バスタオル、タオル、巾着はかごに入っていました。

IMG_3348.jpg
女性客は、エントランスで色浴衣を選ぶことができました。
帯の巾が広いので結びやすくて良かったです。
あまりに快適だったので、次から温泉旅行には幅広の帯を持参しようかと思ったくらい。

IMG_3355.jpg
普通の(?)温泉浴衣もあります(男性はこちらのみ)

宿泊客には貸切露天風呂のサービス(45分無料、4種類からチョイス)があります。
IMG_3389.jpg
私たちは「赤松の湯」に入らせてもらいました。

IMG_3384.jpg
脱衣所

IMG_3386.jpg
お風呂はこんな感じ。日が沈んだ後でしたが、解放感抜群!まっぱで外を歩き回るなんて普段なかなかできませんからねー(露天風呂でも、タオルで前を隠すでしょ。布きれ一枚あるとないでは大違い…と以前も書いた気が…
手前の浅いお風呂はちょっと熱め、奥の深いお風呂は適温でした。
温泉の泉質は硫黄泉です。

お風呂から上がったら晩ご飯。
IMG_3402.jpg
食事は、天望(という名前のレストラン)で、献立名は「花房御膳」

IMG_3394.jpg
食前酒は梅酒、小鉢は山葵湯葉餡、レモン豆腐、前菜は絹衣味噌焼き、蛸甘辛煮、おくら胡麻和え、サーモン麹和え、紅葉羹、むかごカステラ でした。蛸が柔かくて美味しかったです。
鍋は、白みそのお出汁でした。

IMG_3396.jpg
お刺身は、鮪、鰤かハマチ(貧乏舌なので分からなかった。頂いた献立表には「白身」と記載。でも、鰤もハマチも赤身魚のはず…)、湯葉
赤身の刺身は美味しいよね!

IMG_3398.jpg
煮物は玉蜀黍餡の掛かった淡色野菜

IMG_3399.jpg
茶素麺
甘味の強いお出汁でした。九州だわー。

IMG_3400.jpg
高菜ご飯とお吸い物(具は鱧つみれ、じゅんさい、おくら)、お漬物

IMG_3401.jpg
デザートは果物と茄子まんじゅう、マンゴーソースのレアチーズケーキ
茄子まんじゅうは、殊の外「白餡饅頭」でした。デザートの饅頭、チーズケーキはどちらも甘さ控えめです。
どの料理も、しみじみ美味しく、ボリューミーでお腹いっぱいになりました。

食事が済んだら、また温泉(今度は大きいお風呂)へ。
IMG_3357.jpg
大きいお風呂は、内風呂が単純泉、露店風呂が硫黄泉でした。
硫黄泉は、湯の華まみれで効果がありそうなお湯でした(成分過飽和ってことでしょ)

IMG_3363.jpg
ロビーに貼ってあった入浴心得。
実写版のルシウスを演じた阿部寛さんはまさにローマ人って感じでしたねー。

お風呂から上がったら自己流ヨガ(雑なストレッチともいう)を適当にやって就寝。
翌日に備えますよー。

つづきはこちらから☆


この記事へのコメント