[旅]第64回 正眼夏期講座に参加してきました(2018年7月) その5(金銭出納と旅の持ち物編)

岐阜県美濃加茂市の正眼寺さんの付属教育機関、正眼短大の夏期講座(1泊2日)に参加してきました。


出費は…
参加費10,000円、飲食600円の合計10,600円です。
暑さ対策で飲み物を持参しましたが、お茶やお水は各所にサーバーが設置されていました。親切です。

持ち物は…
タオル2本、ビニール袋、歯ブラシ、歯磨き粉、デンタルフロス、パック(化粧水の代わり)、ヒルドイド(保湿剤)、ワセリン(保湿と整髪)、石けん、コンディショナー、下着、Tシャツ1枚、コンタクトレンズ(ワンデー)、メガネ、貴重品、i phone 、モバイルバッテリー、ボールペン、メモ帳、ハンドタオル、ティッシュ、ウェットティッシュ、薄手のパーカー、常備薬とサプリメント、目薬、リップ、おやつ(飴とか)、小さいショルダーです。これをリュックに詰めていきました。
※夜の就寝は、窓全開で網戸なしです。虫に刺されやすい人や、刺された後の回復に時間がかかる人は、虫除けや虫刺され薬などがあるほうが良いかもです。

恰好は…Tシャツ、ジョガーパンツ、スニーカー、帽子です。激しくダサいのですが機能性は申し分ありません(笑)

そんなこんな夏期講座ですが、今のところ、来年以降も参加するかは未定ですが(講演の内容によります)、得るものが多い素晴らしい体験でした。リピートしている参加者さんとお話することができ、その方が、「夏期講座も面白いけれど、学生さんと一緒のスケジュールをこなす履修プログラムが超楽しい」とおっしゃっていたので、そちらにも参加してみたいです。

それでは、今回のレポートは、この辺でお開きにいたします。ご高覧いただき、ありがとうございました。

この記事へのコメント