[旅のTIPS]ESTA申請

2016年9月18日から23日までチューク諸島に行きました。途中、グアムで乗継があったので、事前にESTAの申請を行いました。その時の記録です。

そもそもESTAとは?有効期限や使用期限はあるの?
→Electronic System for Travel Authorizationの略。米国(準州含む)入国予定の査証免除者が、入国時に行われるスクリーニングを簡便にするために導入されたシステムです。一度、申請を行えば、その後2年間有効です。その間、複数回の渡米(乗継含む)が可能です。

米国準州(グアム、バージン諸島、サモア、プエルトリコ、北マリアナ連邦)でも必要なの?→必要です。なお、グアム、北マリアナ連邦へは、ESTAを利用しなくても、最長45日間に限りGuam-CNMI VWPで入国できます。米国大使館HP グアム-北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラム…こちらに日本語で詳しく記載されています。

乗継でも必要なの?
→乗継でも、一旦入国するので必要です。グアム乗継の場合、グアム、サイパンへの旅行者と同様、ESTA申請を行わず、上記のGuam-CNMI VWPを利用する(I-94、I-736に記入)こともできます。もはや名物と化した、入国審査窓口の行列ですが、長すぎて乗継に間に合わなくなりそうな時は、空港係員が「乗継の人はこっちー!」と誘導してくれる場合があります(10年位前はそうでした)

申請は自分でできる?
→できます。自分で申請すれば、一人14ドルですみます。
質問は日本語で書かれているので、それに添って英語(ローマ字)で入力すれば大丈夫です。入力の際、緊急連絡先のメアドの登録が必要になるので、親兄弟等近親者のメアドを1つ手元に用意して申請してください(unknownでいけるやろ!とやってみたら、ダメでした…) それから、勤務先会社名。正式な英名がない場合は、ローマ字でいけます。「KabushikikaishaTsurezurezakki」みたいな。長すぎると途中で切れてしまいますが登録できました(笑) Co.,Ltd. とつければ、株式、有限どちらでも通用します。

認証までの所要時間は?
→最長72時間かかります。また、申請の際に、サーバーが混んでいると、うまい具合にクレジット決済ができないことがあります。その時は、時間をおいて再度トライしてみてください。
決済が完了しても、その旨を伝えるメールは届きません。クレジットカードをWeb決済にしている人は、2、3日後に、利用履歴を確認してください。

ESTA取得後、それを証明するものは届くの?
→何も届きません。
なので、小心者の私は認証済のページを印刷して持参しました。見もされなかったけど(笑)

注1:グアム空港における、ESTAレーンの設定は廃止になったり、設定されたりと、しょっちゅう変更されます。やっかいなのが、Webでは「設定された」とあっても、実際行ったら設定されてなかったとか。行ってみるまで分かりません。

注2:今回は、運よくESTAレーンが設定されていましたが、機械の具合が悪いのか、往復どちらも、窓口係員に指紋、網膜の採取を受けました。通常より、ほんの少しだけ早く入国できる程度です。これで、1人$14は、ちょっと考えものでした(この先2年で、どれだけ米国領を通過、入国するかなんて分からないですし)

このあたりのいい加減さが、南国ならではというか。ちっとも好ましくないのですが。
ちなみに、ESTA取得で免除されることは、出入国書類(I-94、I-736)のみです。税関検疫申告書はすべて(姓が同じ家族の場合は、家族で1枚)の入国者が必要です。

この記事へのコメント