卵巣嚢腫手術録 その21(術後1年検診編)

手術を受けた総合病院へ、術後12ヶ月検診に行ってきました。
前回の検診から3ヶ月。辛い冬の時期を越えて、体調は完璧ではないけれども、めきめきと回復しつつあります。
そのような状態での診察だったので、いつも以上に、事が早く終わりました。いや、結構なことです。
それにしても、お日様の光が強くなると比例して、体調も良くなるなんて、やはり単純に季節的なものかも…という気しかしません。
(季節性の体調不良は、ビタミンDの摂取で改善するらしいので、次の冬に同じような症状が出たら、ビタミンDの摂取を考えてみます)
今回の診察で特筆することは、手術から1年経過し(もう、1年も経ったなんて!)、この1年に異常が発生しなかったので、次々回の定期検診から、期間が半年になりそうです。ちなみに、次回が今回と同様に3ヶ月後なのは、今回の検診で子宮がん検診も同時に受けたためです。
「次は7月です」と受診予約を頂戴し、内診も含めた診察は10分程度で終了。お会計は2,900円でした。

前回の診察後から、3ヶ月の体調など。
少しづつ運動不足は解消されつつありますが、そう簡単に脂肪は減らないので(ただし、増えるのは簡単…)体脂肪率はほぼ横ばいの23~26%くらいです。
自衛としての更年期対策は、精神的に不安定な時は、自己責任で漢方を服用しています。私には、抑肝散が含まれているものが身体に合いました。その他には、日帰り温泉や銭湯などで、ゆっくりお湯に浸かること。これは週1~2くらいのペースです。
それから、日々のルーチンワークアウトとして、ヨガとウォーキング(というより散歩)をそれぞれ30分くらいです。ヨガは週1~2のペースで教室にも通っています。
今のところ、これで体調、体型ともに完璧ではないものの、ある程度の維持はできています。ちなみにヨガは、昨年夏、10年ぶりに本格的に再開しました。今後、やってみたいこととして、外ヨガ。ビーチでサンライズもしくはサンセットヨガとか、清々しいだろうなと。

卵巣嚢腫手術録 その22(術後1年3ヶ月検診)に続きます。
(7月中旬にアップの予定です)

この記事へのコメント