卵巣嚢腫手術録 その15(退院7日目(手術11日目)編)

5月2日退院7日目(手術11日目) 退院後の診察です。

病院到着、まずは健康保険と保険会社に提出する書類を書いてもらうために、外来診療棟の書類受付へ。
用紙の受付をしてもらい、次は採血。
それから、外来の産婦人科へ。

主治医の先生の診察。
「変わりないですね?」の言葉に続いて、「腫瘍の種類は、チョコレート嚢胞でした」
採血の結果も、ちょっと脱水気味気味なこと以外は、貧血(ヘモ値12.4でした!)も炎症値(CRP 0.04でした)も異常なしでした。ところで、水分は取っているはずなのに、採血、検尿のたびに脱水を指摘されるのは何故なんだぜ。
それから内診。
こちらも、あっという間に終了。傷口の様子を一瞥し、順調に治ってきています、とのことでした。
内診の後、再度先生からの説明。
内容は、右卵巣が残っているので再発があること。そのため、今後しばらくは、定期的な診察が必要なこと。
定期的な診察は、最初にかかったクリニックでも、こちらの総合病院どちらでも良いとのこと。ただし、次の検診は最初にかかったクリニックにもう一度、行ってきてほしいと言われました。
私がどちらにするか決めかねていたら、主治医の先生が「じゃ、うちで診ます」と、3ヶ月後検診は総合病院での受診になりました。主治医の先生は、正直苦手ですが、最初のクリニックでは、病名を見誤ったので(それくらい分かりにくいのかも知れないのだけれど)、総合病院での経過観察で良いのかも知れません…。
ちなみに、チョコレート嚢胞で心配される癌化については、言及がありませんでした。今現在、再発しておらず異常が見当たらないためだと思います。ところで、子宮内膜症を患っていると、生理が辛いらしいのですが、私の場合、全くそれがなく痛みや量で悩んだことは数える程度です(だから発見が遅れたんだろうけれど)
さて、今回お世話になった総合病院ですが、設備や医師、看護師のレベルは高いと思うのですが、いかんせん忙しすぎて、患者に寄り添う温かさは皆無です。病気は治してもらえますが、疑問、不安は自分からアプローチしないと答えてもらえません。精神的圧迫が半端ないです(苦笑)

お会計を済ませて帰宅。この日のお会計は4,600円でした。

今のところ、卵巣を片方取ったことで際立った体調の変化は、痩せたことくらいですが(抑うつ気味等、精神症状は、手術前から今だにあります。これが続くようなら、次の受診で相談します)前回も、手術直後は絶好調だったのに、術後1〜2ヶ月くらい経ったころから、じわじわと更年期症状のような不調が出たので、今回も、この先1ヶ月くらいは心身状態を注視しようと思います。

卵巣嚢腫手術録 その16(術後1ヶ月検診)に続きます。

この記事へのコメント