初夏の坐禅会に行ってきました。

季節ごとの開催から毎月開催になった、小牧市下末・真福寺さんの坐禅会に行ってきました。

今回は参加者が少なかったこともあり、説明少なめで、座った時の姿勢のレクチャーが中心でした。
自分では真っ直ぐ坐っているつもりでしたが、どうやら私は右に傾きやすいらしいです。
思想が坐相にまで現れるなんて…おおう。冗談はさておき、通常の坐禅会は、姿勢までは注意していただけないので本当にありがたいです。
今回の坐禅は、集中力が足らなかった…。何だか心がふわふわしていました。反省しきり。

坐禅会の流れとしては、読経(般若心経と普回向)、坐禅(15分)、休憩、坐禅(15分)、休憩、坐禅(30分)、和尚様、他の参加者さんと懇談(お茶とおやつ付き)
ご一緒した参加者さんが、いろいろとお話をしてくださって、その中でも、八百津のお寺さんの「寺マルシェ」のお話が面白かったです(検索したら、八百津の大仙寺さんだそうです。ヨガもやってるようです。ドロップインで参加したいわー)
この参加者さんは、とても勇気のある方で、過去のご自身の辛い経験のお話も聞くことができました。ただ(こんなことを言ったら失礼だけれど)辛い状況から脱することができたのは、仏さまも多少はあるかもだけれど、ご自身の努力に因るところが大きいと思います。信仰というのは、弱者に寄り添うものではあるけれど、信仰に手を伸ばすことができる人は、状況打破のワンステップは踏めています。それよりも、手を伸ばすことすらできない沈みきった人をいかに浚うかが、これからの信仰、宗教に求められる課題だと思います。生意気な意見ですが。

真福寺さんの坐禅会、毎月開催になり、参加しやすくなりました。次回は7月22日(日)夕方4時からだそうです。和尚様も、坐禅の指導は丁寧ですが、お優しい方です。興味のある方は是非!




この記事へのコメント