[旅]長野、山梨(食べたもの編)(2011年11月)

シャトレーゼベルフォーレワイナリーからの続きです。
先日の旅行で食べたものたち&お土産ものたち(よそ様へのお土産も含まれてます)

長野のお土産
信州限定カルピス「りんご小町」

サントリー白州蒸留所お土産
チョコレートは職場の方へ、クッキーは友人へのお土産。

サントリー白州蒸留所 見学者用お土産
石塚硝子(アデリアグラス)のコップ。製品名は、アルスターオールドっての。
1個450円くらいの商品です

サントリー白州蒸留所お土産
白州蒸留所限定のウィスキー。
「シングルモルト」ってのは、1箇所の蒸留所でのみ作られたウィスキーって意味なんだそうな。勉強になった。
じゃあ、ダブルモルトなんていうのはあるの?と思った、そこのあなた!(誰に対してだよw)
複数の蒸留所のウィスキーを混ぜたものは「Vatted Malt(ヴァッテドモルト)」と言われ、pure malt(ピュアモルト)とか、blended malt(ブレンディッドモルト)と表記されるらしい(このあたりの表記は、ごちゃ混ぜになってて、よく分かんない)
まー、美味けりゃ、なんでもいいんじゃない?
私はお酒が飲めませんが。

暖炉レストラン「ターシャ」
暖炉レストラン「ターシャ」
デザート
ティラミスアイス、胡桃のパウンドケーキ

暖炉レストラン「ターシャ」
魚料理(何の魚だったか失念)

暖炉レストラン「ターシャ」
豚肉と鶏肉のガランティーヌ
ガランティーヌってのは、骨を抜いて詰め物をし、蒸したり煮たりする料理。

暖炉レストラン「ターシャ」
前菜
パテの乗っかったタルティーヌとサラダ。パテやテリーヌの類が大の苦手ですが、イチジクのお蔭で美味しく食べられました。というか、実はイチジクも苦手。今回、美味しく食べられたってことは、やっぱり、料理って素材なんですね…。
野菜の上に乗っかってる燻製サーモンが美味しかったなあ。パンに挟んで食べると、幸せになれそうな味でした。

ペンション・ボーンフリーで食べたご飯
朝食
朝ご飯。
このお皿の他、パン2種、ジャムのかかったヨーグルト、りんごジュース、コーヒーが出ました。パンはお代わりできました。
ペーコンがジューシーでめちゃうま。サラダに乗ってる酢漬けの野菜も美味で、酢漬けっていいなぁ、とピクルスの実力を再発見。

前菜
夕食前菜
酢漬け野菜と、自家製ハム、豆腐の味噌漬け

肉料理
肉料理(魚と肉と両方出ました。ボリューム満点しかも美味)
豚肉をベーコンで巻いてソテーしたもの。牛肉アレルギーを事前に伝えておいたので、こちらのメニューになったのかも。

魚料理
魚料理
このほかに、ご飯、お味噌汁、漬物、デザート(小豆アイス)が出ました。

山が好きな夫婦ふたりで経営しているらしく、こじんまりとしていて、親戚のうちに遊びに来たみたいな、素敵なペンションでした。必要以上に干渉されないのが良かったです。ご飯が美味しいってのもね。猫がいたのも高ポイント。ぬこ~
また、白州に行く機会があったら、ぜひ泊まりたいお宿です。


ところどころで、順番が入れ違いになっていますが、H23年11月長野・山梨旅行はここまでです。
ご覧いただきまして、ありがとうございます。



この記事へのコメント