[映画]嫌われ松子の一生

 嫌われ松子の一生(中島哲也 監督)を見てきました。

コメディかと思って観たんですが。全く違いました。
いや、所々で笑いを取ろうとする姿勢はあるんです、が、それ以上に松子の生き様があまりにも悲惨で、そちらにばかり気が取られてしまい。あの顔真似も、和むよりも惨めさが強調されているように思えて(でも、あの顔真似がなかったら、もっとジメジメとした惨め極まる作品だったんだろうな)痛さ倍増でした。
とにかく、20代前半で学校の先生を辞めた時点から、落ちる一方の松子の人生。
でも、愛しては裏切られ、尽くしては捨てられ、挙句の果てには殺人まで起こしてボロボロになりながらも自分の人生を生き抜くそのしぶとさは、存外、そこら辺に転がっていそうで妙にリアリティがあって怖かったです。
それにしても、この作品の中谷美紀のがんばりは凄い。あんなことから、こんなことまでやっちゃってます。
それだけでも見る価値あるかも。

この記事へのコメント