[旅のTIPS]インフレーターホースを交換してみよう

先日のダイビングで裂けてしまったインフレーターホースの交換をしました。
器材はアクアラングです。



22558a3817k.jpg
ねじで締めてあるだけなので、回せば簡単に外れます。

85cec32d3ak.jpg
インフレーターホースを外したところ。右が古いほう、左が新しく装着するほうです。
新しいインフレーターホースの購入先はアマゾン。何でも売ってます。

9506423d76k.jpg
裂けてしまったほうのインフレーターホースは、こんな感じで結束バンドでとめていました。
むりむり嵌めてます(笑)

ad725c9660k.jpg
ねじの径が合えば、特殊なタイプでなければ、どのインフレーターホースでも装着可能だと思います。
Sプロのエアー2とかイレギュラーなものは分かりませんが…。
作業時間は5分程度、工具も不要です。六角レンチがないと作業ができない中圧ホースの交換より、よほど簡単です。
注意:個人で器材をいじって、不調が出た場合、メーカーの保障が効かなくなることがあります。個人での修理、改造は自己責任でお願いします。

おまけ
腰のあたりについている排水穴も、インフレーターホースと同じ径でした。
7480a86f41k.jpg

97566fcc45k.jpg
簡易的なキャップだけで排水弁がないところを見ると、単純に排水用ですかね?
今まで、BCを逆さにして、インフレーターホースから水を抜いていたけれど、この穴を使えばいいやん!
というか、この穴って本来は、弁がついた蓋(ダンプバルブ・アッシー)が被さっているものだと思うんだけど…。
(部品だけ買って試してみよう。そうしよう)

487b891bc0k.jpg
この穴に、古いほうのインフレーターホースを装着してみたら、ぴったりはまりました。
ということは、ダンプバルブ・アッシー後付けできそう?!

2019年の器材メンテナンス&アレンジは2nd ステージの入れ替えをしました。こちらから☆



この記事へのコメント