[旅]宮古島ダイビング(2015年9月)その5

9月24日 4日目前半です。

本日夕方からは別のホテルに泊まるので、身支度が済んだら、荷造りしておいたスーツケースを車に積載。
靴も忘れずに(滞在中は足元、ビーサンですから)乗せたら、朝ご飯です。

P9250346
洋食の日でした。

P9250347
ワッフルとパン

P9250348
オムレツ、スパム、トマト味の冷製パスタ、ささみマヨマスタード、ピクルスとサラダ

P9250350
デザートはヨーグルトon黒糖シロップ

食事が済んだらチェックアウトです。オーナー夫妻の温かなおもてなしが心に残る、素敵なホテルでした。宮古島に再訪することがあったら、またぜひ泊まりたいです。

途中のコンビニで家人の昼食を買って、集合場所の漁港へ
P9250352
来てみたら、もう既に他のゲストさんたちが集まってブリーフィングしてた(体験の説明だったかも)
集合時間10分前なのに。みんな早過ぎ。

P9250353
ウェットスーツを腰まで穿いて、ボートに乗り込み、出港です。
ファンダイブは器材やら何やら、全部スタッフの方が準備してくださるのでありがたいです。

P9250360
伊良部大橋をくぐると、ポイントの下地島はもうすぐなので、ウエットスーツを首まで着ます。
ちなみに、一度着たら、その日のダイビングが終わるまで着っぱなしです。濡れたウェットスーツを再度着るのが面倒なんだもん。日焼けするし。

1本目のポイントに到着。
P9250361
アントニオガウディです!
生物<地形・地質なダイバーには心躍るポイントです。

P9250366
縦穴のようなところから入ります。入口で水深35mくらい。結構な深度です。

P9250374
分かりにくいけれど、サロンパス(スミレナガハナダイ)がいました

P9250377

P9250381

P9250382
縦横斜めと、3Dで移動します。楽しいー!!

P9250380
ワイコン着ければよかった、と若干後悔…。
深度のあるポイントなので、潜水時間短めでさっさと浮上。

ログブック↓
img151

2本目はミニ通り池
P9250394

P9250400
水面に浮上しますよ。

P9250401

P9250406
ざばっと浮上

P9250411
通り池よりも、水がクリアな感じ。
ちなみに、ここには沢山の伊勢エビの抜け殻が落ちていました。伊勢エビが集団で脱皮する場所なんでしょうかね?

P9250414
鍾乳石のような岩肌(実際、宮古島は石灰岩でできています)

ログブック↓
img152

3本目は、なるほどTheケーブ
…の写真はありません…。3本目でガイドさんが交代し、ついてくださった若いガイドさんが、体育会系!なガンガン進むタイプで、写真を撮る隙を与えてもらえませんでした。うう(涙)
3月4日追記;家人の写真をもらいました。

DSC_1371
(家人撮影)

DSC_1372
(家人撮影)

ログブック↓
img154

写真が多くなったので、記事を分けます。続きはこちら☆

この記事へのコメント