[旅]長野(2017年11月) その1(1日目前編)

秋の行楽に、1泊2日で長野へ行ってきました。
1日目は戸隠五社を巡り、戸倉上山田温泉に宿泊、翌日は善光寺を観光してきました。


自宅を午前8時に出発、途中で集中工事の渋滞に巻き込まれつつ、中央道~長野道~上信越道とひた走り、信濃町ICで高速道路を下りて、下道を走ること30分くらい、丁度お昼ご飯の頃に、最初の目的地、戸隠五社に到着です。

nov2017-nagano-001.JPG

nov2017-nagano-012.JPG
戸隠のマンホールは戸隠山と木に小鳥が止まっているデザインです。
(この樹木は、旧戸隠村の村木、白樺だそうです)

先に、中社へ参拝。
nov2017-nagano-010.JPG
天八意思兼命(あめのやごころおもいかねのみこと)をお祀りしています。
天照大神が天岩戸に引き籠った時に、「岩戸の前で楽しそうにすれば出てくんじゃね?」的提案をあげた神様です。学問の神様として知られるのは、気転の利きの良さからでしょう。

当初は「うずら家」さんでお昼ご飯にする予定でしたが、「2時間待ち」と聞いてあっさり諦め、向かいにある「極意」さんへ。
nov2017-nagano-005.JPG
こちらでも、30分くらい待ちました。その間に、当日の受付が終了しました…!
戸隠でお目当てのお蕎麦を食べようと思ったら、お昼前くらいじゃないと厳しいのかも知れません。

nov2017-nagano-006.JPG
そばかりんとう
お茶請けに最高です!

nov2017-nagano-007.JPG
お茶はえんめい茶でした。
長野市内のスーパーでも売られていました(ここで飲んだものと同じものかは不明ですが)
ハトムギ茶みたいなお味でした。私は好きな味!

nov2017-nagano-009.JPG
そばがき
ふかふかもちもちのそばがきでした。一口毎に、蕎麦の香りを堪能しました。
ちなみに、家人はにしん蕎麦をチョイス。細麺ながらも、こちらも蕎麦の味、香りをしっかり感じることができました。美味しかったなー。

nov2017-nagano-008.JPG
蕎麦団子
甘辛みたらし味と餡子。どちらも、揚げてあるので外はかりっと、中はもっちり。
みたらし味は、際限がなくなるやつです。危険すぎ(笑)

腹ごしらえを済ませたら、参拝再開です。
続いて奥社九頭龍社
nov2017-nagano-013.JPG
ここからはペット不可です(「この子は家族だから!」とか訴えても恐らくダメだと思います。盲導犬は分からないです)

nov2017-nagano-015.JPG
清々しい杉並木を抜けて…

nov2017-nagano-020.JPG
赤い随神門
朱色(丹)に塗られているのは、魔除け的な意味もあるのかしら。

nov2017-nagano-021.JPG
奥社九頭龍社の麓に到着

nov2017-nagano-023.JPG
九頭龍社
奥社に天手力雄命が祀られるより前に、地主神(その土地の神様)として祀られていた神様です。
龍神なので、水の神様ですね。それにしても、九つの頭と龍の尾を持つとか、ヤマタノオロチみたいでカッコイイな!
水神、雨乞いのほか、虫歯の神様でもあるとか。歯磨き→嗽→水ってことかな。桶屋みたいだな。

nov2017-nagano-024.JPG
戸隠古道ウォーキング・拓本集印の石塔

nov2017-nagano-025.JPG
お隣の奥社へ。
天手力雄命をお祀りしています。
本殿修復中でした。神様は九頭龍社に居候中(って貼り紙がありました)
天手力雄命は、天照大神が天岩戸を一寸開けたすきに、玄関ドアにつま先を挟み込むセールスマンの如く、岩戸に手を掛け、なぎ飛ばし、天照大神を引きずり出したことからも知られるように、腕っぷしに自信のある神様です。
体育会系な神様だけに、スポーツ必勝、心願成就、五穀豊熟などに御利益があるそうです。体力ないと、お百姓さんできないもんね(今は便利な農耕マシンがいっぱいあるけど)

nov2017-nagano-026.JPG
奥社の拓本図案は、本殿と戸隠山でした。

nov2017-nagano-027.JPG
絵馬は龍の柄。辰年の年賀状に使えそうなデザインですね!

nov2017-nagano-028.JPG
(画像は帰宅後、自宅で撮影)
ここで、お御籤を引きました。戸隠神社のお御籤は、数え年を宮司さん(窓口担当の方なので、禰宜さんかも)に伝えると、祝詞をあげて私の代わりに引いてくれる、という代物。
自宅へ持ち帰ることを前提にしているためか、左程ショッキングなことは書かれていないようです(…多分)

奥社を後にしたころから、風雪が強くなり、宝光社火之御子社に参詣していないけれど、宿に向かおうということに。

nov2017-nagano-029.JPG
道すがら、火之御子社を発見。せっかくなので参拝。

nov2017-nagano-031.JPG
こちらには、天鈿女命がお祀りされています。
天岩戸の前で、桶に乗って裸踊りをなさった…さらに興に乗って下も曝してしまった、大変アグレッシブな女神さまです。楽しい神様ですね。踊りが達者なので芸能の神様です。

nov2017-nagano-030.JPG
火之御子社の拓本用彫刻の図案は、ダンシング天鈿女命。奥に岩戸に手をかけている天手力雄命が、下のほうにはギャラリーである八百万の神様が描かれているのが素敵です。

途中、車に油を入れたりしつつ、本日のお宿「旅の宿 滝の湯」さんへ。
その2(1日目後編)に続きます。こちらから☆


この記事へのコメント