[日記]貧血が判明

私の勤めている会社には、健康診断がないので(しかも国保だし)、自治体で行っている健康診断を受けてきました。
今年は、年度検診もあったので、身長、体重、血液検査に尿検査、バリウム、胸部レントゲン、検便と各種検査が格安で受診できました(有難いこってす)

血液検査の結果、治療が必要な貧血が判明しました。いえね、実は、昨年の血液検査や、献血でも判明していたのですが、普段の生活には左程影響がなかったので、放置していました。疲れやすいなあとか、常に眠いなあとか、感じてはいたのですが、過労と加齢が原因だと思っていましたw
(ちなみに、バリウム、レントゲン、検便の結果は、まだ来てない)

治療は、鉄剤注射(フェジン)を10日ごとに4回。最後の注射の1週間後に、再度血液検査だそうで、2回目の注射が先日終わりました。2回終了後の身体の変化で一番大きかったことは、深呼吸しても胸が詰まる感じがしなくなったことです。
今までは、深く息を吸い込むと、むせてしまってました。これが貧血の症状かどうかは、不明ですが、呼吸がし易くなったのは良かったです。
それ以外は、別段、劇的な変化はありません。相変わらず、眠い、だるい、テンション低いの毎日です。
まあ、治療が進むにつれ、だるさや眠さは軽減していく…と思いたいです。

ちなみに、こちら↓が血液検査の結果です。
11jul2015-01.JPG
造血能力はあるので、一見すると鉄剤注射が必要な貧血には見えませんが、おそらく貯蔵鉄(フェリチン)がスッカラカンと言われました。
何だか「そこそこ稼ぎがあるので、気にせず奔放に遊んでたら、貯金ゼロだった」みたいな感じで悲しいです…。
それから、赤血球が小さくてペラペラ、しゃびしゃび(←方言)の血液だと言われました。しゃびしゃびて。
血の気は多いのにねーw

注記:この検査結果には、貯蔵徹(フェリチン)の結果は出ていませんが、血清鉄(Fe)の値が24(一番下の数値)なので、貯蔵鉄も底を尽きているだろうという見解でした。というのも、体内の鉄分は、貯蔵鉄→血清鉄→ヘモグロビン(血色素)の順に使われるそうで、造血能力に問題がないのに、血清鉄、ヘモ値ともども標準以下ということは、貯蔵鉄も不足している典型的な鉄欠乏貧血だそうです…。
しかし、正しい数値が出ているわけではないので、あくまで「お医者様の見立てでは」なのですが。
ところで、有経の日本人女性は約25%(4人に1人)が隠れ貧血気味だそうです。妊娠を望みながらも、貧血が原因で不妊症という方も多くいるかもしれません。そういった方たちの啓蒙のためにも、血液検査の標準項目に貯蔵鉄が加えられたらいいのに、と思った次第です。

この記事へのコメント