[旅]可睡斎 月心会(1泊2日)と油山寺、資生堂企業史料館&アートハウス(2018年6月) その1(1日目前編)

昨年10月の日帰り月心会に続き、可睡斎の月心会(今回は宿泊)に行ってきました。

両日のスケジュールは、
1日目
~11:00 受付(参加料支払8,800円)
11:00 説明
12:30 昼食(精進料理)
13:30 坐禅
15:00 法話
16:00 諸堂拝観
17:00 夕食(略応量器)
18:15 入浴
19:00 写経、お守り作り
20:00 坐禅
21:00過ぎ 消灯

2日目
5:00 振鈴(起床)・坐禅
6:00 朝のお勤め(読経)
7:00 朝食(略応量器)
8:00 掃除
9:30 坐禅
11:00 感想文、法話、懇談会など
12:00 昼食(略応量器)
13:00 解散

でした。
では、順を追ってbegin the report!
(前回と同じ内容の部分は、端折ってレポートします)


IMG_1524.jpg
10時40分くらいに可睡斎に到着。瑞龍閣の前に大きな重機が2台も入っていたので、お庭のリフォームを行っているのかと思ったら、がけ崩れがあったようです…。
境内は丁度、遠州三寺風鈴まつりの真っ最中で、風鈴が下げられていて幻想的でした。
総受付で月心会参加の手続きと、作務衣レンタルの要否の確認の後、寺務のお姉さんに控室へ案内していただきました。

IMG_1527.jpg
部屋は瑠璃の間でした。隣の千手の間とは、襖で隔ててあります(襖は全開でした(笑))

IMG_1525.jpg
部屋の中の様子。画像にないけれど、エアコン完備です。鴨井に荷物用フックもありました。
が、コンセントはありません。

貴重品を持って、会議室へ移動。前回同様、他の参加者が揃うまでしばし待機。
11時から、冊子を使ってオリエンテーション。ここから、15時までは、前回と同じスケジュールです。月心会の世話担当も、前回と同じ和尚様でした。

オリエンテーションが終わると、中食(お昼ご飯)です。
IMG_1536.jpg
可睡ゆり園の開催に合わせて、坐禅会参加者のお昼ご飯も「ゆり膳」でした。
ご飯の上にユリ根、天ぷらもユリ根のしんじょう揚げでした。
デザートのゼリーの果物は、甘夏か夏蜜柑のコンポートでした。ゼリーがゼラチンっぽい食感、粘りだったのだけれど、精進料理だからゼラチンってことはないのでアガーかな。
お料理はどれも美味しかったです。

食事が済んだら、坐禅堂へ移動して坐禅です。
坐禅も、前回と同じ40分×2回、警策は自己申告制でした。
前回は坐布が合わず半跏趺坐しか組めなかったのですが、今回は結跏趺坐を組むことができたので結跏趺坐で坐りました(というか、半跏趺坐だと楽過ぎて、ただボンヤリと座っているだけになりそうで…あ、坐禅ってそういうものだっけ?)
どうやら、坐布に坐る位置の問題だったようです。あとはヨガの成果ですね(笑)

坐禅の次のスケジュールは和尚様の法話。
今回のテーマは「一水四見」と「四苦八苦
ただの水でも、天人が見ると瑠璃(ラピスラズリ。仏教では七宝のひとつ)に見え、人が見ると水に、餓餽には濃血に、魚にとっては棲処である、という禅語をもとに、金峯山修験本宗 大阿闍梨・塩沼亮潤さんが大峯千日回峰行で餓餽を見た話(科学的には極限状態での幻覚です)や、エキゾチックアニマルを好んでペットとして飼う話、川釣りの話(和尚様曰く、冬にみぞおちまで水に浸かるなんて修行のようだと(笑))、
「四苦八苦」をもとに、生きているから辛いと感じることが出来る。自分で生きているというより、周囲の尽力によって生かされている、生きてるだけで有難いこと、という話(このお話は、様々なお寺さんで耳にします。それだけ普遍的なのでしょう)などでした。
(1時間のお話で、その時のメモには、"永平寺の雲水は、白山信仰繋がりで白山登山を行う"、"法戦式(ほっせんしき)…上座→座元→和尚 衣が変わる"、"遊戯=坐禅"、"最高に価値あるもの=プライスレス!"とか書いてあるのですが、うまく纏められないので割愛します…)

法話が終わると、諸堂拝観(日帰りコースの方とは、ここから別行動)です。続きはこちらから☆

この記事へのコメント