卵巣嚢腫手術録 その17(術後3ヶ月検診編)

手術を受けた総合病院へ、術後3ヶ月検診に行ってきました。
都合が悪いことに生理になってしまい、その旨を主治医の先生に伝えたところ、顔色一つ変えず、「私は構いませんよ」と。意も介さない姿にプロを感じました(笑)
で、内診。
問診はあっという間ですが、内診は若干、時間がかかりました。
しっかり診察して下さっているのだから有難いです。というか、主治医の先生は、ぶっきらぼうなのではなく、言葉の少ない、人見知りだと思います(今頃気づくとか、時間がかかり過ぎだけど)
内診の結果、内膜症が小さく再発していることと、筋腫ができていることが判明しました。ただ、今現在はどちらも気にするほどではなさそうです。
再発に関しては、両付属器切除による更年期症状発生の可能性よりも、リスクを容認して右側を残し、日々のQOLを上げるほうを選んだので納得しています。また、筋腫の発生も、内膜症同様にエストロゲン由来である以上、止むを得ないと思います。
何にせよ、今後も3ヶ月毎の検診を受けていれば、手術もしくは、(閉経逃げ込み含め)温存か、手術するにしても全摘か核出か、その時にベストな方法を選択できると思うので、無症状だからと検診をフェードアウトしないことを心に誓いました(笑)
実際、今回の内診で内膜症の再発と筋腫の発生を指摘されたけれど、全くの無症状ですもの……。
お会計を済ませて、この日は終了。1,900円でした。次回の検診は10月です。

ところで、術後3ヶ月経過した私自身の体調などは、
有難いことに、今も更年期症状は全くありません。BMIは20前後、体脂肪率22~26%くらいで術後1ヶ月の時と数値は殆ど変化がありません。栄養、運動など、日常の生活を若干留意するようになったので、以前より疲れにくくなりました。すこぶる調子が良いので、現状維持に努めます。

卵巣嚢腫手術録 その18(術後半年検診)に続きます。
(10月下旬にアップの予定です)10月25日、アップしました。

この記事へのコメント