護衛艦いずも体験乗船と東海大学海洋科学博物館に行ってきました。 前編

(訪問日 30年8月4日)
清水みなと祭りに合わせて着岸している護衛艦いずもの体験乗船と東海大学海洋科学博物館に行ってきました。


IMG_2394.jpg
静岡鉄道で新清水駅へ。

IMG_2395.jpg
電車が来ましたよ。午後ティーのラッピング列車でした。

IMG_2396.jpg
新清水駅に到着。ここから埠頭まで徒歩です。距離は1.5㎞くらい。
この日は天気が良く、気温もたいそう高い日でした。水筒持参で大正解(笑)

IMG_2406.jpg
人の流れにそって移動するうちに、いずもが係留されている岸に到着

IMG_2410.jpg
行列にしばし並んで、手荷物検査を受けたら、いよいよ乗船です。

IMG_2419.jpg
格納甲板へ乗船しました。だだっ広い倉庫のようなつくりです。ここで飛行甲板に出るエレベーターを待ちます。

IMG_2433.jpg
エレベーターで飛行甲板に上がったところ。エレベーターの大きさは20m×13mだそうです。
普段は、人間じゃなくてヘリコプターを運びます。

IMG_2431.jpg
飛行甲板の床材はこんな感じ。
航空機の離発着に耐えられるように、特殊塗料が塗布してあります。ざらざらです。転んだら大変なことになりそう。

IMG_2430.jpg
高性能20mm多銃身機関砲CIWS(ファランクス
対艦ミサイルを迎撃するための機関砲です。20㎜機関砲を6つ束ねたもので、3,000発/分撃発できます。

IMG_2432.jpg
艦橋部分

IMG_2449.jpg
武器水平基準板なんていうものもあったり

IMG_2447.jpg
扉のロック(かな?)が多すぎ(笑)

IMG_2443.jpg
哨戒ヘリコプター SH-60K
三菱重工業製の最大定員12人のヘリコプターです(通常乗員は3~4人)
最大速度139ノット(257.4㎞/h)、航続距離800km、実用上昇限度は4,000mです。

IMG_2455.jpg
飛行甲板を堪能したら、エレベーターで格納甲板へ戻ります。

IMG_2463.jpg
7月の西日本豪雨のときの救助、支援のパネル展示
艦のお風呂を被災者の方たちに開放していたそうです。有難いですね。

IMG_2465.jpg
救命胴衣…かな

IMG_2466.jpg
SH-60J
上のSH-60Kは、こちらの後継機です。平成27年に除籍され、今は主に乗員の艦上訓練に使われています。

IMG_2467.jpg
番号の上の女の子は、護衛艦いずものキャラクター「いずもちゃん
なかなかクールな笑顔です。

IMG_2469.jpg
SH-60Jに装備されていた対潜魚雷MK-46 MOD5(ダミーです)
魚雷って、先の大戦のころから形が変わってないんですねえ。

このほか、格納甲板では、乗船記念スタンプのコーナーなどがありました。
スタンプは3種類もありました。子供たちに大人気(笑)

下船します。地上展示を見に行きますよ。地上展示は、第34普通科連隊(板妻駐屯地)が協力していたようです。
IMG_2476.jpg
軽装甲機動車
小松製作所が製造しているライトアーマードビークル(LAV)、愛称は「ライトアーマー」だそうです。

IMG_2475.jpg
高機動車(ハイモビリティビークル、HMV)
トヨタ製の人を運ぶ車です。10人くらい乗れます。

IMG_2478.jpg
ペトリオット(Patriot)も来ていました。みんなご存じ、地対空ミサイルシステムです。
いずもと地上展示を堪能したら、お昼ご飯です。

続きはこちらから☆

この記事へのコメント