卵巣嚢腫手術録 その12(入院5日目(手術3日目)編)

4月24日 入院5日目(手術3日目)です。

AM06:00
検尿
紙コップに出し自分でスピッツに移して、処置室へ持って行きました。

AM06:30
病室で採血、血圧測定

AM07:30
診察室にて、主治医の先生による退院診察
出血してるのに、経膣エコー…。
通常の生理かと聞かれ、多分違うと答えたところ、手術で子宮を動かしたのでそれに伴う出血と思われるとのことです。
尿、血液ともに異常なしでした。ただし、排便がまだないと伝えました。

AM07:45
朝ご飯
P4241564
ご飯、サッポロ豆(五目豆のようなおかずでした)、小松菜と人参の煮物、葱味噌汁、牛乳、ゆかり

昼前、主治医の先生がブツの写真(←グロ注意)を持って来室
再度、排便の有無を聞かれ、まだないけれど、もともと便秘気味と言うも、退院までに一度は出して欲しいので、後ほど便秘薬を処方すると言われました。
先生にもらったブツの写真には、定規が写っていたので、大きさもバッチリでした。それにしても、そら豆くらいの大きさの臓器が、こんな大きさになるなんて(苦笑)

IMG_7618
処方された便秘薬は、酸化マグネシウム330㎎パンテチンでした。毎食後服用。
酸化マグネシウムは、お腹が痛くならないのが良いです。

PM12:00
お昼ご飯
P4241566
ご飯、味噌炒め煮、大根煮付、ブロッコリーサラダと胡麻ドレッシング、キウイみかんポンチ
味噌炒め煮は、不思議な味でした。和食のような、中華のような。

PM12:30
シャワー
ちなみに、割り当てられている時間は1人30分です。

午後からは、階段の上り下りや読書をしていました。
昼寝しちゃうと、夜寝られなくなるから、昼寝したくなったら病院内をうろうろ。

PM06:30
晩ご飯
P4241570
ご飯、とろろ汁、鍋しぎ焼き、めばるムニエル
鍋しぎ焼きは、茄子の味噌炒めみたいな料理です。

PM07:45
面会時間ぎりぎりに家人来室
翌日退院なので、必要最小限の荷物だけ残して、その他の荷物は家人を持って帰ってもらいました。

その13(入院6日目(手術4日目)編)に続きます。

この記事へのコメント